「*」 に関する検索結果

ダーリンは変わり者 ~いざ高級キノコのなる洞窟へ~

主人は変わり者である。 そして妻の私は、そんな主人の 「 変わり者ぶり 」 のちょっとしたファンなのだ。 結婚して10年になるが、今も変わらず「今度は何をしてくれるのだろう?」という私の好奇心を満たし続けてくれている。 今回は、家族で行った 「高級キノコ栽培の洞窟」 のお話。 ****************** 主人の地味な趣味は、 「マイナーでマニアックな場所を訪問するのが好き」 というものだ。
maya masaki
3

第159章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

「夢」をみるのではなく「希望」を持つ  夢 、夢と言いますが  私は好きな言葉ではなく  「夢」とは「タラレバ」の親戚のようなイメージと  昔から冷めていて感じていました。  以前も書きましたが  「夢を見るのではなく「希望」を持つ  「夢」を語っているのは  今旬 の「タラレバ」な話をしているのと同じ  私は 夢見る夢子の「理想主義」ではなくシビアな「現実主義」なので  その代わり「希望」という言
あっきー あっき~
2

ADEM 散在性脳脊髄炎 私の知らない世界

私の知らない世界 私は、髄膜炎で入院をして意識を失った。 一月半あまり、私の知らない世界がある。 断片的な記憶しかない私の知らない世界がノートに記録として書かれてあった。 【ADEMの記録】 私は、2009年1月末に宇和島市社会保険病院を退院した。 Yahoo検索サイトを見ていると広告が目に留まったのだった。 あなたのブログを本にしませんか? その時、思った。 亜依が病気の経緯を記録している。 そう
Kanamori Junki
5

ハイスペ男性と結婚できて自己肯定感MAXのはずが、産後クライシスで奈落の底へまっしぐら。ミステリアスな女性占術師から男女関係の真理を学んで復活できた話。(作成途中です)

(作成途中です) * 女性は私生活が充実すると仕事までできるようになる法則どおりに、女としての自信を取り戻し、難関企業への中途採用にも成功。収入も大幅アップしたが、何よりも誰もが羨む男性に選ばれたことが、女としての自信をゆるぎないものにしてくれた。 * 最愛の人との結婚と出産、幸せの絶頂かと思いきや、産後半年目から悲劇は始まった。度重なる夫婦喧嘩。積み上がる不信感。実家にも帰れない。乳飲み子を抱えて
狩野 理沙
2

お登りさん東大女子が、女子力の壁にぶつかり、サボテン女になり下がっていたところ、ミスターYのおかげで女偏差値を30上げて、コンプレックスを克服できた話(作成途中です!)

(まだ作成途中です!) * 他の女子がほとんどいないニッチな領域ではそこそこモテたからと勘違いしてメジャーの道を目指してみたら、結果は惨憺たるものだった。 20−28はステディーな彼氏不在。 * 臥薪嘗胆で頑張った受験勉強。夢にまで見た東京ライフ。小難しい学問にはあまり興味がなく、青春を取り戻そうとダンスに明け暮れる。 * 女性率1割というリケジョ寡占市場であれば、「私も捨てたもんじゃない」「モテて
狩野 理沙
7

自分で自分を信じることが何よりも大事な話その3~モラハラに気付くきっかけ

※この話は2016年10月に書いたものです。 前回のモラハラのお話はけっこう反響があり、ブログでは1日で500PVとかになっていたので驚きでした。読んでくださった皆様、ありがとうございます ブログを読んでくれた方のなかには、モラハラを仕掛けてきた人とわたしの双方を知っている方もいたのですが、わたしがそんな扱いを受けていたことは、全く分からなかったと驚いていました。 わたしがその方のお気に入りで、とて
橋本 華菜子
3

自分が自分を信じることは何よりも大事な話~その1

初めまして(*´꒳`*) 子供二人と、のんびりゆるゆるロハスな田舎暮らしを楽しんでいるKANAKOと言います。 今から始めるこの一連の話を書いたのは 2016年の10月 ですが、いまの私を語るのに必要だったので、 いま(2017年2月)の心境はこの時と少し変わっているけど、この話を掲載することにしました。 この時と今とがどう変わったかも、また見て貰えると面白いかもですw 今はゆったり陽だまりの心地よ
橋本 華菜子
1

自分で自分を信じることが何よりも大事な話その3~モラハラに気付くきっかけ

※この話は2016年10月に書いたものです。 前回のモラハラのお話はけっこう反響があり、ブログでは1日で500PVとかになっていたので驚きでした。読んでくださった皆様、ありがとうございます ブログを読んでくれた方のなかには、モラハラを仕掛けてきた人とわたしの双方を知っている方もいたのですが、わたしがそんな扱いを受けていたことは、全く分からなかったと驚いていました。 わたしがその方のお気に入りで、とて
橋本 華菜子
8

え!そんなことも?!そうなんです!実録!ヘタレ看護師体験記②

レンチンおばさん どこにでもいるんでしょうね こんな言い方は悪いかもですが、かまってちゃん( ̄∀ ̄) ある1人のかまってちゃんおばちゃんが、自分はみんなよりも悪いだからみんなやって欲しいとのオーラ満載!! はし箱が開けられない、テレビカードがさせない、ベッドサイドにあるポータブルトイレに降りられないなどなどの訴えが、でも知ってるんです。 お腹減ってるときは呼ばないで開けてること、見たいテレビを見たい
よしの ちかこ
4

