STORYS.JP

Panda Panda

Panda Pandaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Panda Pandaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Takai Rei
213
2

住所不定無職の旅人なのに結婚することが出来た話。③(完)ご両親の寛容さは偉大だ

一時帰国 1年ぶりに日本に帰ってきたが、友人からは早速 「ずいぶん早い帰還だな」 と冷やかされた。 しかし、そんなことよりまず彼女の両親へのご挨拶だ。 だが、着ていく服がない。 スーツなどは処分して持ち合わせておらず、今ある服は旅用のTシャツとぺらぺらの綿パンツだけだ。 靴もサンダルしかない。 一応黒でコーディネートしようと思い、黒い帽子に黒いTシャツ、黒い面パンツに黒のサンダルで決めてみた。 ご両
Takai Rei
373
4

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑩上手に気持ちをコントロールするって難しいよねって話。

ストレスコーピング:精神的な緊張や負担に対してうまく付き合うための対処行動のこと。心のケアをする精神科籠師は自身のストレスに対して上手に緩和させないとすぐに仕事を辞めるハメになる。患者さんにとってはこれがとっても苦手なので、その人らしい対処行動を獲得できるよう一緒に模索することが必要。 ある夜勤の日。 次年度から大学院に行くという秀才のT先輩がとある看護雑誌を持って来ていた。 K松 どれどれ、ほーこ
Takai Rei
572
18

母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑭ エピローグ 完結編

エピローグ・4(2003年9月12日~20日) とても大切なこと 家を引き払う日、それまで沢山の物や家具があったのがうそのように部屋はがらんとしてた。 とてもシンプルで広かった。 もうここに戻ることはないのかと思いながら、家に対して 「今までお世話になりました。ありがとうございました」 って気持ちになった。 深々とお辞儀をして、玄関から出た。 本当に俺も母もずいぶん世話になった。 本当に今までありが
大柴 貴紀
1241
10

16歳夏の忘れられない悲しい出来事

これまでの人生で最も勉強をした時期である中学3年の冬。僕の勉強机は家族の寝室の一角にあった。夜遅く勉強する時は部屋の電気を消し、机の蛍光灯だけで勉強した。傍らには家族が寝ていた。机の蛍光灯が寝ている母親の顔に当たらないように工夫したりした。この頃、母親の体調が急激に悪くなっていた。 母親の様子が少しおかしいなと気づいたのは秋くらいだった。これまで就寝時以外に横になっているのを見た事がなかったが、この
mamita .
141
1

ついに完結!急展開の最終話:ひとり結婚式から一年後!まさかのふたり結婚式!

ひとり結婚式 から1年余り経った頃。 なんと、ふたりで結婚することになった。 本当にちゃんと結婚しました 「ふたりで結婚する」という言葉は「頭痛が痛い」のように間違った日本語なはずだけれども、ひとり結婚式を知る周囲の人々に結婚の報告をすると必ず「またひとりで?」と訊かれるので「ふたりで」と付け加えなければならない羽目になった。 あるいは「こいつなに言い出すんだ」「またろくでもないことをやるつもりだろ
中村 珍晴
365
1

僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~

19歳の夏、僕は首を骨折し、首から下の動きと感覚をすべて失いました。 -------------- 9年前、僕は大学に入学しアメリカンフットボールを始めました。 進学先に体育学部を選択するくらいスポーツが好きだったので、すぐにこの競技の魅力に惹かれ、無我夢中に練習に取り組みました。 そして、2007年9月1日、デビュー戦を迎えます。 前半が終わり14-7。僕らは7点差で負けていました。 「まだ逆転で
Masayoshi Fukushima
459
10

ある小さな女の子の生きた姿

 桜が大好きだった娘。風に舞う桜の花びらを見て、「寂しい」と涙を流していました。桜を見ると娘との思い出が蘇り、グッと胸が締め付けられる思いがします。 娘の時は立ち会い出産でしたが、 産まれた時は力強いく泣き声をあげ、 その輝いた姿に私も妻も感動して涙をながしました。 人生で一番嬉しい瞬間に立ち会えたことを感謝しました。 その後元気いっぱい、愛嬌たっぷりに育っていましたが、 2歳の時にインフルエンザに
大貫 恵
10939
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。

書きかけのストーリー

Panda Pandaさんの書きかけのストーリーはありません

Panda Pandaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|