STORYS.JP

Morii Ryouji

東京上京ストーリー~何者でもない男が何者かになろうと足掻く日々~

ストーリーをリクエストする

Morii Ryoujiの人生のストーリー

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.1

「誰も他人に興味を示さない仕事」「全く頭を使わなくてよい仕事」 人間関係で悩んでいる人や、技術的な難しい仕事をしている人には、とても興味が惹かれる言葉だろう。 しかし、高校を出てすぐに工場のライン工として働くことになった僕は、この仕事がとてもとても大変なことを知った。 高校在学中は部活ばかりの毎日で、将来のことを何にも考えておらず、母親から「大学に行かせる金がない、すぐに働いて家に金を入れて」と言わ

東京に上京する経緯

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.2

そうだ、東京へ行こう そう決心したのは工場のライン工として働き始めて、半年程経った11月のことだ。東京には中学の頃に修学旅行で一回行っただけなので、向こうには当然友達がいない。 12月の末にボーナスを貰って辞めた僕は、3ヶ月間、失業給付金を貰いながら一体東京で何をしようか考えていた。京都や大阪なら大学に行った友達がたくさんいるため、何とかなりそうだと思ったりもしたが、今までの人生をリセットしたいと強

東京で過ごす日常

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.3

そうだ副業しよう! そう思い立ってから、僕はありとあらゆる副業を始めた。 ebay(海外のオークションサイト)から物を仕入れてヤフオクで転売したり、ブログやサイトを作成してアフィリエイトやAdsenseを始めたりした。 転売は、無在庫販売(ドロップシッピング)というやり方で、ヤフオクで商品を販売して購入されてから、商品を買い付けて発送するという、グレーな販売をしていた。※当時は購入者から振り込まれた

副業して転職する経緯

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.4(ラスト)

最初のストーリーはこちら そうだ起業しよう 僕はまだ会社を辞めていない。 この話は僕がこれから起業する話しだ。 このストーリーを書き始めた理由は、起業という人生を左右する一大イベントを前に決意出来ずにいる自分を奮い立たせるためだ。そして自分の今までの人生を総括し、自分自身を見つめ直すためだ。 起業を決意した理由は入社して3年が経った頃、今から1年前に遡る。 違和感を覚え始めた日々 この頃から僕は副業

起業を決意する経緯

読んでよかったストーリー

Morii Ryoujiさんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

Morii Ryoujiさんの書きかけのストーリーはありません

Morii Ryoujiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|