STORYS.JP

寺本 法美

寺本 法美の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

寺本 法美の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

辻林 秀一
486
8

僕の職業は“妻の夫”です

「この世で一番の幸せは、“家族をつくること”」 僕は、そう考えています。 だから、本業を 『妻の夫』 にします。 僕の家は、江戸時代から400年続く旧家です。 そのために、『家』(家族・家系)というものに、 イヤと言うほど向き合わされて来ました。 「あんたが、長い歴史のあるこの家を背負うんや。  将来、家族を守るんやで」 一時はそれを激しく拒絶し、 家から脱出したこともありましたが、 今は 「家族を
神崎 彰久
1155
10

Hi-STANDARDの音楽に魅せられた中学生が15年後ライブハウスのブッキングマネージャーになった話

Hi-STANDARDとの出会いは中学1年生。 そのころ頃俺は既に音楽が好きでギターもそこそこひけて、親父の影響でベンチャーズやフォークソングや当時流行ってたGLAYなんかをひいたり歌ったりしていました。 自分のまわりにはこの頃から音楽が好きな友達がたくさんいた気がします。 テンポもミディアムでなんならバラードが好きだった! 5歳から続けていたピアノの教室にその日も行こうと準備していた。小さい頃はマ
い のりこ
451
6

うつ病と戦いながら仕事と看病を続けていた忘れたくても忘れられないあの日のこと

       それは桜の蕾がほころびはじめた三月、転勤の辞令がおりた時のことだった。 私を心配してくれている人達からのメールが届いた。 「異動先にB子さんいるよ。私が知っているだけでも、彼女と働いてうつ病で休職した人が一人、退職した人が一人いるから、気をつけて。何かあったらすぐ連絡してきてね。」 またA子さんについては、一緒に働いたことがある人の体験談を集めて、匿名にして転送してきてくれる人まであら
大川 忍
564
22

「人生って意外と 捨てたもんじゃないよ。」

「性同一性障害」「パニック障害・うつ」 「妊娠・中絶」「自己破産」を体験した ひとりの男?の生き様。 はじめに   どうもみなさんこんにちは。 このストーリーに出逢ってくれて本当にありがとう。 この本は現在37歳で、 生まれた時は女の子だったけど 今は戸籍が男になった小さいオッサンが書いた しょうもないけどデンジャラスで エキサイティングな自叙伝である。 昭和52年8月12日に大川家の「長女」として
井筒 厚子
1080
7

普通の主婦の普通じゃなかった半生 1 (実話自伝)登校拒否〜身障者〜鬱病からダイバーへ

母へ。 母の子供時代〜母の女優時代〜両親の結婚まで。 母の女優時代。 私の母は昭和30年代、そこそこ名の知れた女優でした。 京都でスカウトされて東映京都撮影所の時代劇女優になりました。 美空ひばりさんや大川橋蔵さんと共演している写真やDVDが何枚か残っています。 とはいえ、テレビが各家庭に普及する前の古い話しなので、今となっては知らない人がほとんどだと思うけど、テレビの美空ひばりさん特集を見てると、
雫石 雪乃
851
3

震災が私にもたらした能力《第2話》ー祖母からの伝言ー

祖母からの伝言 混乱する病院の中で、ひっそりと息をひきとった祖母。 姑がとにかく厳しい人で、表立って何かをすることを全く許されなかった。 そのせいもあり、いつも陰でじっと身を潜めて生きているような人だったから、私もほとんど祖母と過ごした記憶がない。 私の相手をしてくれたのは、いつも祖父か、ぴいちゃんと呼んでいた曾祖母だけで、しかもこのぴいちゃんがあまりにも強烈なキャラクターだったこともあり、祖母の存

書きかけのストーリー

寺本 法美さんの書きかけのストーリーはありません

寺本 法美さんにもっと聞きたい話リクエストする

|