STORYS.JP

Tsumura Ryuichi

Tsumura Ryuichiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Tsumura Ryuichiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

松元 宏樹
88

あなたに隠された潜在能力を10000倍に活かし切る方法。 

今日はあなたに、のみの話をしようと思う!! えっ、潜在能力の話じゃないの?と思ったあなた。まあまあ、待って欲しい。 とりあえずノミの話を続けようと思う。 みなさんはノミを知ってるだろうか。あの害虫と呼ばれるちっこいやつ。  上にいるこやつだ笑 見た目は気持ち悪いこいつだが、実はすごい特技をもっている。      それは、"飛ぶ"っていうこと。            そうジャンプ力がすごいんだ!! 
松元 宏樹
1637
2

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

みなさんはタモリさんをしっているだろうか。 そう。あのタモリさんである。みなさんはきっと、「笑っていいとも」で毎日のように顔をテレビで見て笑っていただろう。いつも僕たちを楽しませてくれる人だった。 今日はそんなタモリさんにまつわる「絶対に夢をかなえる方法のお話」    タモリさんはある日、視聴者の方から、こんな質問をもらったそう。     "タモリさんは自分の番組をもってたくさんの人に幸せを与えて夢
金子 健太
94
1

20か月で4800万円を自己投資し、精神・金銭ともに貧乏になって初めて気づいた。起業していく上で大切なたった一つのコト。

2014年9月から2015年12月。 自分の夢の為に、 4800万円を自己投資 した。 結果。 精神・金銭ともに貧乏になっただけ で、何一つ前に進まなかった。 大きく失敗した理由は ・時間とお金を自由に使えるようにする為の活動 ・人脈を作る為の活動 この二つの事に力を注いだからだ。 お金と時間に余裕があって、人脈を持つ人は成功する起業家だと思う人が多いだろう。 僕もその一人だった。 この認識が大きな
金子 健太
1609
2

2500時間の就職活動をして手に入れた大手銀行の内定を辞退し、親不孝で買い物依存症の僕が起業した話

大手企業の内定をとることが人生の勝ち組だ と勘違いしていた大学時代の僕。 その勘違いに気づかず、 就職活動に2500時間を捧げた。 大手銀行の内定獲得後。 就職することに疑問を抱き、誰にも相談せずに内定を辞退。 そのことがきっかけで 「クズ野郎。親不孝な奴だ。」 と罵倒され、ほとんどの友達を失った。 学生生活が一変し、極度のストレスから買い物依存症になり半年で 300万円の借金 を背負うほどまでに生
岡田 智紗
642
10

就活を中断し初めてのひとり旅。何もかも分からなくなって辿りついた1つの答え。「自分で証明するしかない!」

人はなぜ旅へ出るんだろう。 「旅行」と「旅」は違うと私は思う。 「旅行」っていうときは 自分が普段暮らしている場所とは違うところへ行って その知らない土地の風景や文化を楽しんだり 食べ物を楽しんだり、お土産物を見たりとか 純粋にそういった行為自体を楽しむ、観光的要素が強いイメージ。 表面的な感じというか。 でも、「旅」というとき。 これは、もちろん上に書いたような「旅行」と同じ要素が含まれるのだけど
Saito Hirono
466
5

8年前、「会社名もやることも決まってませんがインターン募集」に応募したら、その会社が上場した話vol.1

上場までの物語を世に出すこと、それが私の夢でした ブログやSNS、当時はmixiが一般層への認知が広がり出し始めていた2005年の秋頃、東京のビットバレーの片隅に拠点を構えたとあるITベンチャーが産声を上げた。「個性が輝く!」を合言葉に、着々と個性派揃いで憎めない人たちが集まり始めた。そのチームは、創業から8年強の月日を経て、紆余曲折ありながらも日本のソーシャルメディアマーケティングを担う会社へと
福元 惇二
28
2

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

30万円の投資信託 社長や税理士の先生方によく、高崎の銀座通りのバーやラウンジに連れていかれた。 かなりさびれた商店街が高崎駅の近くにあって、そこに多くの夜の店があったのだ。 容姿が綺麗なお姉さんがたくさんいる店は苦手だったのだが、だんだんと僕も回数を重ねると慣れてきたのか、楽しくなってきた。 仲良くなった社長や税理士の先生と話が盛り上がり、朝まで飲み明かしたことも度々あった。 そんなある日、K先生
西條 智之
464
6

「俺は早稲田、お前は獨協」そこから始まるNYの投資銀行マンへの道

「俺は早稲田、お前は獨協」私が大学を卒業して、新入社員として入社した中小証券会社で、上司から言われた言葉です。 当時の証券業界は不況で、「掃(は)きだめの証券業界」と言われていました。就職活動で行き詰まった大学生が、最後に行ける業界でした。ノルマ、ノルマの連続で、営業5年で「倫理観がマヒする」と言われる厳しさでした。 私は、高校の英語の先生から、「英語を学ぶなら、東京に行きなさい。そして、聖書を読み
間部 理仁
3088
57

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

担任「お母さん!お子さんがテスト中にいなくなりました。」 数学の試験中にいなくなった僕を心配し、高校の担任の先生が家にまで電話をしてきた。 問題を見ても全く分からないので、考えるのを止めて教室を出た。 高校三年時の偏差値は30台。試験前には担任が赤点を取らないように電話してくるほど成績が悪く、学年でビリを争う 四天王 と呼ばれるほど バカ だった。 授業中に勉強もせず何をしていたかと言うと、ゲームを
若槻 健人
99
2

彼女にふられて西日本を縦断した話

別れは突然に、、 大学生の私は、当時付き合っていた彼女にふられ、食事も喉を通らないほど落ち込んでいた。 ポジティブだけが取り柄の自分がこんなに落ち込む事に驚いた。 当時はその彼女がそれだけ、好きだった。 しかし、失恋は、時に大きな挑戦心を生み出す。 もやもやとした気持ち、 ふられた彼女を、見返したいと言う気持ちから、何か大きなことにチャレンジしようと考えた。 そこで私は、大学の仲のいい2人の友達をカ

書きかけのストーリー

Tsumura Ryuichiさんの書きかけのストーリーはありません

Tsumura Ryuichiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|