STORYS.JP

Haruka Saito

宮田さん勝手にログインしないで下さい

ストーリーをリクエストする

Haruka Saitoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

佐藤 政樹
2432
50

内定ゼロのバンドマンが23歳でバレエを始めて劇団四季の主役になった話

内定ゼロのバンドマンが劇団四季の主役へ 就活負け組の元フリーターが劇団四季で主役まで這い上がり、その後転落して野菜を抱えて飛び込み営業をすることになったが今は復活して講演家をして生計をたてているって言ったら信じてもらえるでしょうか? 僕はそんな、ちょっとスパイシーな人生を歩いてきた人間です(笑) 就活で一社の内定もとれずにそのままフリーターとなった僕が、大手企業の人事採用担当者の方々が集まる研修会で
イサカ アツコ
115
2

【涙の最終話】 職人パパが、娘と難関私立小受験に挑戦した話

一次試験の発表があり、 3日後に親子面接本番。 泣いても、笑っても、これが最後。 前日の、幼児教室の面接模擬特訓では、 パパは、「まだまだのデキ」だけど、良いところもあると、 自信をもたせていただき、 娘は、「ほぼ完璧な仕上がり」と太鼓判をいただき、 わたしは、「早口すぎる、しゃべり過ぎるのは、よくない」と注意を受けて帰宅。 親たちが足をひっぱらないように、 まさに、そんな状況。 面接で大事なのは、
イサカ アツコ
712
2

職人パパが、娘と難関私立小受験に挑戦した話

15歳で中学を卒業。 自分で見つけた、その道の師匠のもとに住み込みで弟子入り。 20歳で独立。 九州から、東京へ。 自分の腕一本で生きてきた、職人。 学歴フィルターとか、受験戦争とか、偏差値とか、 そういうものとは無縁に生きてきた。 生真面目に仕事に向き合い、 周囲の人との信頼関係を結び、 名刺さえ持たず、自分の技術だけを頼りに働いてきた。 そんな職人がパパになった。 娘に 「よい環境、よいお友達と
白井 真一
20

脱サラをして30歳で製造業からゲーム業界に進んだ話〜別離・1〜

「やろう」と決めた時から人生の主役になれる 学校への入学が決まったらすぐさま、引っ越しの手はずと離職の手続きに入りました。 すべて一人でやり、引越し先についてはネットで調べた東京の仲介業者を頼って相談と見本をみることを12月中に済ませていきました。 ゴールが決まってくると、その途中のことは効率よく済ませることができる。 そのことを身を持って感じる日々でした。 予算を抑えるために場所を決めて、引っ越し
井上 祐巳梨
1620
12

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

タイトルの通り、おおよそカジノで億万長者になる確率と似た確率で、ものすごい倍率を突破した時のお話です。でもこれは、私1人の話というよりは、応援してくださった方々全ての人たちのストーリーであると思っています。 オーストラリア政府の「世界最高の仕事」、ご存じでしょうか。2009年にクイーンズランド州にあるハミルトン島で「アイランドケアテイカー(島の管理人)」を世界的に募集をしたアレです。「楽しく暮らして
Love Juri
345
6

ナイジェリア人の旦那の為にアメリカの警察と戦った勇敢なる日本人妻

ある日の朝方3時半頃に車の警報が鳴り始めた。ナイジェリア人の旦那は自分の車の警報だと気付くとベッドから飛び起きた。するとなんとベランダの真下に駐車してある愛車から怪しい男がスピーカーを盗もうとしていたのだ! 旦那は直ぐに警察に電話をかけた後犯人を捕まえようと思ったのかアパートから飛び出て行った。私は当時3歳の息子が眠っていたので警察もくるし大丈夫だろうと様子を見守っていた。 しばらくすると警察が来た
Kato Yuki
4718
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
Suzuki Nana
299
7

【上海に奇跡を起こした男の物語】〜情けは人のためならず・父の想い出①

父は、かつてある日中合弁会社を一気に黒字に転換させ、 それは「上海の奇跡」と呼ばれました。 その奇跡の裏にはなにがあったのか・・・ 歳をとった父がしてくれた話です。                     こんな話をすると、自慢話のように聞こえるかもしれんが、        まあ、人生の経験として話そう・・・ 父が、あるテフロンのフライパンを作る日中合弁会社の社長を頼まれていた時の事。 部下の一人の
金澤 はづき
199
7

ネットを居場所として生きる子供達 -ネットで生きた私から-

私のネット人生はこうして始まった。 父はパソコンを修理する仕事をしていた。 そのせいか、私が小学4年生の時点で自分のパソコンを持っていた。 小学校の時はインターネットには繋がってなく、 CD-ROMで英語の勉強をしたり、 アクセサリに入っているカードゲームをしていた。 その頃はそれで十分楽しかった。 けど、段々と物足りなくなっていった。 そして、私は中学に入学した。 中学に入学したら父はインターネッ
志 帆
1780
11

バカ女子高生だった私が、東大に受かった次の日、「バカだと思ってた」と言われた話。

遅刻は年間60回以上。よく補習に顔を出す。 テストで2点を叩き出し、隣のクラスにまで知れ渡る。 サボリが多く、「あと一回授業を休んだら留年です。出席して下さい。」という手紙が先生から届く。 試験をサボって友人とラーメンを食べに行き、追試をくらう。 授業態度の悪さから、座席は常に一番前の列、真ん中の「お見合い席(うちの高校ではそう呼ばれていた)」。 そんな、ふざけた高校生でした。 「大学行かないで、中

書きかけのストーリー

Haruka Saitoさんの書きかけのストーリーはありません

Haruka Saitoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|