STORYS.JP

Maruyama Satoshi

マルといわれることが多いです。専ら。
I'm maru.
いまはユナイテッドでベンチャーキャピタリスト的な立ち位置です。
気付けば10年くらいインターネットビジネスと資本市場の2つに関係しているんだなぁとしみじみと思うわけです。
Twitterは@maru0
blogはhttp://blog.livedoor.jp/cachaca/

ストーリーをリクエストする

Maruyama Satoshiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Tanzawa Tan
361
6

キャリアプランとかいうけど先が見えたら辞めたくなるもんじゃないかな。

初めての就職 かれこれ20年前。簿記の専門学校を卒業して初めて職についた。「就職氷河期」という言葉はそれ以降も何度か聞くけど私の時代もちょうどバブルがはじけてすぐの就職氷河期だった。 簿記専門学校でもらった税理士事務所のパンフレットから「雰囲気」で決めたのはbig4(グローバルな会計事務所と連携している日本の4大監査法人)のグループ税理士事務所のひとつ。根拠のない自信に満ちあふれていた私は一切臆する
Kai Koutaro
203
8

宮崎の片田舎で育った少年が、旅行事業で世界を目指しているたった1つの理由。

「ガシャン」 手元を見ると、両手に手錠がかかっていました。 南米・ベネズエラで、私は頭のなかがふっと真っ白になりました。 すぐに、混乱、悔しさ、絶望といった感情の波が押し寄せてきました。 ある都市のバスターミナルの中のトイレから出てきた警官と、手錠をかけられて両手を引っ張られるアジア人。 こちらに気づき、寄せられる好奇心の眼差し。 次に私の心を襲ったのは、自分の力の儚さ、無知、情けなさ、危機感、そ
和田 圭祐
57

笠井レオさん(Booklap)との出会い

CoffeeMeetingが正式にリリースされて、Facebookのタイムラインを賑やかしていたのですが、自分は『新しいサービスはとりあえず使ってみる』という習慣がありまして、早速触ってみてました。丁度IncubateCamp(3rd)の募集がはじまっていたこともあり、若い起業家の方と出会えるとラッキーだなくらいの期待値でおりましたが、登録して速攻申し込んできたのが笠井さんでした。 彼は大学生でした
大柴 貴紀
39

インターネットのことを調べはじめたきっかけ【リクエスト案件】

丸山パイセン、リクエストありがとうございます。 「インターネット界隈の事を調べるお」というブログを始めたきっかけというのは特に無くて、いくつもテーマを特化したブログを運営してて、「インターネット界隈に特化したのがあってもいいかな」と思って気軽に立ち上げんです。 界隈の事を調べるのは、忍者システムズからサムライファクトリーに変わったあたりからやっていて、相関図なんかも描いたりしていました。売上やサービ
Tanzawa Tan
165
1

そしてキックボクシングジムオープン

田舎が嫌で18歳で上京→税理士へ 「税理士になるために東京に行く」と親に言ったら意外とあっさり了承され引き止められることなく18歳で東京へ。選抜クラスにギリギリ入って毎日ひたすらお勉強。かと思ったら恋をする。でもその恋に破れてやっぱり結局お勉強。21歳で大手監査法人グループの税理士法人に就職。23歳で税理士合格。結婚できずとも手に職ついた。 税理士法人には7年半在籍。冬忙しく夏は比較的余裕があったの
Kinoshita Yoshihiko
166

深夜2時半のピンポン

2013年5月22日深夜2時半にピンポンが鳴った。 この日は少し夜更かしをしており起きていた。一回ピンポンが鳴った際に、比較的高齢者が多い住宅街に住んでいるのですが、まぁ酔っぱらいでもいるのだろうかと思い、スルーした。 すると1分も経たないうちにもう一度ピンポンが鳴る。さすがに不審に思ったが、かなり気持ち悪かったのでまたスルーした。 また1分もしないうちに、ドアをノックする音が聞こえる。それも不審に

書きかけのストーリー

Maruyama Satoshiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|