第1話 生きて。【小児科ナースが病院を飛び出して地球2周半、暗闇の奥に見えたとんでもなく美しい世界*】

『 生きて。生きて。生きて!!!!  大切なのは、いのちの長さじゃない。  “今”という瞬間を  どれだけ輝いて生きたか。 どれだけ、いのちを輝かせて、生きたか。 』 Mariko(私) これは、小さな小さな世界で生きていた私が、天国に行った子ども達と一緒に世界中でたくさんの“いのち”に触れて生きたことで、”本当に大切なこと”に気づいていったお話です。 Mariko 旅の最初の国、ペルーでの不思議な
平 茉莉子
27

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<序章>

「大きくなったらお菓子屋さんになりたい」 目をキラキラさせてお菓子を食べていた当時3歳の妹の言葉。 私の妹はお遊戯会で2年連続主役(お姫様)をやるほど可愛い妹で、お菓子を食べてる姿なんて本当にお姫様か!と思うくらいだった。 炬燵に入りながら 「お菓子屋さんになりたいなぁ」 と小さいほっぺたをプックリとリスのようにしてお菓子を頬張っていた食いしん坊の妹。 言った本人は30数年後、この言葉をこれっぽっち
渡邊 真紀
24

ぎょぎょぎょ!

イヤイヤイヤ わたし… 滅多にみない様な、不っ思議ぃ~な、夢を見たのです…。 実はここ数年、通常覚えてる夢は何故か、90%は働いている夢なんですわ…(*_*; それもいつも仕事は違えど、バタバタと時間に追いつめられ、小さいグループを仕切ってる?チーフ?(笑)みたいな… 一番最近のは、氷の彫刻?みたいのを制作するのをグループで競ってるらしく、あぁ~もうあと数分しかないぃ~!… オイ! あっこの新人坊主
稲葉 薫
1

え!そんなことも?!そうなんです!実録へタレ看護師体験記

へっぽこ看護師体験記のまとめ&新作の実話です★ 第1話 貞子事件 その日は夜勤でした。 2人夜勤で、パソコンを見ながらカルテのチェックをしていました。 みんな寝てるはずなのに、何か感じる熱い視線!! 振り返っても誰もいない。 でも視線を感じる!! ステーションの端の下をみると、 黒髪をたらした患者さんの顔が、にょこり 。 さだこーーだ! 声にならない驚き! おどろいてはいかない場合だ! シュッとすご
よしの ちかこ
2

第158章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

 自分が「コレだぁ~」という  自分が「コレだぁ~」という 「ど真ん中」「ドストライク」「タイプ」の  モノ・コト・ヒト等の対象に出逢い  はまってしまったその最中のにいる時の   「キモチ」って・・・・    ドギトキする「胸の高鳴り」と  不安な「胸の締め付け」の  あいだをウロウロしている  それが心が動くつまり「感動」であり  共に感じる「共感」であり  一言で「生きてる」ってやっぱりいいな
あっきー あっき~
2

元獣医アーティストが一年かけて地球を一周してアート活動してくるまでの話

第一章 ロサンゼルスに着いて2週間で現地の美術教室でワークショップ開催を決めた話 2017年1月11日から1年4か月に渡る地球一周アートの旅に出ています。 1月     ロサンゼルス → イマココ 2月     ニューヨーク 3~5月   フィンランド(トゥルク) 4~6月   ルーマニア 9、10月   フィンランド(マンッタ) 11~翌年5月 上海 私は2013年から、いろんな人から絵を集めてつ
小俣 智子
6

人が色で見える。ぼくが霊能者として目覚めた瞬間の話

足の先から頭のてっぺんまでスピリチュアルな男櫻井です 謎が多いと巷で噂される程なので、 力が目覚めた「原点」を纏めました。 こういった業界の方は殆んど「幼い頃に不思議体験をしていた」 と大きくまとめている方が殆んどですが、 僕の幼い頃はそんな不思議な子と言うより、単なる暴れん坊。 虫の知らせを察するのは得意! これから起きるイヤな事が自分のビジョンに映る事は多々あったけど、 見えない者と会話をしたり
櫻井 ジュン
8

第157章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

今日の『選決断』 1 今日の『選決断』 1 ■「友だち」 「友だち」を見つめ直す  何時間一緒にいても「楽しめる」  困った時、悩んだときに心が許せて  「話ができる」「話を聴いてもらえる」  そして これが後にも先にも大切で  相手へ「感謝」の気持ちを忘れない  真の友達がいる「環境」と「相手」へ感謝を忘れず   ここから大切にしたいもの ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あっきー あっき~
1

海鈴

* 昨年、私の父親は60歳半ばでこの世を去ってしまった。2年間の闘病生活で末期ガンと懸命に闘っていた。抗がん剤投与、化学療法と有らゆることを試みたがガンには勝つことが出来なかった。家族みんなが悲しさのどん底に落ち、寂しさ・無念、そして人生の不条理を強く感じた。なぜ、まだ若い元気な自分の父親がこんな目に合うのかと。   *  父親は、昔広島県の福山市に仕事の都合で単身赴任していた。元気な時、豊かな自然
T T
2

孝夫ちゃん

―新宿歌舞伎町方面に向いたヤマダ電機の入り口付近―そこが福島孝夫との待ち合わせ場所だった。十年前、俺が東京を離れるとき福島は友人達を集め、徹夜で飲み明かし、俺を送り出してくれた。会うのはそれ以来だ。          * 30年前 「なにガンとばしてんだ。」 今思えば、俺はガンなんか飛ばしていないし、いきなり後ろから現れてこの台詞、いいがかりにも程がある。それに、これ程の決まり文句をやや噛みながら言
かわごえ あさか
3

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る