STORYS.JP

小野寺 拓

小野寺 拓の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

小野寺 拓の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大園 麗花
240

デブ、ブスといじめられ続けた私が変身した秘密 大園麗花

はじめまして! 大園麗花と申します。 実は私、子どものころはブス、デブといじめられ続けてきました。 そんな私が13kgのダイエットを成功したストーリーを書かせていただきます。 ぜひ、最後までお付き合いください。 埼玉の山奥の閉鎖的な地域で育った私にとって学校が世界のすべてだった。 そして毎日顔をあわせる 子どもたちの言葉は残酷だった。 って私も子どもだったけど。 髪を腰まで伸ばし、眉は眉間で繋がって
Nakamura ichika
33

保育園落ちた日本死ね、に続け。世論を保育園や幼稚園事情に注目させないと何も変わらない。

グノシー、つい読んでしまう。新聞紙も朝日新聞とっているのに、グノシー気軽すぎる。  そこで、このはてなダイアリーで叫んでいるママさんの記事を偶然拝見しました。ここからトラックバックしている人、fecebookのシェア機能、LINEのタイムライン共有。いろいろあるけど、私はSTORYに書くことにしました。  去年、息子は一歳児で神奈川県にて、認可保育園を落ちて待機児童になりました。聞いてはいたけど、待
春明 力
218
4

みんなにチョコを配ってた女子からさえも、チョコをもらえなかった男子の話。

小学生の頃、 バレンタインデーが、一年で一番嫌いな日になりました。 小学生になった頃から、バレンタインデーの存在を意識し始めました。 正確に言うと、意識させられはじめました。 「これ、いらないんだよなー。」 「気持ちわりー。」 と口では言いつつも、ニヤニヤしながら 女子からもらったチョコをかばんに入れてる友達が増えたから。 僕の真横で、チョコレートを女子から手渡しされてる友達がいたから。 弟さえも、
春明 力
577
12

散々おごってもらった友達に「お返し」をした時に言われた言葉がシビれた話。

今から2年ほど前、僕は長崎の実家に帰りました。 「両親に会う」という目的もありましたが、 「友達に会う」 という目的でも帰りました。 だから、一泊を両親。もう一泊を友達と過ごしました。 「社会人になったら、学生の時の友達とは疎遠になりがち」 という言葉をよく聞きます。 だけど、僕らの場合、今でも電話し合ったり・・・ 僕が住んでいる東京まで友達が会いにきてくれたりもします。 地元の友達のほとんどが、高
杉本 哲
70
1

大切なところを切って流血したときの話

忘れもしないあの日、私は絶望を味わった。 高専時代、自転車での帰り道、時刻は夜、研究で疲れ果てながらの帰路。 そんな日常に突如起こった惨劇。 まずは妙な浮遊感、その後に全身を打つ強烈な衝撃。 初めは何が起こったのかさっぱりわからなかった。 あまりの痛さにしばらく立ち上がることさえ出来なかった。 目を凝らして辺りを見てみると道にはフェンスからほどけた針金が一本出ている。 どうやら自転車の前輪がその金網
杉本 哲
315
4

高音域難聴者として生きるということ

小学5年だったか6年だったか、今はもう忘れてしまったがその辺りから聴力の低下が始まった。 それまでは何の問題もなく聞こえていたのに。 学校の健康診断で高音域に問題有りとのことで、病院で再検査。 そこでもやはり高音域に問題有りとのことで大学病院へ。 診断結果は"高音域が聞こえづらいみたいだね。多分遺伝性じゃないか"とのこと。 (当時、まだ子供だったのでお医者さんが話してくれたままのとおりに覚えている。
日野 道啓
64
1

大学で学んだこと1:最も重要なことは誰にも教えてもらえない。

 大変ご無沙汰しております。毎日、大学の仕事が忙しいのですが、一息ついてきたので、リクエストいただいた件(短大卒業後のその後の歩み)について、文章を少し書いてみたいと思います。  私の大学時代(学生時代)といえば、短大時代と同じく、苦難の道のりでありました。大学院時代の話については、自著で少しだけ触れていますので、引用しておきたいと思います。  「「論文を30時間書き続けて倒れたり」、「1週間に合計
志 帆
1778
11

バカ女子高生だった私が、東大に受かった次の日、「バカだと思ってた」と言われた話。

遅刻は年間60回以上。よく補習に顔を出す。 テストで2点を叩き出し、隣のクラスにまで知れ渡る。 サボリが多く、「あと一回授業を休んだら留年です。出席して下さい。」という手紙が先生から届く。 試験をサボって友人とラーメンを食べに行き、追試をくらう。 授業態度の悪さから、座席は常に一番前の列、真ん中の「お見合い席(うちの高校ではそう呼ばれていた)」。 そんな、ふざけた高校生でした。 「大学行かないで、中
Suzuki Takuya
655
10

真面目になったとたん成績が伸びなくなった時の話。勉強は長距離走と短距離走。

中学の時に覚えた「だるい」って言葉。 小学校まで真面目だったのに親との関係が悪くなって居場所を求めて気づいたらヤンキー社会の中にいた。周りの仲間はいつも口癖のように「だりー」とか言っていて自分も頻繁に「だりーなー」って口に出すようになっていた。ぐだぐだ外でたむろすることがなぜか楽しく夜遅くまでコンビニの前とかたまり場にいて昼過ぎまで家で寝ているような中学生活だった。だるいことは最小限やらないようにす
Suzuki Takuya
18639
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書

書きかけのストーリー

小野寺 拓さんの書きかけのストーリーはありません

小野寺 拓さんにもっと聞きたい話リクエストする

|