STORYS.JP

花井 直哉

接骨院を経営しているアラサーです。ふとしたことから、ベンチャーでの起業を目指して行動や勉強をしています。

ストーリーをリクエストする

花井 直哉の人生のストーリー

細菌性髄膜炎になった娘に気付かされたこと①

細菌性髄膜炎になった娘に気付かされたこと 2012年3月10日私たち夫婦に初めての子供が生まれた。 二日間のつらい陣痛に耐え出産、生まれた瞬間妻は泣いていた。 出産に立ち会った時に、僕の率直な感想は 「本当に人から人が生まれてくるんだ」の驚きだったと思う。 恐れずに言うとはっきりと「父親になった」と実感がなかった。 実りある人生になってほしいとの思いから、名前は「みのり」となった。 一週間の産後入院

細菌性髄膜炎になった娘に気付かされたこと②

細菌性髄膜炎になった娘に気付かされたこと② 生まれてすぐに大病にかかった娘の話 命の危険 主治医は命は大丈夫とは言ってくれなかった。 高熱、痙攣、呼吸の衰え。 脳と脊髄を取り巻く膜に細菌が入ったために起こっているらしい。 ドラマのように泣き崩れることはない。 ただ茫然と現実が呑み込めないだけ。 調べてみると、死亡する確率は約30パーセント。 この数字が高いのか低いのか分からなかった。 生まれた実感

細菌性髄膜炎になった娘に気付かされたこと③

細菌性髄膜炎になった娘に気付かされたこと③ 生まれてすぐ大病にかかった娘の話 娘が生死をさまようこと この写真は、命が助かると聞かされてやっと撮れた写真だ。 生まれた時よりも体重が少なくなっていた。 みーちゃんが死ぬかもしれないという状況は僕に大切なことを気付かせてくれた。 その一つが障害についてだ。 障害は幸せの障害にならない みーちゃんが生きてくれたという幸せの前に、障害があるかなんて小さな問題

読んでよかったストーリー

よう いんひょく
213
2

今は全力でグラミー賞の夢を追いかけている、高校の頃は、特に将来したいこともなく、特に行きたい大学もなく

韓国で生まれ日本に渡る 1987年3月2日、韓国ソウルの一般的な家庭、どっちかというと中流階級くらいの家庭に、僕は生まれました。 ソウル郊外で住んでいた僕は、親の仕事の関係で小学校4年生の時に日本に渡り、3年間愛知県春日井市で過ごしました。その後中学校はまた韓国へ戻ります。 3年間外国にいたので、言葉が母国語が少し未熟なのもあり、まぁ、だらしない性格もあり、勉強についていけず、学校の成績がよくなく、
和田 晃一良
2209
15

プログラマは社会の底辺がなる職業だと思っていたら、プログラマになっていた話

中高生の頃、プログラマはブラックだと思っていました。 小学生のとき、部屋にPCが置かれPC中毒となる 僕が小学5年生のとき、家にWindows 98のPCが導入されました。 その頃の私にとって、PCというのは、物凄く面白いもので、夢の機械のように思えました。 最初はマインスイーパやソリティアを遊ぶだけでしたが、日々PCをさわるごとに、どんどんできることが広がり、更にインターネットが使えるようになる
Sasaki Shin
2320
40

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

◆落ちこぼれだった高校時代 高校時代、私はおちこぼれでした。どれくらいおちこぼれだったかと言うと、全国模試で数学の偏差値が38、おまけに足首を捻挫しているのがクセになっているので運動もまともにできない、彼女はいない、青春の思い出はゲーセンでのメダルゲームだけという素晴らしい灰色オレンジ・デイズを送っていたわけです。 とはいえ、最初から落ちこぼれだったわけではありません。高校受験をしていた時は第一志
徳永 聡
371
20

