STORYS.JP

Akichi Nishimura

Akichi Nishimuraの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Akichi Nishimuraの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

中条 信一
2174
21

とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。(終章)

とあるブラック会社に入社して三か月が経ち、絶望的状況ながらも仕事に慣れて来た頃です。 自分の会社は協力会社と言う名目で、版権を貸して貰い、製作に仕事に携わる事が多かったです。 【お客さんから版権を借りる】    ↕ 【ゲームを作る(自分の会社)】    ↕ 【市場に流してくれる会社に委託する(バグ修正や市場提供)】 このような板挟みの構造になっている状況でした。 徹夜明けでタバコを吸っていると、 2
森田 一也
162

運動出来ない少年の叶わない憧れ

「休日」が苦痛で退屈だった日々 勉強を頑張る姿勢に母親はとても感動して 一生懸命勉強を教えてくれた。 当時はまだまだ母親も父親も若かった事もあり 一般的にいう「スパルタ教育」 どんなスパルタかは想像にお任せします。 普段の学校生活はとても楽しくて学校が楽しみで仕方なかった。 そんなに仲が良かったなら、 休みの日も友達と遊んでなかったのか? と聞かれると、実はそうではなかった。 彼らはみな、地域のソフ
森田 一也
197

スポーツとは縁遠かった少年

スポーツなんて、選ばれた人間のするものだ。 記憶が正しければ、それは小学生の頃までさかのぼる。 「毎朝、小さなグランドを10周する」という決まりが当時あった。 ボクはこの時間が苦痛で仕方なかった。 なぜなら運動が大の苦手だったからだ。 実は、当時小児ぜんそくを患い、激しい運動をすると途端に心臓が苦しくなった。 それがとても辛かったし、それよりも辛かったのは 誰よりも走るのが遅かったのですぐに周回遅れ

書きかけのストーリー

Akichi Nishimuraさんの書きかけのストーリーはありません

Akichi Nishimuraさんにもっと聞きたい話リクエストする

|