STORYS.JP

Pon Risa

Pon Risaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Pon Risaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

わさだ なお
1068
6

男が女として生活していくまで物語

【はじめに】 私が初めて性別を超えた人たちを見たのは、TBSでやっていた 上岡龍太郎さんの番組だったと思います。 当時は今と違って報道の規制も緩かったため、ニューハーフが上半身裸で モザイクもなしにお茶の間のテレビに写っていた時代です。 そんな彼女達、ニューハーフは「女装が高じて手術までしちゃった男」 という扱いで、変人、変態扱いが普通でした。  ニューハーフに人権はないのか?  と、聞かれれば、当
木村 麻衣子
154
1

夏になると哀しくなる話

いつからだろう。夏が来ると切なくて胸が締め付けられる感覚になったのは。。。 小学生の頃は、夏がくると毎日海やらキャンプやら、色んなイベントがあり毎年両親の実家に家族5人で帰っていた。両親は東北出身で夏は涼しく正直暑ーいと思う事が少なかった。とても過ごしやすい気候だった。私は毎年帰省しているにも拘わらず、お別れの時はいつも泣いていた。子供ながら「もう、二度と会えないかもしれない。」と言う想いがとても強
Sasaki Shin
2173
40

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

◆落ちこぼれだった高校時代 高校時代、私はおちこぼれでした。どれくらいおちこぼれだったかと言うと、全国模試で数学の偏差値が38、おまけに足首を捻挫しているのがクセになっているので運動もまともにできない、彼女はいない、青春の思い出はゲーセンでのメダルゲームだけという素晴らしい灰色オレンジ・デイズを送っていたわけです。 とはいえ、最初から落ちこぼれだったわけではありません。高校受験をしていた時は第一志
Handa Naoto
48100
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
成瀬 望
866
30

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

旅、前日 なんでもない日常のなんでもないある日。 寝る前、明日の朝に旅立つことを決めた。 高校2年生の梅雨の季節。 明日、突然いなくなる。 親も先生も友達もクラスメートも誰も、ぼくが旅に出た理由はぜったいにわからない。 前後の脈絡なしに突然、失踪したようにしか見えないだろう。 それがいい。 ぼく自身、何のために、どこに行くか何も決めていない。 つまり、明日からぼくがどうなるか、本当に誰も知らない。
Utaka Toyo
166

神様みたいな父が人間だと知ったクズの話

情けない私の話を聞いてください。 ・神様みたいな父と私 私は三人兄弟の末っ子である。 父にベタ惚れな母と、鬱陶しそうにしてるけど母を大切にしている父を見て育った。 兄と姉は私と年が離れていて、私が小学校に上がる頃には、父はおじさんと呼ばれるような歳だった。 だけど、そんなことは気にならないくらいに父が大好きだった。 父は単身赴任で、休日にしか帰ってこない。 休日の父は、釣りが趣味だった。 幼い私は苦
梅津 久和
911
31

レッドブルは本当に「翼をさずけてくれるのか」、を90日間試してみた“名もなき男”の人体実験結果。

レッドブル、翼をさずける。 Red Bull Gives You Wings この物語は、ある「名もなき男」が、レッドブルのキャッチコピーを真に受けたことで始まった人体実験結果の話である。 2014年3月27日@東京赤坂 「まずは、自分で自分を ○○ させた上で、やりたいビジネスをはじめること。」 「その術を覚えないと、“ 我慢しないで生きる力 ”は手に入らないし、昔のオレのように違和感だらけの人生
Shono Maho
4386
34

第5話 (後編)アフリカへ行く彼から学んだこと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

あの時人生で初めて感じた、あの衝動といっていいのか、衝撃なのか、 とにかくあの変な感覚は本物だったと思う。 彼らと出会った2010年の夏から、 私の人生が大きく変化し始めた。 (少し変わった 出会いのきっかけは こちら 。) その年の夏は、忘れられない夏になった。 ”夏”はものすごく短かった。 みんなとのあの出会いが7月の後半だったので、もう一日たりとも無駄にしまいと毎日を楽しみ尽くした。 次の約束
千葉 礼美
286
10

「みんなが2時間やるなら、あんたは4時間やりなさい。」

ぼくは勉強ができない 「ぼくは勉強ができない」という山田詠美さんの小説 に出逢ってしまい、そこから私は自分の出来の悪さをしょうがない!そうゆう仕様です!!と思うことにした。 この小説の主人公は、女の子にモッテモテで、年上の彼女のいる男子高校生。 成績はよろしくない。 彼は、「勉強よりも大事なことってあるだろう!」という思考の持ち主で、この考えに出逢ってしまった中学生の私は、「あ、それもありなのか」と
田代 政史
2499
39

【リアルカイジ】元公務員K氏に教わった違法カジノで自分の人生がたった180日で○○になり、その後●●になった話

※ これからお話する内容には違法な内容がてんこもりです。 あくまでもフィクションという事でおさめて頂ければ幸いです。 遠くから微かに歌が聞こえる。 ♬ あなたに〜 会えて〜 よかった〜   あなたには希望の〜 匂いがする〜   つまずいて〜 傷ついて〜 泣き叫んでも〜   さわやかな希望の〜 匂いがする〜 ♬ 気づいたらいつもの公園にいた。 ここから見える景色はいつもとは全く違う。 もう、歩けない‥

書きかけのストーリー

Pon Risaさんの書きかけのストーリーはありません

Pon Risaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|