STORYS.JP

Tsumura Ryuichi

Tsumura Ryuichiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Tsumura Ryuichiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

西條 智之
435
6

「俺は早稲田、お前は獨協」そこから始まるNYの投資銀行マンへの道

「俺は早稲田、お前は獨協」私が大学を卒業して、新入社員として入社した中小証券会社で、上司から言われた言葉です。 当時の証券業界は不況で、「掃(は)きだめの証券業界」と言われていました。就職活動で行き詰まった大学生が、最後に行ける業界でした。ノルマ、ノルマの連続で、営業5年で「倫理観がマヒする」と言われる厳しさでした。 私は、高校の英語の先生から、「英語を学ぶなら、東京に行きなさい。そして、聖書を読み
間部 理仁
2970
56

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

担任「お母さん!お子さんがテスト中にいなくなりました。」 数学の試験中にいなくなった僕を心配し、高校の担任の先生が家にまで電話をしてきた。 問題を見ても全く分からないので、考えるのを止めて教室を出た。 高校三年時の偏差値は30台。試験前には担任が赤点を取らないように電話してくるほど成績が悪く、学年でビリを争う 四天王 と呼ばれるほど バカ だった。 授業中に勉強もせず何をしていたかと言うと、ゲームを
若槻 健人
98
2

彼女にふられて西日本を縦断した話

別れは突然に、、 大学生の私は、当時付き合っていた彼女にふられ、食事も喉を通らないほど落ち込んでいた。 ポジティブだけが取り柄の自分がこんなに落ち込む事に驚いた。 当時はその彼女がそれだけ、好きだった。 しかし、失恋は、時に大きな挑戦心を生み出す。 もやもやとした気持ち、 ふられた彼女を、見返したいと言う気持ちから、何か大きなことにチャレンジしようと考えた。 そこで私は、大学の仲のいい2人の友達をカ
長坂 潔
64
2

果たせなかった約束

6月の上旬、修学旅行の引率で北海道に行った。行程は、東京まで新幹線で行き、その後、東京からは夜行列車で函館に向かうという刺激的なものだった。 ... 「上野発の夜行列車降りた時から~」の歌詞で有名な、あの夜行列車である。 東京駅から夜行の出発する上野駅まで、JR山手線で移動しなければならない。新幹線のホームでいったん集合し、並んで移動などといったことは不可能であり、ましてや東京駅に着くのが、夕方の五
吉田 真也
475

今の自分は教育会社の代表取締役、大学で講師も。高校時代はまわりが東大や医学部な中、脳みそまで筋肉で体育受験そして2浪。【前編】

東大クラス・医学部クラス・その他の理系クラス 私は、小学生まで福岡生まれ、福岡育ち。 やんちゃな幼少期。ただ、親の教育方針がよかったのか比較的、学習はできる方だった気がします。 中学受験をして、九州で進学実績3本の指に入る、 長崎の私立中学に入学。九州での私立中高一貫では当たり前な寮生活がはじまります。 『自衛隊』と揶揄されるほどの厳しい寮生活。 中学1年〜2年までは毎日19時〜22時40分まで自習
清水 一貴
985
45

最も好きな物を手放した悲しみを、最も嫌いな物が埋めてくれた|偏差値27だった大学生が、四ヶ月でTOEICスコアを測定不能から865点まで伸ばした話

※2014年2月2日  記事をyahooニュースで紹介して頂きました。編集部の方、ありがとうございました。 お忙しい中僕の記事を読んでくださりありがとうございます。 いきなりですが、最初に一番言いたい話をさせてください。 もしあなたに苦手な物があっても、それを克服したいと思っているなら必ずできます。その方法を僕自身の経験をもとに、これからお話させていただきます。 僕は英語という物に対し、トラウマに近

書きかけのストーリー

Tsumura Ryuichiさんの書きかけのストーリーはありません

Tsumura Ryuichiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|