STORYS.JP x 吉本興業 - 自分語り映像化プロジェクト「カタリエ」 詳しく見る

推奨基準の目的と背景

STORYS.JPでは、多くの方々に良質なストーリーを届けたいと思っております。
STORYS.JPが現時点で良質と考えるストーリーの目安を下記にまとめました。
決して下記の推奨基準を守らなければストーリーを書いてはダメというわけではありません。
より多くの人に読んで貰いたい方は、下記の推奨を意識してストーリーを書いて頂く事で、
「話題のストーリー」や「Yahoo!ニュース」 掲載の可能性も高くなりますので、ご参考にして頂けますと幸いです。



推奨基準

大前提として、読む人を意識した文章・レイアウトを意識していますか?

「話題のストーリー」や「Yahoo!ニュース」掲載を目指される皆さんに意識していただきたいことは 「そのストーリーが他の人に読まれる事を前提に書かれているか?」という視点です。
この点を意識してストーリーを書いて頂くことが、結果として「人気のストーリー」を
生むことになるものと考えております。以下に具体的な観点を記載致します。

タイトルは具体的でストーリーの内容がわかるタイトルになっていますか?

約8割以上の読み手は、あなたのタイトルであなたのストーリーを読むかどうか判断しています。 タイトルを具体的にどんなストーリーが書かれているかわかるように書きましょう。読んで貰いたい人の年齢や 性別、境遇をタイトルに書くのも具体的で良いと思います。

ストーリーの内容をイメージ出来る画像が冒頭についていますか?

タイトルの次に読み手が見ているのはイメージ画像です。あなたのストーリーには、あなたのストーリーを 適切に表現したイメージ画像がついていますでしょうか?

結起承転な構成になっていますか?

インターネットでは冒頭の5秒で読み手の心を掴まないとスグに他の記事に移られてしまいます。 特にスマートフォンを利用している人は、隙間時間でストーリーを読んでいる人が多いためストーリーの冒頭8行が 面白くないと読まずにブラウザを閉じてしまう。という結果も出ています。冒頭の5行でストーリーで伝えたい事を 簡潔に書きましょう。

見出しとサブ見出しを適切に使えてますか?

忙しい読み手の人は見出しとサブ見出しでストーリーの大枠を読み取ろうとします。人気のあるストーリーは 見出しを読むだけでストーリーの大枠がわかるストーリーです。見出しとサブ見出しを利用して読み易いストーリーを 書いてみましょう。

文章のリズムを意識して、適切な画像を入れていますか?

文章の途中で適切な画像を挿入していますか?文章ばかりのストーリーはそれだけで読み手は拒否反応をしめ してしまいます。1~2見だしに1つ画像を挿入すると読み易いと言われています。

話題が変わった事を読み手に伝える余白を活用していますか?

PCやスマートフォンで多くの文字を読む事は苦痛です。十分な余白をとりながらストーリーを書きましょう。 理想的な余白の取り方は3行書いたら1行余白をいれ、話題が変わったら2~3行余白を入れる事だと言われています。

誰にでも分かる言葉を使っていますか?

ITに慣れた人が使う略語や専門用語など、特定の経験を積んでいる人しか理解し難い用語を使っていませんか? ストーリーは老若男女、いろいろな人が読んでいます。極力専門用語や略語を減らし、いろいろな人が読んでも わかる文章で書いてみましょう。

第三者の知的財産権(著作権および著作隣接権を含む。以下同じ)、パブリシティ権、プライバシー権、名誉権、肖像権その他一切の権利を侵害していませんか?

挿入されている画像は知的財産権を違反していませんか?可能な限りご自身でご準備された写真または、自由に 利用することの出来る画像を活用しましょう。

10日間で、500,000PVを超えたストーリーを書かれた方が寄稿して下さった「人気が出るストーリーの書き方」をもし宜しければ参考にしてみてください。

http://storys.jp/stories/how_to_write

過去にSTORYS.JPで人気の出たストーリーは以下になります。ストーリーの書き方を学べるかもしれませんのでご参照頂けますと幸いです。

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話

http://storys.jp/story/5302

学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話

http://storys.jp/story/2096

まだ一回も婦人科検診を受けたことがない20代女性がいたら是非読んで欲しい、卵巣手術した時のお話

http://storys.jp/story/4048

※上記の推奨基準は定期的に更新致します。