STORYS.JP

永田 咲耶

永田 咲耶の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

永田 咲耶の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kato Yuki
4523
106

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
山崎 郁馬
118

社内恋愛にやられてミャンマーに高校からの友人たちと移住した話 前編

どうも、こんにちは。元海外添乗員の山崎郁馬です。 詳しくは こちら をご覧いただければと思います。 実はもと海外添乗員のぶっちゃけ話 その1を書いてから1年経ちました。一区切りということでちょっとまたStoryを書いてみようと思います。 さて、この中でもお話ししていますが今ミャンマーに住んでいます。 高校〜大学時代の友人達と共に引っ越してきて同居しています。 移住のきっかけや生活なんかを書いてみます
山崎 郁馬
397
12

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 最終回

思いつきで始めた『もと海外添乗員のぶっちゃけ話』も今回で最終回です。 もしかして初回から追いかけてくれた奇特な方もいらっしゃるかもしれません。この最終回だけクリックした方もいるかもしれませんね。 ご縁があった全ての方にお礼申し上げます。ありがとうございます。 最終回なのでちょっと青臭いことを話します。 『旅とはなにか』 旅ってなんなんでしょうね。 これまで家族と、親戚と、友人と、彼女と、1000人近
山崎 郁馬
3790

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その11 注意一秒怪我一生。アンケート至上主義。

添乗員は誰も信じてはいけない。 というのが前回登場した先輩から教わった 添乗員の鉄則 です。 ホテルのポーターさんが『スーツケース全部バスに乗せたよー』っていうのを信じて、バスで10時間移動したら一個足りなかった。 とか普通にあります。 ホテル関連でいうと、 モーニングコールとか、タオルとか、水回りの修理とか、 その他諸々よく忘れます。 どんな高級ホテルだろうが、働いてるのは人間ですから 結構ミス多
山崎 郁馬
3572

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その10 思い出のクロアチアと銀縁メガネの鋭い眼光

わー!記念すべき10回目!一人でお祝い!ばんざーい! ここまで続いたのも皆さんのお陰です。感謝感謝です。 ところでStory.jpの『連載』に掲載されるにはどうしたらいいんだろう? なにはともあれ、今後ともよろしくお願いします。 なに書こうかなーと悩みましたが、キリもいいので思い出話です。 クロアチア (初添乗時。笑顔がこわばっています) クロアチア は私にとって非常に思い入れがある国です。 添乗
山崎 郁馬
4274

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その9 人気添乗員のファンに迫る!

前回のお話で 「添乗員のファン」 なんて言葉が出ました。 今回はそれについてちょっとご紹介。 ツアーの営業の特殊な一手 ツアーというのは最小催行人数に達さないと出発出来ません。 でも、営業努力だけでは達せられないことがあります。 そこで登場するのが添乗員固定集客、通称 『行きます集客』 です。 人気添乗員 は、お客様を集めることが出来るので、ツアーを成就させることが出来、さらなる出世や将来性が見込め
山崎 郁馬
4444

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その8 ガイドさんのいろいろ

ガイドさんとの待ち合わせ 到着後、入国審査〜ターンテーブル〜税関を抜けたら出口を抜けます。出口で看板を持った人たちが並んでるのをご覧になった事がある方も多いでしょう。 そこでガイドさんと顔合わせです。 ガイドさんは大きく分けて 2タイプ。 到着空港から出発空港まで一緒してくれる スルーガイド と場所場所で付いてくれる スポットガイド です。基本的に 発展途上国ではスルー、先進国ではスポット と分けら
山崎 郁馬
4390
2

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その6 OMOTENASHI

はい。飛行機が現地到着しました。 最近アレですよね、シートベルトサインが消えてから立てって言われてるのに守らない人増えましたよね。 早く立った所で出る順番大して変わらないんだから座ってろよ って思います。 シートベルトサインが消えたら勝負所。添乗員は最初に降りないといけません。知り合いのCAがいる飛行機だと降りる時だけビジネスの空いてる席に座らせてもらったりします。最近厳しくて出来ないですけど。 お
山崎 郁馬
4629

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その5 航空機にて

ようやく搭乗 飛行機に乗ったら、一安心。 というわけにはいきません。 手取り足取りになれているお客様はCAさんより添乗員を好みます。なぜならなんでも言うことを聞いてくれるから。 ビジネスクラスのモニターの使い方なんてCAに聞いてくださいよ。俺航空会社の人間じゃないんだから。 『なんか恥ずかしくって…』 ちょっとキュンとしたぞ、おばあちゃん。 皆様が着席されてから航空機が動き出すまでにお客様にご挨拶。
山崎 郁馬
5308
2

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その4 そろそろ出発〜空港にて

その1の星の数が200を越えました。ヒー!恐ろしい。 もう少し間をあけた方がいいかなーと思ってましたが、ここまで読んでくれる方がいらっしゃることに感謝しつつ早速更新したいと思います。 空港到着 話は回り道をしましたが、なんとか空港に到着。団体カウンターへ行って、ゴソゴソと自分用のカウンターを準備します。 まぁ大体他社さんと並び合うわけで、挨拶しながらお互いツアータイトルをチラ見しつつ「このツアー、い

書きかけのストーリー

永田 咲耶さんにもっと聞きたい話リクエストする

|