STORYS.JP

土屋 信行

土屋 信行の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

土屋 信行の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

春明 力
532
12

散々おごってもらった友達に「お返し」をした時に言われた言葉がシビれた話。

今から2年ほど前、僕は長崎の実家に帰りました。 「両親に会う」という目的もありましたが、 「友達に会う」 という目的でも帰りました。 だから、一泊を両親。もう一泊を友達と過ごしました。 「社会人になったら、学生の時の友達とは疎遠になりがち」 という言葉をよく聞きます。 だけど、僕らの場合、今でも電話し合ったり・・・ 僕が住んでいる東京まで友達が会いにきてくれたりもします。 地元の友達のほとんどが、高
佐藤 友樹
334
4

3年間弁当当番だった落ちこぼれ営業マンがニューヨークへ一人旅し、帰国後1年半で営業のリーダーに昇進した話

お前、また弁当の個数間違えてるぞ! そんなのも出来ないのか! っす、すいません!!!! すいません、すいません、すいません。 この言葉を言うのは何度目か。 こんな言葉から土曜の朝は始まってしまう。 しかも土曜は休日なのに当たり前の休日出勤である。 世に言う ブラック企業出身 だ。 大学卒業後就職したこの会社もすでに3年。 後輩もすぐ辞める環境だったので、私はいつまでたっても下っ端。 下っ端の役割とい
山口 友里恵
561
18

生まれ変わったら『絶対に男になりたい』と30年間思い続けた“専業主婦”が女の世界に飛び込んだ理由 〜キッカケはある日、突然に〜

この話は、生まれ変わったら絶対に男になりたいと思っていた友達"Mさん”の話。 初めて2人でしゃべったのは、森の中のテント。その日はそこで二人で寝ました。 この不思議な出会いから始まったストーリーは、やがてMさんを暗い海の底へと 潜らせることになるのですが。。。 私は女の世界が嫌いだ 「生まれ変わったら、絶対に男になりたい」 それは、わたしがずっと思っていたことだった。 女の世界が嫌いだ。 表面上仲良
Suzuki Takuya
17940
169

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
Matsui Takahiro
264

小学生のころ,先生にいじめられた話

小学校6年生のころ,僕のあだ名は「アカ」だった。それは当時の担任教師がつけた。「アカ」とはいわゆる社会主義者や共産主義者に対する蔑称のことだ。僕が小学生だった1980年代の日本の地方都市ではまだこんな言い方が残っていた。 事の起こりは,小学校学校創立10周年を迎えて毎週のように繰り返される廃品回収だったかと思う。小学校はこの式典を挙行するために体育館前の庭を整備するための費用が必要だった。そのために
Matsui Takahiro
272
7

団地脇の公園のベンチで泣いていたホームレスのおっさんの話

仕事帰りに通る団地脇の公園のベンチにホームレスらしい男性が腰かけていた。 歩道に背を向けて座る男性の後ろを通り過ぎたときに気付いたのだが、男性は小刻みに肩を震わせながら嗚咽を漏らし、薄汚れたジャンパーの裾で目元を拭っている。一度通り過ぎたのだが、気になってもう一度彼の後ろを何気ないふりをして通り過ぎてみたが、男性は相変わらず嗚咽を漏らしている。 自分でもほっておけばよいと思うのだが、やっぱり引き返し
円山 嚆矢
1014
12

【リメーク紙書籍化決定】『早稲田出ててもバカはバカ』試し読み(商品無料サンプル)

2014年8月に投稿し反響を頂きました拙著が2015年4月に電子書籍されamazon(kindle)のノンフィクション部門で2位を獲得することができました。 お陰様でその後複数の出版社からオファーを頂きこの度、2015年9月30日に「ぴあ」さんより紙書籍として出版する運びとなりました。 電子書籍の内容は大幅に書き直したリメーク版となります。 少しでも多くの方に読んで頂きたく、こちらにサンプルをUPさ
三上 光
27

年収1億 喜びと苦悩と憐みと理不尽(2)

さて、学生生活をやめて仕事を始めたわけですが 仕事というのはこんなもんなのかと思うほどオーダーは舞い込み あっという間に収入は増え、1年目で年収2千万くらいにはなったと思います。 まぁ、若かったのでまずは買い物しますよね。 何をかったかな、時計、車、鞄、服 そんなしょーもないものは1年目に買った記憶があります。 しかし、物欲なんてものはそう無限に沸いてくるものでもなく また、残りのほしいものは億する
今井 香
126
2

大嫌いだった父が亡くなった日 第3回

もうすぐ3回忌 あれからの時間、母にも弟にも私にも多くの変化があった。 弟はあまり帰ってこなかったのに、ちょくちょく帰ってきては私を呼び出しみんなで食事をする。 母は初盆が終わった時に 母 もう淋しいこともないから、アンタしょっちゅう帰ってこんでもええさかい。 と私に言った。 今は 週末できるだけ一緒に夕食を取るようにしている。 母ともいつまでこうして過ごせるだろう ? 父が亡くなってから、疎遠だっ
今井 香
223
4

旅の相棒はバイク〜まっ白になれる時間

バイクに乗る長い髪のお姉さん 二十歳だっただろうか? 夏休み信州のペンションでアルバイトをした。 後半オーナーのお友達と一緒に近くの名所へ遊びに連れて行ってもらった。 カップルでそれぞれがバイクに乗って遊びに来ていたふたりに出会った。 ストレートのロングヘアのお姉さんがきれいでとても大人っぽくって、私は何も話せずに ただただ見つめていた。 それがきっかけだったと思う。 真夏の教習所で検定試験開始と同

書きかけのストーリー

土屋 信行さんの書きかけのストーリーはありません

土屋 信行さんにもっと聞きたい話リクエストする

|