STORYS.JP

鈴木 奈津子

鈴木 奈津子の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

鈴木 奈津子の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Yoshimura Naoya
226
6

18歳で初めて大失敗をした。暗い気持ちで立ち食いうどん屋に入った。注文してないおでんがでてきた。美味しかった。○○がたっぷりと入っていた。僕は強くなった。(後編)

駅のホームの立ち食いうどん屋さんで、注文してないのに出てきたおでんは、いままで食べたおでんの中で一番、美味しいおでんだった。  あのあばちゃんに会ってからも、僕はなんだかパッとしない気持ちの沈んだ日々を送っていた。  なんでこうなったんだろう。覚悟したのにストイックを貫くと決めたのに、そうもうまくいかない。とりあえず、講師がいうような予習とか復習とかはし始めたし、なんだかんだ勉強はするようになったけ
白石 悠
106
1

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の五

1:今日からお前は富士山だ! 静岡県富士宮市へやってきた。 そこでやっと富士山を拝むことが出来た。 「俺そう言えば生まれて初めて富士山見たな。。。」 本や、雑誌、テレビなどで完全に見た気になっていた自分がいた。 世の中のものほとんどがそんな風に見た気になってるものばかりなんだな。 景色は特に人によって捉え方が全然違う。 ある人が 「あそこよかったよ!」 といっても自分には微妙なこともあるし、その逆も
白石 悠
117
1

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話  其の四

1;旅を始めて② 旅に必要な物はそんなに多くない。 テレビ、パソコン、車、言うなれば携帯もいらない。 そんなものよりも楽しいことが沢山待ってる。 そして、人生を変える出会いが待ってる。 朝起きたら言ってやるんだ! イヤッホー!! 今日も最高の一日が始まるぜ!! って 2:充実感 愛知県の国道を歩いてると後ろからバイクが追い抜いていった。 ライダーが左手を伸ばしてgoodのポーズ。 後ろに乗ってた小学
重信 誠
346
8

僕の母親はおばあちゃん

今日は母の日ですね。 皆さん日頃の感謝を伝えましたか? 少し照れ臭いけど、感謝を伝えるって素敵なことですよね。 僕は、実家の母親に花を贈りました。 母親って言っても、おばあちゃんなんですけどね。 僕の両親は、僕が小さい頃に離婚して、父方の祖父母の家で育てられました。 厳格な祖父と、優しい祖母。 おばあちゃんは僕の母親代わりとなって僕を育ててくれました。 朝ごはんを毎日作って、学校へと送り出してくれま
阪口 ユウキ
41376
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
大貫 恵
11340
133

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
Kei Sen
818
1

地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。④

 後ろに女の子の幽霊?がいる。 お墓参りになにもっていけばいいんだろう?  考えていたら 「お人形!」と、頭の後ろから女の子の声が聞こえた。 私が探しているのは、シゲオじいちゃんの墓なんだけど、 女の子? お人形? 怖い感じはしない。 笑いがこみ上げてきて、会社の帰り道、 ショッピングモールの和雑貨屋さんによって、 ちりめんでできたウサギ人形と、風車を購入した 。 函館へ飛ぶ朝。 部屋の中に女の子の
Sato Ko
188

【第三回】少年Aがいた街。

遅くなりましたが、完結編を書きました。 たくさんの「続きが読みたい」を、ありがとうございました! *** 犯人、つかまる 大学からの帰り、地元の駅の改札を抜けて自宅のほうへ向かう途中、街の雰囲気がいつもと違うことに気がついた。 事件発覚からすでに1ヶ月近くが経過しており、警察や報道陣の姿はもはや見慣れた光景になっていたのだが、明らかに数が違う。まるで群れのように多い。 それを見たわたしは直感的に あ

書きかけのストーリー

鈴木 奈津子さんの書きかけのストーリーはありません

鈴木 奈津子さんにもっと聞きたい話リクエストする

|