STORYS.JP

遠藤 里美

遠藤 里美の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

遠藤 里美の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

山口 友里恵
659
18

生まれ変わったら『絶対に男になりたい』と30年間思い続けた“専業主婦”が女の世界に飛び込んだ理由 〜キッカケはある日、突然に〜

この話は、生まれ変わったら絶対に男になりたいと思っていた友達"Mさん”の話。 初めて2人でしゃべったのは、森の中のテント。その日はそこで二人で寝ました。 この不思議な出会いから始まったストーリーは、やがてMさんを暗い海の底へと 潜らせることになるのですが。。。 私は女の世界が嫌いだ 「生まれ変わったら、絶対に男になりたい」 それは、わたしがずっと思っていたことだった。 女の世界が嫌いだ。 表面上仲良
宮下 甲子郎
3727
20

学歴フィルターを無視してFラン大学の学生に内定を出した話

「うちはマーチ以上しかとらん!」 人事室室長が顔を真っ赤にして罵声を浴びせてきました。 営業を数年経験した後に、人事部に配属になった私は、はじめこそ上のやり方に従って採用活動をしていたものの、次第に会社のやり方は間違っているのではと疑問を持つようになっていました。 いつも人を見下したような態度をとる東大出の人事部室長は、学歴差別主義者で「学歴と仕事の出来は比例しとる」という考えの持ち主でした。大阪出
本間 祥生
363
16

別れの夜はペヤングカップ焼きそばと共に

ホームステイ最後の夜。 僕は一人キッチンでペヤングにお湯を注いでいた。 「これで最後かぁ。」 ホストハウスには僕一人。荷物をまとめたスーツケースはすでに玄関に置いてある。 「ホームステイ最後の夜が一人って…」 そのペヤングは、いつもよりしょっぱかった。 (画像はイメージです。手前は僕ではありません。) ホームステイ。それは運。 子が親を選べないのと同じように、ホストファミリーは選べない。 ホームステ
Kato Yuki
4809
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
西出 壮宏
139
3

自分が伝えたいことのために必要な言葉を選べるということ。

特別じゃない人生の中で、見つけた大切なこと。 テレビに出てくるスポーツ界のスター、芸能人、著名実業家。これらの人達の人生は一般人からするとほんとびっくりな人生を歩んでいる。僕を含め、多くの人はそうじゃない。 それらの人達を否定するわけではないが、経験に色物的側面があるからこそメディアが興奮し、 著名であればあるほどメディアはその経験をクローズアップし、世の中に拡散し、世間はその経験に賞賛と同調、ある

書きかけのストーリー

遠藤 里美さんの書きかけのストーリーはありません

遠藤 里美さんにもっと聞きたい話リクエストする

|