STORYS.JP

Tsumura Ryuichi

Tsumura Ryuichiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Tsumura Ryuichiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

守 淳史
200
8

大手財務コンサルティングの内定を取り消して、年収やキャリア採用を捨てた理由

このストーリーは、 大手財務コンサルティングの内定を勝ち取ったにも関わらず、 年収やキャリア採用を捨てて、 在学中にビジネスで独立する決意をした慶應生の話である。 第一部 <友人との再会> 就職の内定、取り消そうかな。。。。。。 大手財務コンサルティングから内定を勝ち取り、 時間と心にも余裕ができたから、 社会人2年目の友人と久しぶりに会うことになった。 僕は浪人と交換留学でニューヨークにも行ってた
田代 剛
16
1

絶望の先に希望を見いだした男の話ー第1章ー

  ー絶望の先に希望はあるのか、ー 幼少期と家族 1979年11月22日、 僕は鹿児島県鹿児島市に生まれました。 家族は僕と父と母と弟の4人家族、 両親はお見合い結婚で、 住宅地の一角で電気店を営んでました。 父親は温和で真面目で仕事一筋、    タバコも女遊びもせず、ただ仕事。    そういう生き方しかできない人でした。 母親は器量がよく、色々なことに挑戦し、     精力的に活動する人で    
宮本 佳実
577
5

SATCのキャリーに憧れていたOLの私が、週休5日で年収1000万円になるまで

毎日、ギュウギュウの満員電車の中で押し潰されそうになりながら、こんな風に思っていた。 「絶対に、この生活から抜け出してやる……」 来る日も来る日も、同じことを、飽きもせず考えていたあのころの私。 「あーあ、このまま結婚をして、子どもを産んで、家のローンができて……。 そうしたら、忙しい子育ての合間に家のローンのためにパートに出たりするのかな」 「どうせ働くなら、"自分にしかできない仕事"をしたいなぁ
平 茉莉子
24

第3話 天国からの切符【小児科ナースが天国に行った子ども達と地球2周半、暗闇の奥に見えたとんでもなく輝く世界*】

1.お空に行った子ども達へ もう二度と動くことがなくなった小さな身体を、冷たくなった身体を、そっと抱きしめさせてもらったとき、心に誓った。 “この体が温かかったことを  この体の冷たさを  命の重みを、命の儚さを、忘れない。” 一緒に笑い合ったあの日々も 愛で溢れていたあの日々も 甘えてくれたあの時も 辛さに耐えて頑張っていたあの時も そっと泣いていたあの時も 一生懸命呼吸をしていたあの時も 私はず
只石 昌幸
1423
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
Mami Yamazaki
869
55

「思考の現実化」を身をもって体験した話

1。開き直ってみよう! わたし 好きなことしかしない!! 好きな人としか付き合わない!! ずっと旅が好きだったわたしは、正社員という安定を捨てて、 常に派遣とバイトというダブルワークに勤しんでいた。   しかし30歳をすぎたあたりから、 私はいつまでこんな不安定な生活を続けられるのか? という不安が常につきまとった。 家族の”不良債権”感がどうしても抜けない。 ひとつ下の弟は立派に家庭を持ち、両親と
Mami Yamazaki
729
23

地元から一歩も出たくなかった私が石垣島への移住きっかけに人生が様変わりした話

【引越し編】 1。ふられた まず、私がこの話で伝えたいことを書いておく。 ひとつめは、 何かを失うことはこわくないということ。 ふたつめは、 環境が変わることもこわくないということ。 みっつめは、 付き合う人が変わると世界が広がるということ。 私はあと半年で30になる冬。当時4年くらい付き合っていた彼氏にふられた。 ちょうどその頃、弟の結婚が決まっていた。 私はとにかく気を紛らわせるため、仕事とバイ
ほー りぃ
422
7

靴磨き職人から年商9桁まで這い上がった物語

ホームレスを覚悟した、24歳の冬 今でも忘れはしない、2013年真冬の2月3日、午前8時 大阪梅田の一等地の阪急百貨店前の歩道橋で人生をかけた勝負が始まる。 これができなければホームレス、そう覚悟をして家を出る。 今まで24年間で積み上げてきた、 簿記やFP、宅建などの資格や 学生時代にも起業したり、 学生団体を作って5000人集めたりで活動した実績 今持っているプライドをすべて捨て 本当の0から自
Okamoto Satoru
759
7

大切な人を大切にする唯一の法則

自分を愛することができない人に、人を愛することなんてできない。
 自分を大切にできない人に、人を大切にすることなんてできない。 
 何もできない自分を、それでも愛そうと誓ったあの日から、全てが変わった。 
 これは僕が大学四年間をかけて、 自分の「在り方」で生きることの意味 を確信したお話です。
 
 嘘の自分 
 大学1年。
 
 高校での留学経験から、英語が得意で入った大学。
 でも、周りは自分
Sato Masashi
177

プログラミングを学び合うシェアハウスができるまで

はじめに 僕は今(2013年3月現在)、PGHouse豪徳寺というシェアハウスに住んでいます。この家に暮らす事になるまでを改めて書いてみようと思います。 きっかけはOSSカフェ 僕はフリーランスとして働いていた時期があるのですが、 ちょっと何かのイベントで(たぶんco-meetingさんの関係だと思う)、下北沢にあるOSSカフェに遊びに行ったときの事。 OSSカフェは所謂コワーキングスペースなのです

書きかけのストーリー

Tsumura Ryuichiさんの書きかけのストーリーはありません

Tsumura Ryuichiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|