STORYS.JP

Senba Ryuji

Senba Ryujiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Senba Ryujiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

ミシェル リー
84

7.貧困女子とか言わせないためのネットショップ作り

シングルマザーたちを、少しでも助けたい。 なぜ、私がこんなネットショップ、ネットショップと書いているか、 なぜ、女が、とか月に15万、とか言っているかというと。 月に15万円、自宅に居ながらにして手にすることができれば、働きにくい女子たちやシングルマザーを、とりあえずご飯食べて家賃払って、社会的な生活ができるのではないかと思っているからです。 せっかく赤ちゃん授かったのに、いろいろと事情があって辛い
坂元 由貴
411
9

日本の企業、全体的にブラックかもしれない話

    いいかえると、日本の働く環境自体、ブラックなんではないかという話です。 オーストラリアに来て、そう思いました。 海外かぶれ、そう見えます?笑 いや、世界を知るってことは、すばらしいと心の底から感じてます。すてきなすてきな体験です。 早速ですが、なぜ私がそう感じたか、 オーストラリアの労働環境をお伝えします。 その1.  時給がべらぼうにいい。 日本人のワーキングホリデーの人がよく始めに働く場
只石 昌幸
1428
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
タナカ ミノル
704
2

1億円持ってるレベル99のニート(トレードと愛人と◯◯のコツは、みな同じでした。)【前編1】

ニートは社会に何も価値を生んでいないのか? (※注:筆者は27歳まで高卒ニート) とくに飛び抜けた容姿があるわけでもない どこにでもいるような ある女性が、 15歳の時に、ボーイフレンドから ジュース代の100円を出してもらいました。 「おごってやるよ(えっへん)」 「ありがとう(ハート)」 相手の気を引くために、おごってやる。 相手に気に入ってもらって、おごってもらう。 誰にでも思い当たるような経

書きかけのストーリー

Senba Ryujiさんの書きかけのストーリーはありません

Senba Ryujiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|