STORYS.JP

大光寺 咲希

大光寺 咲希の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

大光寺 咲希の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

瀬良 友秀
1355
36

一生治らない難病にかかった高校生が、絶望の淵から10年かけて病気を完治させ、年商2億円の実業家になった話

プロローグ:本気で”死”について考えたことはありますか? あなたはこれまでの人生で 「本気で”死”について考えたことはありますか?」 おそらくほとんどの方が、答えは NO だと思います。 しかし僕は数年前、 ”死” に本気で向き合ったことがあります。 というより、向き合わざるをえなかった。 それは、当時17歳だった僕には 到底受け入れられない現実でした。 これは17歳の高校生が、 一般的に一生治らな
真田 孔明
128
6

ストーリーJPで連載で出版!のジンクスは本当だった!?本日KADOKAWAより出版した僕の出版前後の実話

もともと僕が、ストーリーJPのことを知ったのは、僕のプライベートの友人である阪口祐樹さんから紹介されたのがキッカケだった。 阪口裕樹さんは、2013年末頃からストーリーJPで連載を開始。その結果、すぐに出版社からお声がかかり、『うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話』を、朝日新聞出版から出版することになった。 先日、阪口裕樹さんは、僕の住むマレーシアジョホール
青峰 隆
538
30

20年の月日を経て明かされた出生の秘密。他界した母親が僕に望んだこと。

僕は生みの母親の顔の記憶は無い。どんな人なのかも知らなかった。 ただ、ずっと疑問に思っていた。 なぜ、僕が生まれて来てすぐに亡くなったのか。 僕はなぜ生まれてきたのか。 「♪♪♪〜♪♪♪♪〜」 ジョージ・ウィンストンのLonging / Loveが鳴り響く。 父親が弾くピアノはいつもこの曲だ。 30年経った今も曲目は変わらないから 僕が生まれる前からずっと弾いているに違いない。 だからこの曲を聞くと
華 はな
272
2

小学校教員が安定した職を捨て、家族を日本に残し、発展開発国に単身赴任した話(2)

憧れの小学校教員に!でも実態は……。 娘が小学校に上がるのと同時に、 私も晴れて小学校教員になれました。 娘を育てた経験から、 「子どもたちにはこういうことを教えたい!」 というものがありましたし、 つれあいが一足先に教員になっていたので その様子を見ながら 「私もこんな学級経営をしたい!」 というものがありました。 ところが、実際に教員になってみると…… 理想と現実のギャップにさいなまれることにな
華 はな
403
2

小学校教員が安定した職を捨て、家族を日本に残し、発展開発国に単身赴任した話(1)

私が教員になったのは、娘が小学校に入る年でした。 実は私は教員になる気など全くなく、大学は第一希望も第二希望も、「女に学問はいらない」と親が反対する理学部を受験しました。 その代わりに第3希望は「女の子は公務員になるのが一番幸せ」という両親の思い込みを満足させる、教員養成系の大学を受験することにしたのです。 結果、第一希望、第二希望の受験には失敗し、行きたくもなかった第3希望の大学に進むことになりま
阪口 ユウキ
38994
211

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
阪口 ユウキ
4887
50

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。 2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。 しかし三年半前、 僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。 今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。 ※この話は2014年4月、朝
麻丘 亜希
1099
12

海外ノマドな姉が、引きこもり4年目の弟を芥川賞作家にしようとする話

私は現在、起業4年目です。 自分でデザインしたエプロンを、ネットショップで販売しています。 ショップ運営の他には起業支援、時間と場所にとらわれない働き方を目指す「海外ノマド倶楽部」のディレクター(運営)をしています。 基本はどこでも仕事が出来るので、国内外を問わず気分や気候に合わせてふらっと出かけています。 午前中は仕事、午後は観光。 30歳、まさに 独身貴族です。 そんな私には、引きこもりの弟がい

書きかけのストーリー

大光寺 咲希さんにもっと聞きたい話リクエストする

|