STORYS.JP

Shibuta Satoshi

Shibuta Satoshiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Shibuta Satoshiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

小林 高志
1349
2

30代半ばのオッサンが起業した話 第1話

今からさかのぼること3年前。 平日の3日間は本社勤務で、商品の梱包、商品の発送 。 ウッドパネル用の画像の補正、753シーズンは台紙の作成なんかをやっていた。 ( 要は雑用 ) 土日は、実店舗で子供連れの家族の撮影。 当時の会社にはシステムエンジニアとして入社 したが、 入社したての頃は、3キャリア向けの公式サイトの運用をやったり、 当時流行っていたSNSアプリのプロジェクトを任されていたが、 気が
山本 顕太郎
2612
48

家庭崩壊で鬱病寸前だったクレープ屋の僕が、○○○に出会って人生が180°変わった話

<第1章> 『絶対にすぐ潰れる』 友人や親戚にそう言われながら開業したクレープ屋が 8年目 に入った。 今だから言えるが、僕自身も 「もって2年だろうな」 と思いながら開業したのである。 ■「もって2年だろうな」と思った理由は2つある。 ① 自分の納得のいくクレープが完成していないのにオープンせざるを得なかった。 ② そもそもクレープ屋なんて都会もしくは大型ショッピングセンターでしか成立しないと思っ
水本 敦則
487
8

絶対に破れない約束

僕には、絶対に破れない約束があります。 約束の内容は、あまり具体的ではなく、明確なゴールが合わるわけでもないので、他の人からはあまりわからないのですが、自分にとってはめちゃくちゃ大事なことなのです。 では、その約束は何かについて書く前に少し前提となるお話を書いておきます。 今から9年前のことです。僕は自分の人生がどうにかなってしまうのではないかと思って、毎日を過ごしていました。 その3年前に京都の美
雫石 雪乃
1004

震災が私にもたらした能力《第1話》ー衝動ー

きっかけ ある日、ふと、 私 占い師に観てもらいたい・・・ という衝動に駆られて、インターネットで占い師を探した。誰でもいいという訳ではなかった。本当のことが分かりそうな人。真実だけを伝えてくれそうな人。そんな人を捜していた。 なにを観てもらえばいいのかは自分でも分からなかった。でも、とにかく観てもらわなければという思いだけがどんどん膨らんでいき、そのえも言われぬ焦燥感を自分でどうにかすることは出来
Kawaguchi Yoshiki
1997
21

MacBook Airが愛媛県警察を「ちょっとだけ」動かした話。

これは...もしかして...詐欺、なのか?? この壮絶な物語は、いまから3か月前の友人のフェイスブック投稿でした。 友人 MacBook Airを4万円で買ってしまった~。インターネットすごい!! ちょうどその時僕もなんとかMacBook Air を安く手に入れられないかと考えていたので、その友人にどうやってそんな破格で手に入れたのかを聞きました。(ちなみにMacBook Airは新品で買うと10万
梅津 久和
949
31

レッドブルは本当に「翼をさずけてくれるのか」、を90日間試してみた“名もなき男”の人体実験結果。

レッドブル、翼をさずける。 Red Bull Gives You Wings この物語は、ある「名もなき男」が、レッドブルのキャッチコピーを真に受けたことで始まった人体実験結果の話である。 2014年3月27日@東京赤坂 「まずは、自分で自分を ○○ させた上で、やりたいビジネスをはじめること。」 「その術を覚えないと、“ 我慢しないで生きる力 ”は手に入らないし、昔のオレのように違和感だらけの人生
金子 輝昭
796
9

海外で起業し、【500万の赤字】と【リストラ】を経験してやっと学んだ「○○がない事したらあかん」という話。

Gong 皆さん。そして、将来の俺。○○のない事は絶対せずに、○○のある事を一秒でも早く実行すれば成功に近づく。二度と○○の大切さを忘れないために、二度と同じ失敗をしないために、そんなストーリーです。 この話はセブ島で起業し、東京に撤退する事になった僕の失敗談です。 初めまして!Gongです。 早稲田を退学して、20歳で公認会計士試験に合格し、 24歳の時にプログラマに転職して、25歳で独立。 そし
大柴 貴紀
1263
10

16歳夏の忘れられない悲しい出来事

これまでの人生で最も勉強をした時期である中学3年の冬。僕の勉強机は家族の寝室の一角にあった。夜遅く勉強する時は部屋の電気を消し、机の蛍光灯だけで勉強した。傍らには家族が寝ていた。机の蛍光灯が寝ている母親の顔に当たらないように工夫したりした。この頃、母親の体調が急激に悪くなっていた。 母親の様子が少しおかしいなと気づいたのは秋くらいだった。これまで就寝時以外に横になっているのを見た事がなかったが、この
安藤 菜々子
891
37

パパが仕事を頑張れる理由

私のお父さんは今単身赴任中です。 今は単身赴任中ですが、元々は家族で 転勤族 をしていました。 私が生まれた時は香川県にいて、高知に移って、また香川に戻って、横浜にきました。 私は幼稚園に3つ行きましたが、それが普通のことだと思っていました。小学校も途中で1度転校していますが、それが普通だと思っていました。 途中でみんなには「幼なじみ」というものがいると知って、びっくりしたくらいでした。 パパは(お
山田 結城
605
10

30歳で脳の1/5が無いことを知って、心と精神が大振れ、でも○○だったことに気付けて、人生変わったという話

学生を卒業した後、機械のエンジニアや設計開発の仕事を就いていました。 人よりも機械を信用していたような人間でしたが、特に不満もなく、それなりに充実していました。 それが、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロをきっかけに、いろんな人や問題意識と出会うようになります。 いつの間にか、環境や存在を変化しても、問題の解決には限界があることを感じ始めます。次第に、関心が「人の変化」へと向かうようになり、

書きかけのストーリー

Shibuta Satoshiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|