STORYS.JP

三田 サンジ

趣味は、飼っている猫と戯れること。アニメを見ること。ゲームをすることです。

ストーリーをリクエストする

三田 サンジの人生のストーリー

大事な事はすべてパチスロから教わった(第1回)いきなり7万円勝ち 

【師匠との出会い】 これは僕がまだ23歳だったころの話だ。 僕は当時バンドをやっていた。地方から上京して東京でそれなりに音楽活動を行っていた。 しかし、ある事情でメンバー間は衝突を余儀なくされ、解散した。 全く新しいバンドメンバーを作り、また音楽活動を再開しても良かったのだが、 そんな気力も失せ、僕は地元に帰ってきた。 地元に帰ってきた僕は、何もやる気が起きず、働きもせず実家で引きこもり生活をしてい

バンド活動をあきらめ、地元に帰り、何のやる気もなく過ごしていたそんなある日の事、僕はある人物に出会った。その人物が後に僕の人生を変えることになろうとは…

大事な事はすべてパチスロから教わった(第2回)パチンコはギャンブルではなく労働

【パチンコはギャンブルではない、労働だ】 川田君に7万円を叩き返した僕だったが、逆にまた川田君に叩き返されてしまった。 川田 何か裏があると思ってるんでしょ? 僕 うん。 川田 バレたか(笑) 僕 やっぱり・・・ やはり裏があったのだ。そもそも美味しい話には裏があると相場で決まっている。 人が急に優しい事をしてくれた時は、大抵何かあるもんだ。 すると、川田君が続けた。 川田 裏があるって言っても、そ

パチンコに良いイメージが持てない僕は、弟子にならないか?というせっかくの提案を断ろうとする。しかし…

大事な事はすべてパチスロから教わった(第3回)勝ち続ける為に絶対に必要な3つの力

はれて川田君の弟子になった僕は、今までの引きこもり生活が嘘だったかのように、慌ただしい毎日を送るようになっていた。 僕のある日の一日の流れを簡単に説明しよう。 6:00 起床 7:00 川田君の家に迎えに行く 7:30 パチンコ店到着 二人で並ぶ 待っている間に前日データの確認、今日の狙い台決め 常連さんとのコミュニケーション 雑誌で新機種の情報収集 10:00 店開店 目標台確保 打ち始める 12

僕が人生を生きて行く上でのバイブルになっている3つの力。これさえあれば、これからどんなところでも生きていけるだろう。その3つの力とは…

大事な事はすべてパチスロから教わった(第4回)弟子入りした僕が最初の30日間実行したこと

1.分析力 2.忍耐力 3.コミュニケーション能力 僕は3つを意識して、ひたすら実 践するようにした。 まずは、 分析力 。 最初は師匠の見よう見まねで、毎日閉店間際にパチンコ店に行き、 全台のデータをメモ帳に書き込むことから始めた。 書き込む内容は、一日の総回転数、BIGの数、REGの数、現在の回転数だ。 そして、それを一ヶ月間続けた。 その間の一ヶ月間はスロットは打たなかった。 そして、30日間

パチプロに弟子入りした僕は、早速師匠の教えを実行する。30日間僕はスロットを打たずにひたすら…

大事な事はすべてパチスロから教わった(第5回)無心で打てば不安は消える

30日間、毎日ひたすらデータ分析、シュミレーション、 そして常連さんとのコミュニケーションを行い、 いよいよ僕が ホールデビュー する日が来た。 最初の軍資金は 7万円 。 この7万円は、師匠から頂いたものだ。 僕が弟子になることと引き換えに、このお金をもらったのだ。 パチンコやスロットを本気でやっていくのに、正直7万円じゃ少ない。 最低でも20万円ぐらいないと、心に余裕が無くなり、冷静な判断が出来

いよいよホールデビューの日がやってきた。30日間のデータとシュミレーションを武器に、僕は狙い台を決めた。しかし...

大事な事はすべてパチスロから教わった(第6回)勝てば質素に負ければ豪遊

3万6千円を投入したその瞬間!! きた!! BIGだ! 思わず、ガッツポーズをしてしまった。 隣に座っている兄ちゃんも僕に同情してくれたのか、 『やっと当たって良かったね!』 と言ってくれた。 それから僕の台は爆発した!! のなら良かったが、そうはならなかった… しかし、徐々にではあるが確実に、持ちコイン数は増えていった。 大きくハマることもなく地道にコインが増え、ようやく1200枚ぐらいになった。

やっと大当たりをひいた僕は、そこから徐々にコインを増やし始めた。そしてある事を確信したのだった!それは...

