STORYS.JP

遠藤 早耶香

遠藤 早耶香の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

遠藤 早耶香の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

今田 章太
446
37

普通のサラリーマンだった僕が10km以上走ったことないのに1週間分の自給自足の荷物を全て背負って灼熱のサハラ砂漠で250kmを走って横断することになった理由

左足首が痛む。アキレス腱の丁度裏側に当たる部分が熱を帯び、赤く腫れ上がっている。友人の理学療法士に尋ねたら前脛骨筋(ぜんけいこつきん)というところを痛めているらしい。 ___サハラマラソンゴールから1日後。 2015年4月12日。 南モロッコの都市、ワルザザート。人口56,000人。モロッコ中部、アトラス山脈の南側にあり、アトラス山脈から流れてきたドラア川が平原に出るところ。砂漠の雄大な光景が広がっ
Androsace Camaejasme
218

生きづらいと感じているすべての人に宛てるインドからの手紙

私には大切な友達がいます。 みなさんにもいるでしょう、すべてをなげうってでも、助けなければならない人が。 その大切な友達が生きあぐんでいるときに、綴った手紙です。 I インドにバラナシという町がある。 ガンガー(ガンジス河)のほとりにある、ヒンドゥー教(シヴァ派)最大の聖地で、毎年100万ともいう巡礼が、この町を目指してインド中、世界中からやってくる。 ガンガー沿いには80を越える、ガートと呼ばれる
Androsace Camaejasme
294
3

日本一の高校を卒業した18歳が単身陸路ヨーロッパを目指しシルクロードを踏破する話

日本一の高校がどこかについては議論があるだろう。 開成。筑駒。灘。 しかしこれらのうちのいずれかであることにあまり議論はないだろう。 高校にはいろいろと意趣があるが、そこでできた仲間は大切なので、高校名は明らかにしない。 高校三年の日常の会話 「どこ志望?」 「文一。お前は?」 「理二」 とまあ、日本一の高校ともなると、志望校の会話に大学名は出てこない。 東大は自明の理で、科類だけを答える。 東大で
川村 純志
1074
1

日本人留学生が通学バスで出会った大麻の売人に考えさせられた話。~人種とアメリカの貧困~ 【2】

おっさん ドラッグなんてやめておいたほうがいい。 いや、あんたが売ろうとしたんやん。 っていうツッコミはさておいて、おっさんの言葉は深く胸に突き刺さった。 おっさん 俺は黒人だ。お前は恵まれている。それが分かるか? おっさんはバスから降り、僕は学校へ着いたものの、おっさんとの会話が脳には鮮明に残っていた。 考えた。というよりは、 考えさせられた。 この違いは今まで意識してこなかったことに 気付かされ
みかみ いちろう
437
14

俺が財閥の家庭教師だったときの話(終)

実は俺はそのときが初めての国内線だった。 羽田にも行ったことがなかったので、そもそも羽田と成田の違いさえわかっていなかった。 とりあえず空港に着いたので、マダムに電話した。 「ああ、せんせー着いたのー?」 数分後にマダムのBMWが現れた。 車の中でマダムの説明を聞きながら、最初の家庭教師をこなした。 たしか半日くらいだったような気がする。 授業後に送迎車の中でマダムがこうおっしゃった。 「ついでにウ

書きかけのストーリー

遠藤 早耶香さんの書きかけのストーリーはありません

遠藤 早耶香さんにもっと聞きたい話リクエストする

|