STORYS.JP

岡部 聡美

Unleashing an unspeakable evil!!!!
They call me Satomi.
It's honor to see you.

ストーリーをリクエストする

岡部 聡美の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

花井 直哉
432
3

細菌性髄膜炎になった娘に気付かされたこと③

細菌性髄膜炎になった娘に気付かされたこと③ 生まれてすぐ大病にかかった娘の話 娘が生死をさまようこと この写真は、命が助かると聞かされてやっと撮れた写真だ。 生まれた時よりも体重が少なくなっていた。 みーちゃんが死ぬかもしれないという状況は僕に大切なことを気付かせてくれた。 その一つが障害についてだ。 障害は幸せの障害にならない みーちゃんが生きてくれたという幸せの前に、障害があるかなんて小さな問題
Takai Rei
520
5

人生で必要なことは全て旅先から学んだ。 お金

お金 旅をしていると 「お金ってなんなんだろう?」 と考える時がよくある。 日本での1ドルはジュース1本。 貧民国にとって1ドルは1週間の食費になる。 ミャンマーで忘れられないエピソードが2つあった。 キンプンという村のゲストハウスで働いていた青年。 彼は22歳で大学の2年生だったが、去年病気になってしまい学費が払えず休学していると言う。 学校の学費は年間100ドル。 1万円だ。 日本なら飲んで騒い
Kato Yuki
4873
110

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
Kato Yuki
20192
33

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進

書きかけのストーリー

岡部 聡美さんの書きかけのストーリーはありません

岡部 聡美さんにもっと聞きたい話リクエストする

|