STORYS.JP

Oonuki Sawako

Oonuki Sawakoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Oonuki Sawakoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Nishijima Yuzo
22

空を飛ぶことをやめてから。♯2

オノボリサン   さて、そんなドラマチックなワンシーンもあっという間に過ぎ去る。僕は元々、福岡の出身であり、大学は関西の大学である。東京にいたのは数日で、結局無事に内定を取ることが出来たので、数日後に関西に帰宅した。また数ヶ月後にここに来れる。そんな想いを旨に帰りの新幹線に乗った記憶がある。  関西に帰り、現実に戻るとともに、内定をもらった現実を改めて実感するようになる。大学の友人、ゼミの先生、バイ
億野 隆太
588
4

大卒1年のサラリーマンが100万円で飲食店を起業した秘話

これは私が大学を卒業して一年後に素人ながら発案から わずか1か月後にイタリアンダイニングバーを脱サラ開業した物語です。 22歳の起業決意 「10年くらい全力で働いて、実力をつけて、資金をつくって、起業してBIGになる!! 」 そう決めて入社したこの会社。 入社前は期待でいっぱいだった。 4畳半に二人暮らしの学生寮に住むほど貧乏学生だった私は、 お金に困らない裕福な暮らし を思い描いていた。 楽しみで
小山 まき
294
5

イライラご飯がにこにこご飯に変わるまで。

                              わたし 今日も疲れたな。ご飯なに作ろう・・ 仕事を終えてスーパーに向かう。それが日課。 結婚後、OLを続けていたわたし。 毎朝起きたら急いで朝ごはんの用意をして洗濯をして、出社。 仕事を終えたら買い物をして、帰って洗濯物を片付け、晩ご飯を作り、お弁当の下ごしらえ。 毎日時間に追われていてクタクタだった。 世の中の兼業主婦の皆さまを心から尊敬
春明 力
221
4

みんなにチョコを配ってた女子からさえも、チョコをもらえなかった男子の話。

小学生の頃、 バレンタインデーが、一年で一番嫌いな日になりました。 小学生になった頃から、バレンタインデーの存在を意識し始めました。 正確に言うと、意識させられはじめました。 「これ、いらないんだよなー。」 「気持ちわりー。」 と口では言いつつも、ニヤニヤしながら 女子からもらったチョコをかばんに入れてる友達が増えたから。 僕の真横で、チョコレートを女子から手渡しされてる友達がいたから。 弟さえも、
春明 力
93

笑顔の仮面を脱いで、本当の笑顔へたどり着くための働き方-笑いたくないのに、笑っている人へ-

「もっと安かったら、買ってあげるのにな。」 新宿にある色んな会社が入った雑居ビル。 その雑居ビルの一室の古びたソファーに僕は座っている。 「ホームページちょうどリニューアルしたかったんだよね。」 数日前にもらったその言葉に期待して訪れた営業先だ。 机の上には、うちのホームページ制作のサービスについて書かれたチラシが置かれている。 そのチラシを見ながら、説明をひとしきり終えた僕に営業先の社長が口を開く
春明 力
125
6

【後篇】「人のせい」にばかりしてたダメ社長が、「一生食べていける仕事」がダメになって、「一生食べていける生き方」を身につけた話。

この話は・・・ 【前篇】「人のせい」にばかりしてたダメ社長が、「一生食べていける仕事」がダメになって、「一生食べていける生き方」を身につけた話。 【中篇】「人のせい」にばかりしてたダメ社長が、「一生食べていける仕事」がダメになって、「一生食べていける生き方」を身につけた話。 の続きになります。 「ブログで伝える」ことを決めてから、数か月後・・・ 電話が鳴りました。 ブログを見てくれた人が、 仕事の依
春明 力
593
12

散々おごってもらった友達に「お返し」をした時に言われた言葉がシビれた話。

今から2年ほど前、僕は長崎の実家に帰りました。 「両親に会う」という目的もありましたが、 「友達に会う」 という目的でも帰りました。 だから、一泊を両親。もう一泊を友達と過ごしました。 「社会人になったら、学生の時の友達とは疎遠になりがち」 という言葉をよく聞きます。 だけど、僕らの場合、今でも電話し合ったり・・・ 僕が住んでいる東京まで友達が会いにきてくれたりもします。 地元の友達のほとんどが、高
Yoshimura Naoya
222
6

18歳で初めて大失敗をした。暗い気持ちで立ち食いうどん屋に入った。注文してないおでんがでてきた。美味しかった。○○がたっぷりと入っていた。僕は強くなった。(後編)

駅のホームの立ち食いうどん屋さんで、注文してないのに出てきたおでんは、いままで食べたおでんの中で一番、美味しいおでんだった。  あのあばちゃんに会ってからも、僕はなんだかパッとしない気持ちの沈んだ日々を送っていた。  なんでこうなったんだろう。覚悟したのにストイックを貫くと決めたのに、そうもうまくいかない。とりあえず、講師がいうような予習とか復習とかはし始めたし、なんだかんだ勉強はするようになったけ
Tommy 1031
212
7

デザイナー修行物語その2:社長に「豚」と呼ばれても、右腕としてやり通した後で得たものは、かけがえのないものでした。(再就職〜独立)

皆様、ご機嫌麗しゅうございます。 寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか? さて、皆様は人生の中で、 「豚」 と呼ばれたご経験はありますか? ・・・私はあります♪ あれはまだ夏の香りの残る、9月頃のことでした。 私は、当時の会社社長(42)と、クライアントのお姉様方と、 総勢10人程で、おしゃれな表参道のフレンチ・カフェ&レストラン 「アニヴェルセル」にて、宵闇の楽しい時間
福岡 ともたけ
1126
29

東大生が61万円で学んだ本物のお金の学び

つまらない大学から逃げ出した私が見つけた居場所は競馬場だった もう20年ほど前のお話。 当時、東大に通っていた私が 大学の勉強なんか完全にそっちのけで 時間の全てを捧げるくらいの勢いで どっぷりとはまっていた世界がありました。 それが、競馬です。 ただ、単純にギャンブルが好きというよりはむしろ 競馬という世界を構成する歴史、文化、物語などの世界観に すっかり魅せられてしまった、というのが正直なところ

書きかけのストーリー

Oonuki Sawakoさんの書きかけのストーリーはありません

Oonuki Sawakoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|