STORYS.JP

尾園 清香

こんにちは、さやです。本・ネット関連の時短労働者。出版、ロケット、ドイツ、妊娠出産その後などについてアンテナが反応。

ストーリーをリクエストする

尾園 清香の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

寳槻 泰伸
3293
110

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
溝部 拓郎
163

人生で大切なものは、ゲーム、酒、本。 - ゲーム編

将来なにやりたいの? 『将来何やりたいの?』  とか  『人生で大切なものは何?』 って聞かれて、パッと答えられる人って実はそんなにいないと思うんですよね。 友達!とか家族!とか、その辺りのものは勿論、当たり前に大切なのですが、”人とは違い自分はこれを大切にしている!”と言えるものをパッと答えるのは中々難しいものです。 私の場合も、振り返ってみると随分適当でした。 子供の頃->高校生 小学校の頃は、
寳槻 泰伸
17902
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自
寳槻 泰伸
29127
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(

書きかけのストーリー

尾園 清香さんの書きかけのストーリーはありません

尾園 清香さんにもっと聞きたい話リクエストする

|