STORYS.JP

Handa Naoto

Handa Naotoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Handa Naotoの人生のストーリー

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話

「お腹の子は、無脳児でした。」最終話 ~妊娠498日の約束~

「泣いても、笑っても、この妊娠で最後にする。だめなら、家族三人で明るく生きていこう。」 本意なのかは定かじゃないけど、夫のはんちゃんは心に決めたように言った。 これが最後の妊娠。「今度こそ、無事に生まれてきてほしい。」 「お腹の子どもには、脳がありません」と告げられた七夕の日から、約150日。 街はクリスマスのイルミネーションに、彩りを変えていた。 「ハナ、そうたろうの家にも、サンタさん来てくれるよ

桜が舞うと、母のことを思い出します

「これが最後の海外旅行になるね。」 母は、そう言っていた。 19歳の冬。 その、3か月後だった。 ---- 「とうちゃんの夢、決めたよ。」 お風呂の天井を見上げて、6歳の息子に話した。 30代の父となり、「将来の夢=職業」に、違和感があった。 「やっぱり、家族でたくさん海外旅行に行きたい。」 ---- 喫茶店を営んでいた両親は、休日もなく働いていた。 物静かな母は、趣味もなく、友達と遊ぶこともない中

読んでよかったストーリー

STORYS 編集部
46

ストーリーを人力でお届けする『デリスト!』はじめました!

プロジェクト、始動 いつも通りの日常。慌ただしい時を過ごすSTORYS.JPチーム。 そんなある日、編集長清瀬がその重い口を開いた。 編集長清瀬 もっとストーリーを求めてる人に直接届けていきたいよね。ユーザーさんから悩みとかストーリーのリクエストを募集してさ、それに合ったストーリーをFacebookで配信するってどう?ラジオのDJみたいな。 その瞬間、オフィスに衝撃が走る。 なんか良いかもしんない…
Kosuge Masayuki
371
2

28才大学生(実話)前編-サラリーマンから32才新卒就活まで

「大学って、何?」 「おまえギャグかよ!その年で大学行ってどうすんの?キャリアも無くなるし32才で新卒採用で取ってもらえると思ってるの?!」 同僚の厳しい論調はこの夜ずっと続いた。 今から8年前、2009年1月、ぼくはサラリーマンをしていた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ おかげさまで1万人以上の方に読んで頂きました。 誠にありがとうございます。 現在、書籍化プロジェク
Ko Hidetaka
206
8

これがおれの2年だ!! 偏差値40高校出身のぼくがスタンフォードとUCバークレー大生限定のハッカソンに無理矢理参加して2位に入賞した話

a
Handa Naoto
2534
2

「お腹の子は、無脳児でした。」最終話 ~妊娠498日の約束~

「泣いても、笑っても、この妊娠で最後にする。だめなら、家族三人で明るく生きていこう。」 本意なのかは定かじゃないけど、夫のはんちゃんは心に決めたように言った。 これが最後の妊娠。「今度こそ、無事に生まれてきてほしい。」 「お腹の子どもには、脳がありません」と告げられた七夕の日から、約150日。 街はクリスマスのイルミネーションに、彩りを変えていた。 「ハナ、そうたろうの家にも、サンタさん来てくれるよ
Handa Naoto
218
2

桜が舞うと、母のことを思い出します

「これが最後の海外旅行になるね。」 母は、そう言っていた。 19歳の冬。 その、3か月後だった。 ---- 「とうちゃんの夢、決めたよ。」 お風呂の天井を見上げて、6歳の息子に話した。 30代の父となり、「将来の夢=職業」に、違和感があった。 「やっぱり、家族でたくさん海外旅行に行きたい。」 ---- 喫茶店を営んでいた両親は、休日もなく働いていた。 物静かな母は、趣味もなく、友達と遊ぶこともない中
本間 祥生
349
16

別れの夜はペヤングカップ焼きそばと共に

ホームステイ最後の夜。 僕は一人キッチンでペヤングにお湯を注いでいた。 「これで最後かぁ。」 ホストハウスには僕一人。荷物をまとめたスーツケースはすでに玄関に置いてある。 「ホームステイ最後の夜が一人って…」 そのペヤングは、いつもよりしょっぱかった。 (画像はイメージです。手前は僕ではありません。) ホームステイ。それは運。 子が親を選べないのと同じように、ホストファミリーは選べない。 ホームステ
溝部 拓郎
1847
42

ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話

爆速で成長していた、ベンチャー企業ピクシブ 面接の時の話はこちら=> ピクシブに入るときの話 そんな訳で、ピクシブでアルバイトとして働くこととなった私は、初出勤の日を迎えた。 (↑ピクシブのユニークなオフィス) ほぼ何も分からず始まった開発 プログラミングスキルはほぼ無く、やることも決まっていなかった私は、早速開発の統括をしていたCTOの青木さんからの指示を仰いだ。 私 青木さん、何をすれば良いです
小泉 憲一
2567
37

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

今日も外回りの営業か… 行きたくないなぁ… 仕事してるふりしてどうやってサボろうかな。 いつか宝くじ当てて、早くこんな会社辞めるんだ。 毎日そんなことを考えていました。 朝早くに朝礼に出て、営業会議を終えると ホワイトボードにウソの訪問先を書いて 「行ってきまーす。」 車通りが少ない木陰に車を止めて、数時間 営業のノウハウ本や自己啓発本を読む。 努力しないでうまく行く方法がないか、 そんな魔法をいつ
山田 結城
570
9

30歳で脳の1/5が無いことを知って、心と精神が大振れ、でも○○だったことに気付けて、人生変わったという話

学生を卒業した後、機械のエンジニアや設計開発の仕事を就いていました。 人よりも機械を信用していたような人間でしたが、特に不満もなく、それなりに充実していました。 それが、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロをきっかけに、いろんな人や問題意識と出会うようになります。 いつの間にか、環境や存在を変化しても、問題の解決には限界があることを感じ始めます。次第に、関心が「人の変化」へと向かうようになり、
Suzuki Takuya
18084
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書

書きかけのストーリー

Handa Naotoさんの書きかけのストーリーはありません

Handa Naotoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|