大事な事はすべてパチスロから教わった(第7回)これを100回続ければ勝てる

華々しいデビューから1週間経った僕は浮かれていた。 全戦全勝までは行かなかったが、1週間の勝ち額が20万円を越えていたからだ。 川田君 ちょっと最近、三田君勝ち過ぎじゃない? 僕 そんなことないよ!だって川田君だって結構勝ってるでしょ? 川田君 俺は師匠だからね(笑)でもここ1週間の勝ち額は、俺より三田君の方が上だし!悔しい(笑) 僕 自分でもびっくりしてるよ!こんなに勝てるなんて思わなかったもん!

デビューから1週間経った僕は浮かれていた。1週間の勝ち額が20万円を越えていたからだ。スロットなんて簡単だ!そう思い始めていた僕に試練が訪れる...

大事な事はすべてパチスロから教わった(第8回)設定6の確率以上に出た台はやめる

悪夢の大負けから一夜明け、 僕は気を取り直して、いつものようにパチンコ店に並んでいた。 もちろん師匠と二人で。 今はまだ、朝の7:00。 いつもより少し早いが、 今日は絶対に人に譲れない狙い台があったのだ。 もちろん、僕が昨日打っていた台。 この台を誰かにとられるわけにはいかない。 師匠からも、『 昨日の打っていた台は、絶対に誰かに渡してはいけない 』 と指令が出たので、今日はいつもより気合いを入れ

悪夢の大負けから一夜明けた。僕は気を取り直して、昨日のリベンジを果たすため、昨日と同じ台を確保する。そして...

大事な事はすべてパチスロから教わった(第9回)打たなければ負ける事は無い

デビューから1ヶ月経ったある日の13:00 僕はパチンコ店の休憩スペースにいた。 今日は狙い台がなかったので、朝からずっと休憩スペースにいる。 師匠は狙い台があったので、そっちにいっている。 なかなか良い台が空かない。 僕らは、いつも朝から並んでいるが、 これといった狙い台が無かったときは、 いつもこうして休憩スペースで待機している。 それは 隠れたお宝 を探す為だ。 前日までのデータだけで、すべて

狙い台がない僕は休憩スペースにいた。すると少し気になる台が空いた。打ってもいいかなぁと思ったが、一応師匠に確認することにした。すると師匠が意外な発言をした...

大事な事はすべてパチスロから教わった(第10回ラスト)人に与え続ければいつかは返ってくる

僕が師匠と一緒にスロットを始めてから、はや2年が経った。 僕は、そろそろパチプロは引退しようと思っていた。 その理由は2つある。 1つは、やりたい事を見つけた事だ。 ある程度、お金も貯まり、やりたい事が出来るほどの資金が出来た。 “地元を離れ、自分のやりたい事をやろう" と最近、思うようになったからだ。 別にパチプロをしている事が嫌になったわけじゃない。 毎日師匠と一緒に面白おかしくパチプロをするこ

僕が師匠と一緒にパチスロを始めてから、はや2年。僕は一つの大きな決断をしようとしていた。それを聞いた師匠は...

僕のパチスロ理論が破綻した!神の手を持つ男の話

プロローグ 世の中には、確率や理論では説明できない事柄がある。 決して、数字では表すことが出来ず、そして科学的な根拠もないもの。 それが"運の強さ”だ。 僕はこれでも論理的な思考を持って生活しているつもりだ。 物事にはすべて、それを巻き起こしただけの理由がありきっかけがある。 そして、それはすべて、数字や確率で解明できるものだと思っていた。 そう、思っていたのだ。 ある人物に出会うまでは・・・ 藤沢

世の中には、確率や理論では説明できないことがある。それが、"運の強さ"だ。僕はある人物と出会って見えない力に遭遇する。それは今までに経験したことのない不思議なものだった...

読んでよかったストーリー

志村 嘉仁
47

【3】禁煙ゲーム✖️バツ〜禁煙をやめた僕が、7年間、ストレスなく吸わないだけを追究し、愛煙家友達との出会いから愛煙を深め、吸えない不自由から完全に解放された話〜【一本吸っても喫煙者には戻らない確信と根拠】

【禁煙ゲーム✖️〜 実況セラピー〜】 http://www.mag2.com/m/M0057405.html まぐまぐから配信中です! 一本吸っても喫煙者には戻らない確信と根拠。 喫煙者には戻らない、というか、そもそも「 禁煙宣言したところで喫煙者に変わりはない 」んだから、 その心配をしてる時点で人生を無駄にしてると断言できる。 「 一本吸ったら喫煙者に戻るというのは迷信 」 だと禁煙掲示板に書き
志村 嘉仁
38

【2】禁煙ゲーム✖️バツ〜禁煙をやめた僕が、7年間、ストレスなく吸わないだけを追究し、愛煙家友達との出会いから愛煙を深め、吸えない不自由から完全に解放された話〜【タバコは人間を選べない。】

