STORYS.JP

山本 紗佑里

農業とバイクに興味があります。
いろいろなところに出掛けるのが好きです。
話すのちょっと苦手ですが、色々な方の話を聞きたいと思って活動しています。

誰かの何かにちょっとでも引っ掛かる情報を発信出来れば幸いです。

最近の活動
*大学内*
茶道部/静岡県立大学内発行 キャリア情報誌&YOU(編集長)/ありのまま会
*大学外*
更生保護ボランティア団体 静岡地区BBS会/大道芸ワールドカップin静岡(ポイントリーダー)/静岡市まちづくりプロジェクト(有機野菜で人をつなぐプロジェクト@静岡)

ストーリーをリクエストする

山本 紗佑里の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

長野 亘孝
1219

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険③

修士論文を書き始めるも・・・ ①はこちらからどうぞ アイムホームのドラマで木村拓哉さんが「すぐ忘れちゃうんで」とよくメモを取るシーンがあります。 ご存知ですか? 僕もいつもメモ取っていました。(同じ後遺症やから、そらそーや!笑) 全ての高次脳機能障害のことはわかりませんが、悪気はなく本当に覚えられないんです。 相手の名前、話した内容、聞いたこと、全てがその場で消えてしまいます。 相手が覚えていても僕
長野 亘孝
1498
10

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険②

脳の障害ヤバいよ!ヤバいよ! それが早い退院を決めた理由でした。 脳の特殊な検査をする西宮の病院で最悪の評価を受けて、 生きる希望がありませんでした。 一般的にはこの検査は2時間もかからないそうです。 でも、この時一つ一つの検査が僕にとっての当時の体感ですよ。 それは、まるで50mの全力ダッシュを繰り返しているようなそんな疲労感でした。 つらすぎでした。 だから、連続で検査できず、中断とやる!を繰り
Nose Hiroyo
1391
36

忘れられない授業の話(1)

概要 小4の時に起こった授業の一場面の話です。 自分が正しいと思ったとき、その自信を保つことの難しさと、重要さ、そして「正しい」事以外に人間はどんなものに動かされるのかという事に気付かされた印象的な場面でした。 小4、国語の授業、定年間近の先生。 忘れもしないその授業は国語の授業でした。 担任の先生は定年間近の女性の先生。 (実際には年齢不詳で、そんなお年とは誰も想像していなかったのですが。) 説明
佐藤 政樹
22317
124

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんのわずかな違い~生き残る人・消える人~11のポイント 「劇団四季に入るためにはどうしたらいいですか?」 この質問、僕のところにネット経由で頻繁に来る。 この二年位は、劇団四季のステージを夢見る若者たちのためになれればと丁寧に返信していたのだが ・有益な情報をもらうことしか考えていない ・あまりにも意識が低い ・まったく行動しない という人が多すぎて
鈴木 賀葉(かよ)
179

エステティシャンになったら同級生から「エステティシャンって誰でもなれるだ!」と言われた私が同じ友人に尊敬された話

友人の法子は私に会うなり言いました。 法子 「佐藤君がさー、賀葉(かよ)がエステティシャンになった、って聞いて『エステティシャンって誰でもなれるんだな』って言ってたよ、アハハハハ」 私はこの言葉を聞いて毎晩悔しくて眠れませんでした。 私 「絶対この仕事で見返してやる!」 そう決意したのを覚えています。 しかし、こう言われても仕方ない理由が私にはありました。 高校の時、毎日寝坊で遅刻し成績はいつも最悪
辻林 秀一
368
8

農業に絶望した僕が、ある包丁研ぎ師さんに救われた話

『“包丁を研ぐ”ということは、  持ち主の心もキレイにするということ』 ある包丁研ぎ師さんに、僕は救われました。 その人が研いでくれた包丁に、 僕は心を癒されたんです。 「包丁に、心を癒される?」 「え? 意味わかんねーよ」 そうお思いでしょうか? 当然だと思います。 僕もまだ、ちょっと信じられませんから(^^; でも今、手元にある包丁を見ながら、 胸に湧き起こってくる気持ちは本物……。 このストー
高原 千晴
1616
7

休学中の大学生が、縁もゆかりもない地方都市でバーテンダーをしてみた話 - 2 -

お仕事がはじまりました 9月末から移住、お仕事がはじまりました。夜の世界へと足を踏み入れます。 お店は基本的にマスターであるMさんと従業員のYさん2人で回しているとのこと。 Mさんはバーテンダー歴25年、格闘技とハードロックが好きな40代の独身男性。 Yさんはバーテンダー歴10年、高血圧でナルシストな30代の独身男性。 もう、キャラ濃過ぎるわけです。 週末には愛媛大学や松山大学の学生がアルバイトに来
Kuchiki Seiichiro
424
20

良心は元カノの声をしていた

Photo by  Luis Hernandez はじめまして。医学生兼ライターの朽木( @amanojerk )です。 僕は医学部の学生をしながら、プロのライターとして活動しています。が、このように自己紹介をすると、「どうして」と聞かれることも多くあります。 話すと長いしふだんはいちいち説明などしないのですが、今回はせっかくなので、「なぜ僕が医学生兼ライターとして仕事をはじめたのか」をお話しします
Kuchiki Seiichiro
175
2

後輩に胸ぐらをつかまれ罵倒された僕が3年後に東日本で3位になった話

努力しないことへの言い訳はとても簡単だ。頑張れない理由なんていくらでもある。でも、本当に諦めたくないものを手に入れたいなら、その方法はひとつだけだと僕は思う。 編集 負けたくなかった 。悪魔に魂を差し出してもいいと思った。どうせ僕など死んだら地獄行きだ、構うことなんてとくにない。 ウソだ。そんなにかっこいいもんじゃない。追いつめられた僕の脳裏には、これまで自分が大切にできなかったすべてのことが走馬
banakemi T
643
4

【地球の歩き方の注意コラムを実践したお話①】微笑みの国で銃を突きつけられたお話

旅行者が注意すること。 知らない人にはついて行かない 危なそうなところには近づかない 夜は出歩かない こんなところでしょうか。 けど、こんな旅行面白く無いですよね。 大学は卒業絶望、友人達は単位問題なし将来お先真っ暗(たったこれだけで)半ば自暴自棄にバックパッカーをやっていた頃のお話です。 とりあえず、よくわかんないけど久しぶりに海外に行ってみるか!と思いたちせっせとバイトをしてバックパッカーの聖地

書きかけのストーリー

山本 紗佑里さんにもっと聞きたい話リクエストする

|