STORYS.JP

板羽 宣人

IT関連の会社を経営しながら、季節にあわせた月単位でニセコで暮らしたり、ハワイで暮らしたりとノマド的な生活をしてたりしてます。

※TechWaveへの寄稿記事
「こんな快適な夏があったのか!ニセコでの長期ノマドワーキング!」
http://techwave.jp/archives/51696121.html

この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」
http://koremaji.com/2012/05/kaigai-nomad/

■略歴

1974年兵庫県西宮市生まれ
三重県立上野高校卒、関西大学社会学部産業心理学専攻卒。

1998年吹田市(大阪府)入庁。

2006年退職し、大阪産業創造館 創業準備オフィスにて起業準備。

2007年子供の成長記録サービス「ベビログ」を立ち上げ、個人事業主として創業。(屋号:メモリーズ・イン・タイム)

2009年法人成りし、株式会社ベビログ(http://babylog.co.jp/)を設立。


■所属

株式会社ベビログ代表取締役

大阪産業創造館あきない・えーど登録専門家(IT・e-ビジネス)

SMBCコンサルティング(三井住友銀行グループ)アライアンスアドバイザー

大阪の起業家勉強会『wisdom sharing work shop』(通称ウズウズ)主宰
http://wsx2.net


■現在の事業

ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなどインターネットメディアの自社運営。
また、その運営ノウハウを基に、企業のコンサルティングを請け負っている。


■主な運営サイト

子どもの成長をネット上に記録するサービス
『ベビログ-babylog-』http://www.babylog.jp/
※2012年11月に譲渡しました。

テディベア通販専門店『テディベアタイム』
http://www.teddybear-time.com


関西のテニス情報ポータルサイト『関西テニスネット』
http://kansai-tennis.net/

HP運営ノウハウを3ヶ月で習得できるスクール
『ベビログインターネットスクール』http://www.babylog-school.jp/

逸品紹介ブログ『これ買ってまじ良かったよ!』
http://koremaji.com/

大阪の起業家勉強会『wisdom sharing work shop』
http://wsx2.net

起業家が教える学校では教えないことを学べるワークショップ
http://wsx2.net/kids/

■ソーシャルメディア
【ブログ】http://babylog.co.jp/blog/
【twitter】http://twitter.com/babylog_itaba


--------------------------------------------------------------------

Our business includes website production, management, and consulting.
We manage various websites. They include a few different portal sites, web-based shops, and community sites.

For example,one website We manage is Babylog.(http://www.babylog.jp/)
Babylog does video/photo sharing and blogging services.
Using the babylog service, people can record their kid's growth & share their recorded video/photo &blogs with family and friends.

Another website We manage is an online shop that mainly deals with "teddy bears".
http://www.teddybear-time.com/
We sell "weight bear" there.
"weight bear" is a teddy bear that weighs the same as a new born baby.
It's popular with couples who are getting married.
When they get married, they can give this bear to their parents.
It's an act of gratitude for their parents supporting them throughout their life.
People can also buy these "weight bears" to celebrate a baby's birth.
Friends or relatives can buy the bear for new parents so they can always have this bear as a comparizon to see how their kids grow. That way, they can enjoy the process even more!

We want to expand our business overseas in 2years.
As a first step, We will sell "the weight bear" to the overseas market.

ストーリーをリクエストする

板羽 宣人の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

白濱 優子
74

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑦急ですが結婚しました

たまのぶはホームレスとして、当時は主に恵比寿駅東口にある通称「たこ公園」に住んでいた。たこの形をした遊具があったので、その名前がついていた。 たまのぶは早朝、サラリーマンが出勤する前に起き、夜遅く、終電の頃に公園の土管に寝に帰る。昼間は近くに借りたコワーキングスペースでWebサイト構築の仕事をしていた。つまり、たまのぶがホームレスをしている事は、そこに住んでいる他のホームレスか、終電を逃したサラリー
白濱 優子
107

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑤寒空の下で書いた婚姻届

私とたまのぶは、結婚の証人になってくれる共通の知人の中田さんに会うため、アーバンキャンプの会場へと向かっていた。季節は初冬で、日没後の路地を歩くと、吐く息が白かった。私のバッグの中には、まっさらな婚姻届けが2枚入っていた。 中田さんは少し遅れて来る事になっていたので、私たちは、たまのぶの友達のメイちゃんたちと先に合流する事にした。メイちゃんは、私より少し年下の、かなりフリーダムな感じの女の子で、キャ
白濱 優子
172

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ③私が結婚を決断するまで

私は、たまのぶの何事も包み隠さず(素人童貞である事すらも)話す姿勢が好きになっていた。もう少し正確にいうなら、「彼」のその姿勢が私には少しまぶしかった。彼は私には持っていないものを持ち、明らかに自分の人生を楽しくしていた。 私と彼はお互いに地元で行き詰まり、東京に出て来て出会ったのだが、生きる姿勢はだいぶ違っていた。 出会って5日後、私たちは初めて電話をした。かけたのは私の方からだった。私はお互いの
白濱 優子
199

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ②ホームレスと交際するという事

1泊2日のキャンプの中盤、夜の9時ごろだっただろうか。ちょっとしたアクシデントが起きた。その時、私たちは、みんなで火を囲みながら一風変わったカードゲームをしていた。 それは順番にカードを引き、そこに書かれた文章を読み上げ、周囲の人はその理由を当てるというゲームだった。その文章というのが変わっていて、こんな具合だった。 「裸で鉛筆を持って倒れて死んでいる男がいる。なぜか?」 一見して不条理な内容。カー
白濱 優子
249

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ①ホームレスの彼との出逢い

ジェットコースターのような乱高下する人生は、友達のユウくんに誘われて、キャンプに参加したところから始まった。季節は秋。1泊2日のキャンプに、私は「暇だし」という理由で、特に期待する事なく参加した。私も含め男女8人が東京郊外のキャンプ場に集まったのだけど、私の知り合いは誘ってくれたユウくんだけ。私の他に女子が1人いて、残った5人の男の中に「彼」は居た。 やや小柄でモンベルの緑のアウトドアウェアを着てい
鈴木 まなみ
588
2

交通事故(気付いたら集中治療室)

「すずきさーん。わかりますか?お名前言えますか?」 という看護婦さんの声で目を開けた。 場所は病院のICU(集中治療室)だった。 私は交通事故にあって、救急車で運ばれてた。 事故の記憶は一切ない。 会社の仲間で那須に旅行に行った帰りだった。 高速道路での自滅自己だったらしい。私は助手席の後ろに座っていた。そして寝ていた。 高速道路を走っている中、後ろのバイクにきづき、ハンドルをきり、壁に100mぐら

書きかけのストーリー

板羽 宣人さんの書きかけのストーリーはありません

板羽 宣人さんにもっと聞きたい話リクエストする

|