【禁煙ゲーム✖️〜 実況セラピー〜】 http://www.mag2.com/m/M0057405.html まぐまぐから配信中です! タバコは人間を選べない。 現実的に考えて、まあ間違いなくそうだろうなと想ったことがある。 それは、 「 タバコは、吸ってもらえる人間を選べない 」 ということ。 美味い一服を楽しみたいと想ってくれた人に吸われるか、吸いたくないのにタバコに吸わされるという悪意で吸われ
志村 嘉仁
49
4

【1】禁煙ゲーム✖️バツ〜禁煙をやめた僕が、7年間、ストレスなく吸わないだけを追究し、愛煙家友達との出会いから愛煙を深め、吸えない不自由から完全に解放された話〜【はじめに】

【禁煙ゲーム✖️〜 実況セラピー〜】 http://www.mag2.com/m/M0057405.html まぐまぐから配信中です! はじめに 今このページを開いてくれているということは、少なからず「 タバコをやめたい気持ちがある 」からだと想う。 しかし、禁煙宣言をしては挫折、禁煙本を読んで 「 なんか、やめられる気がする! 」 と思っても結局吸ってしまう。 そんなことを繰り返し、精神的に疲れ果
深浦 希峰
229
13

戦後南米ボリビアに渡った私の祖父母達の話

南米 ボリビア ,その第2の都市であるサンタクルスから車で約2〜3時間,そこに私の故郷である「日本人移住地‘ サンファン ’」がある. 今でも日本人が約800人ほど住んでいるこの村に,私の祖父母を含む 1世たちが移住した のは今から約60年も昔のことである. 第二次世界対戦後, 経済難 と 食糧難 に喘いでいた 日本政府が打ち出した移民政策 . それに乗っかって 新天地 を求めた 1世たち約1600
Ken Zhao
178
3

ここが変だよ中国企業

反省しています。 ここが変だよ日本企業 がヒットしてしまい焦りましたkenです。 酔っぱらいながら書いたダサい文章がなぜか話題のストーリーに掲載されてしまい、ここに週間ぐらい携帯のメールとfacebookの通知が鳴り止みませんでした。ネットってすげーなと感動を覚える反面、注意しなくてはならないなとか、もっとマシな文章を公開すべきかなとか色々考え、今まで書けていませんでしたが、 まぁもういいや。 今回
笹嶋 政昭
162
2

9.11の時のこと

 9.11同時多発テロに出くわした時のこと。これを境に私の人生も変わり、アメリカの運命も変わった。  同時多発テロ発生前日、私は自分が経営に関わっていたアメリカ企業の仕事で、台湾政府関係者を連れて自分の会社の研究所のあるイーストハートフォードに。夜はボストンに移動し、ボストン郊外のブルックラインの中華料理店にて接待。何しろ大型案件第一号。同時にアジア統括本部を台湾もしくはシンガポールに設置という話の
大川 将吾
202

高校生が突然ヒッチハイクしだす話。

僕は大阪生まれ大阪育ちの18歳高校生 大学も10月に決まり高校生活最後のテストも終わり 長い3年間の高校生活から解放された 2月の出来事である。 2月が半分過ぎたころの僕というのは 毎日寝て食って糞して寝るの ニートだった。 僕は昔から日本一周する人やヒッチハイクで各地を飛び回る人などのブログを見るのが好きで いつかやってみたいと思っていた。 僕はそこである事に気づく… 「今できるんじゃね?…」 そ
木藤 勝則
1449

難病と向き合う!!

CIDPという病気をご存知ですか? ”誰でも突如訪れるかもしれない不治の病。あなたは病気について深く考えたことがありますか? 私は持病を持つまで難病と言う言葉さえ知ることが無く暮らしてきました。もしもまだ、元気な身体でいられたら・・・そんなジレンマを持ちながら難病CIDPと闘病中の私のストーリーをご覧ください。” ※CIDPとは(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)の略語です。20万人に1人~3人の発症例で
Sasajima Kayo
640
6

アメリカ人元貴族との異次元交流(1)

  誰にでも心のヒーローがいますよね。  私は大学時代に読んだ小説がずっと心に残ったまま、何年たっても色褪せることがありませんでした。ITやらバイオやらビジネスの世界に身を置きながら、命の洗濯と称して、その作家のリサーチだけはずっと続けておりました。  そんなある日、私の強い思い入れが通じたのでしょうか。ひょんなことから、その作家とメールでやりとりするようになりました。アメリカ社会は階層社会です。生
小林 佳徳
1000

ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(1)

きっと、就活生にも、社会人にもある、「働く」ことに対する日々の迷い ※去年、こちらで書いたストーリーが意外に好評だったので、もう少し当時を振り返り、もっと伝えたいこと、そしてこれからに少しでも役立ちそうなことを書こうと思いました。 -------------------------------------------------------------------------------------

書きかけのストーリー

三田 サンジさんにもっと聞きたい話リクエストする

|