STORYS.JP

Terakado Ryuichi

Terakado Ryuichiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Terakado Ryuichiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

明日の タケシ
426

【第22話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

その日はいつものように仕事があって、仕事場である近所のショッピングモールまで車を走らせていた。 時刻は午前10時半。 11時からバイトだったので、いつもこのくらいの時間には車に乗っていた。その日は良く晴れていて穏やかな朝だったのを覚えている。 車のガソリンメーターを見るとエンプティーマークが点灯したところだったが、バイトの時間に遅れそうだったのでガソリンを入れるのは仕事終わりにしようと思った。 ガソ
堀口 悠冴
2406

ブラック会社の最高経営責任者になった。27回

「指定した銀行口座に振り込みは完了したので確認して欲しい」「入金確認後すみやかに業務を遂行して頂きたい」 一通のメールが私のもとに届いた。 確かに振込先を相手には伝えておいた。そして金額についても口頭承諾は頂いている。 だが、 伝票(レシート)なしに4,000万円もの金額を口頭承諾のみで振り込んでくる ものであろうか。 私はゴルゴ13かよ。 ウェブバンキングで銀行口座を確認すると思わず一人でツッコミ
堀口 悠冴
2483

ブラック会社の最高経営責任者になった。26回

「学生と企業のコラボレーションに碌なものなんてありゃしない。」 その担当者は吐き捨てるように私に愚痴ってきた。人通りの少ない場所に設置されたブース。そのブースに暇そうに携帯を片手に椅子に座ってうつむいている学生。掃除もされないままに大量に吸い殻のある灰皿。そして、ほとんど一枚も減っていないパンフレット。これらが意味することは一つ。このプロジェクトは既に失敗している。 勤めたことがある人ならば理解して
堀口 悠冴
2833

ブラック会社の最高経営責任者になった。22回

「手取りがいくら、手取りがいくら」と手取りばかり気にしているようでは人間の器は小さくなっていく。 昔勤めていた会社の社長がよく言っていた。その意味は今ならよくわかる。 経営者は総支給額を間違いなく従業員に支払う。それは給与明細の右上記載の総額だ。従業員は左下の一体いくら振り込まれたのかを気にする。手取り年収とは、勤務先が支払う額面の給料から所得税・住民税と社会保険料を差し引いた金額のこと。 これは従
寳槻 泰伸
17789
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自
寳槻 泰伸
28939
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(

書きかけのストーリー

Terakado Ryuichiさんの書きかけのストーリーはありません

Terakado Ryuichiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|