STORYS.JP

Kaneko Sachiko

Kaneko Sachikoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Kaneko Sachikoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

ほー りぃ
1473
9

僕の名前も忘れ、100万人に1人の難病を患った妻と僕の物語

  「全生活史健忘(解離性症候群)」 これが妻に告げられた病名である。 ------------------- 発症以前の出生以来すべての自分に関する記憶が思い出せない(逆向性・全健忘)状態。自分の名前さえもわからず、「ここはどこ?私は誰?」という一般的に記憶喪失と呼ばれる状態である。「記憶喪失」と同視されている。障害されるのは主に自分に関する記憶であり、社会的なエピソードは覚えていることもある。
中村 珍晴
1856
17

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート1

「人生の転機」は突然やってきます。 しかし転機はその時点で気づくことはほとんどなく、過去を振り返った時に「あぁ、あの時が…」と思うことがほとんどで、現在進行形では分かりません。 三重苦を抱えたヘレン・ケラーはこんな言葉を残してます。 ヘレン・ケラー 「ひとつの幸せのドアが閉じるとき、もうひとつのドアが開く。 しかし、わたしたちは閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気づかない。」 人生を辞めてし
中村 珍晴
1451
11

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート6

僕は小さい頃から 「自分のことは自分で決めなさい」 と両親から育てられました。 小学生のときにソフトボールを始めたときも、進学先の高校を決めたときも、両親は特に口出しすることはありませんでした。高校3年生の2月、大学合格が決まり、一人暮らしをするための下宿先を決めるときも一人で新幹線に乗り、アパートの契約をするほどでした。笑 もちろん自分で決めたことに対して中途半端な取り組みをしていたら、叱られるこ
石井 琢磨
325
9

一生、下半身麻痺と診断された父との約束

「鉄棒と水泳は俺がもらってもいいか」 父と2人で飲んだときに、言われた言葉だ。 鉄棒と水泳をどうしても孫に自ら教えたい。それを予約させてくれということだ。 父はアクティブでワイルドで、一カ所にジッとしていられない性格だった。 朝から川に行って魚を捕ってきたり、山で何か採ってきたりしていた。 公立中学の教師をしていたが、50代になっても運動会のリレーで走ったりしていたらしい。孫と公園で遊ぶときもダッシ
大貫 恵
10947
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
Handa Naoto
48773
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話

書きかけのストーリー

Kaneko Sachikoさんの書きかけのストーリーはありません

Kaneko Sachikoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|