ぼくがしっているさいきょうのきぎょうせんし。かれはしゃべらない。あとおにぎり。

新大阪に売っていた、ちょっと高価なおにぎりの話。 「とん蝶」というおにぎりです。 http://www.honke-kinugasa.jp/tontyou.html ※調べたら、いまはもう新大阪には店舗がないみたいですね。 これ、僕大好きなんですよ! あーもーたまらーん! でも、そんなに好きなのに、かなり大人になるまで僕は自分で買ったことがありませんでした。 新大阪に売ってるんですけどね。 こんな
迫平 直幸
1216
2

私が大企業での出世の道から下りた本当の理由

(本題では無いのですが) それは、 30代・40代のビジネスパーソン(≒一定のキャリアや立場がある者)だからこそやるべきことがあるだろうと思ったのです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は40代を目前にして、 自分の遺産は1000年先までは残らないが、生き様や考え方は家族や子供、 その子孫によって受け継がれていくだろうなと思いました。 (自分だって、知らず知
清瀬 史
1

(編集中です)ホットダンスはホットでござる。 part1

【これは、ホットダンス 私の留学は、4ヶ月間の語学留学と、5ヶ月間のモグリ留学。( 留学した理由はこちら。 ) その舞台はアメリカの中央北部、ネブラスカ州オマハ。 とうもろこしで有名なネブラスカ。日本でいうと、富山県みたいなところ。 真ん中なのに、地味で有名じゃない。ちなみに、私は富山出身。 でも、自然が豊かでいいとこなんです。 ネブラスカもそんなところ。 そしてオマハは、世界の大富豪ウォーレン・バ
Fujiwara Ai
381
4

ネイティブ英語が通じないこともある「世界を相手にする英語」〜相手の英語アイデンティティを知る〜

帰ってきた、バンコク 写真アユタヤですけどね。(ちなみに私左、当時21歳) 実は高校生の時にタイの女の子をホストファミリーとして受け入れたことがあり、カナダ行く前度胸試しに彼女に会いにタイへ一人旅したことがあって。 母の手料理食べてるだけ、わずか半年で体重が戻った私は社会復帰。 すっかりタイの魅力にハマってしまった私は、貯めたお金でまたタイへ。 すると不思議なことに18歳の時に初めて行ったタイでは
小金井 正美
36

立喰いそばの魔力

しょう油とだしの香り。 どんなに満腹の時でも、思わず足を止めてしまうあの魔力は何なのだろう? 「早い」という意味では、他のファーストフードにだって引けを取らない、何よりも和風でヘルシーな店構え。 落ち着く必要はない。ただ食えばいいのだ。 そう。 ただ早く「食らう」。 人間の動物としての本能に近いからだろうか。 おしゃれな店内でインターネットを楽しむために、自分で注文したメニューを持って右往左往する必
Kawaguchi Yoshiki
5201
7

浅野忠信さんと田中真弓さんに直接会ったにも関わらず、俳優の僕が芸能界で売れることを目指さない理由 PART1

画像転載元:http://creator-mag.line.me/ja/archives/1027328198.html 初めまして。川口美樹と申します。 このストーリーを読んでくださる皆様にまず心からの感謝をいたします。 俳優を目指して 僕は日本大学芸術学部という大学で映画演技コースに所属し、俳優を目指すものとして4年間映像の演技について学びました。 在学中から芸能事務所に所属し、積極的に俳優活
石井 勝也
1049
1

本当は危ないハワイ

たぶん、僕よりもハワイにたくさん行ったことは多いと思う。 僕は大学時代に1ヶ月、今月1週間の合計5週間しかハワイに滞在経験はない。ただ、その中で、あまり知られてないハワイについて書きたいと思う。 2005年、僕はハワイに行った。就職前に英語を習得すべく、ハワイに行った。当然、日本語が通じる国なので、まったく僕の英語力に進歩はなかったわけですが、、、 空港について、THE BUS 地元住民向けのバスに

書きかけのストーリー

花井 直哉さんにもっと聞きたい話リクエストする

|