「ありがとう」 に関する検索結果

33歳のフリーランスライターが、ある日突然「ハードコアラップ」を始めた理由。

 狭井悠(Sai Haruka)です。  突然ですが、ハードコアラップ、始めました。  今回のコラムでは 「なぜ今、33歳のものかきがラップを歌い始めたのか」 というお話と、 3曲の楽曲 をお届けしようと思います。  わざわざこんな説明などしなくても、勝手に聴いてもらうのが音楽の自由さなのかもしれませんが、僕はこれまで長らく「ものかき」を自称してきたため、ものかきとしての僕を知る方は 「そもそも音楽
狭井 悠(村田悠)
2

「出会い系」を使ってた時の話しでもしようか。

私はグラフィックデザイナーであり、二児の父でもある。父になるには、当然のことながら、妻がいてこそ。「おいおい、散々、 過去のストーリー で女性に恵まれないってことを駄弁っておきながら、しっかりと結婚してんじゃねぇか?」 ……ふふ。なめるな。私の妻。どこで出会ったか教えようか? ストレートに、 「出会い系」 だ。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
永井 弘人
6

最愛のビッチな妻が死んだ 第9章

交際13日目 3月2日 朝11時ごろ、僕はあげはといってきますのキスをしてウチを出た。 「いってらーー」 「いってきます」 「頑張れ社会人。新婚ごっこを楽しんでいるよ」 「いつも、ありがと」 「好きだよ」 何万回伝えても伝え切れない。 「わー。これからも宜しくお願い致します」 「末長く幸せにし合いましょう」 「はーい」 「あげと一緒なら、どんな状態でも幸せよ」 「あげもよ」 「もちろん、より快適な生
Kitahara Kyousuke
6

写真家 長谷川美祈さんの最近のご活躍と私が勢いで世界の○○に出ちゃった話

11月の【児童虐待可視化プロジェクト写真展開催】へのカウントダウンに入っております!日程の公開までもうしばらくお待ちください。 2017年9月4日 オランダの大規模なフェスティバルUNSEEN Dummy Awardで写真家 長谷川美祈さんのInternal Notebookが最終選考に選ばれました。作品の展示は9月21日~24日までとなっております。 多くの方の目に触れる素晴らしい機会に恵まれまし
小川 詩織
5

最愛のビッチな妻が死んだ 第5章

交際6日目 2月23日 この日僕は、あげはに会いたい一心で早く仕事を終わらせた。 「脱兎の如く会社を脱出!」 「あは、お疲れ様! 今日これから仕事は?」 「打ち合わせ一本して、8時ぐらいには終わり」 「おウチ帰りたいな」 「実家(日暮里)に帰る?」 「んーん、共輔との愛の巣に」 あげはは夜から知り合いのシェアハウスに「喝を入れにきて」と頼まれたので出かけるらしいい。 「喝ってなんだ。でも欲されたら行
Kitahara Kyousuke
9

最愛のビッチな妻が死んだ 第1章 出会い

第1章 出会い 「腕にBITCHってタトゥ入れてるおもしろい女性がいるんです。キタハラさん、絶対好きだと思うんで、今度紹介しますよ」 すべての始まりは知り合いの漫画家さんの一言からだった。 某雑誌社で働いている僕は「何か仕事の足しになればいいな」と軽い気持ちで了承した。その後、「キューティハニー」なるグループLINEが作成され、僕たちは会うためのやり取りを始めた。 なぜか、漫画家さんはあげはに僕をイ
Kitahara Kyousuke
19

最愛のビッチな妻が死んだ 序章

2月14日、バレンタインデー。世界中が愛に溢れたこの日、僕は自殺願望と絶望に包まれた。 ずっと信じていなかった「運命」や「永遠」という言葉を信じてさせてくれた最愛の妻・あげはが先立ったのである。 まだ32歳の若さであった。 彼女は双極性障害を持っており、そのせいで「30歳まで死ぬと思っていた」とよく言っていた。また周りからも「生き急いでいる」「死に急いでる」と評されていた。 自宅で行った葬儀で、参列
Kitahara Kyousuke
17

最愛のビッチな妻が死んだ 第4章

日常編02 【交際2日目 2月21日】 「楽しんでねーー。愛しい恋人よ」 「ありがと。気を付けて」 この日、あげはは下北沢のクラブで行われた友人のラッパーのパーティに参加。僕はライブの写真撮影だった。 酔っ払いのあげはから、実況中継のLINEがたくさん来た。 「パーティはフリー強制テキーラ。物凄くアウェイ」 「物凄くアムウェイって見えたw」 「やめろwwあむー」 「ウェ~イ」 「あむー」 「ヴェイン
Kitahara Kyousuke
15

口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑱壊滅編

時は少し戻るが、N美と付き合いだした12月、 Bに不穏な空気が流れだしていた。 その頃には、Rさんはとっくに飛んでいた。 Jさんはもう大学が来年で卒業という事で店を辞めて、 Mさんも単位がやばいといった理由で、Bを辞めた。 店に残っていたのは、 K野専務、R華社長、Nさん、Aさん、S君、KJさん、私の後に入ったホストが一人、新人が一人、私、他数名といった10人程度になっていた N「やってられねぇよな
健二 井出
6

鬱で歩行すら困難だった失業者が「進撃の巨人」に感化され1人起業した話

こんにちは! 天空を目指し突き抜けるかのようにそびえ立つ巨大な大阪名物 「あべのハルカス」 が見える場所に住んでいる SYU1 といいます。 現在私は時間や場所にとらわれずパソコン一台で自由に稼ぎ大好きな音楽を趣味でやりながら ノマドロッカー というスタイルで生活しているのですが、 今日は私がそんな生活に至ったきっかけを映画風にまとめながらお伝えしていきたいと思います。 これは会社勤めをしていたごく
Syu 修
4

アントレプレナー通信の立ち上げ

海外起業家への憧れ 2017年8月。 新しいメディアを立ち上げました。 その名も、 アントレプレナー通信 。 国内外のビジネストレンドをお伝えするサイトで、 特に英語圏の情報を発信しています。 アメリカでは、小学生でも起業するくらい アントレプレナースピリッツ溢れる国で、 彼らはみんな、良い意味でも悪い意味でも 自己主張が激しいのが特徴です。 お金を稼ぎたいと素直に言えるか もしあなたに「お金 欲し
佐藤 勝一
8

ドブネズミが90日で社長になった物語【第3章】

金で全てを失う人間。 序章→ 第1章→ 第2章→ 熊本地震で被災する一年前。当時20歳。 地元の最も信頼していた先輩に詐欺で騙された。 中学、高校と同じ学校の同じ部活の先輩。 当然のように一番可愛がってくれた先輩だ。 「久しぶり、ちょっとお願いがある。」 ある日電話が来て、困ったような感じでお願いをされた。 今まで可愛がってくれていた恩をちょっとでも返せるならと思い、喜んで引き受けた。 その一本の電
黒田 拓也
12

何も考えていない両親に、家計の状況を聞いてシミュレーションしてみたら、老後破産まっしぐらだと分かった話

介護破産や老後貧乏といった特集を見ると、前もって家族間でよく話し合いましょう、といった解決方法が書いてあります。 ただ、実際に、家族会議で親の老後のことを聞いたらこうなった、というのはなかなか見かけないので、お盆に帰省したときの(夫の両親との)家族会議の一部始終を書いてみようと思います。 1、家族会議をしようと思ったきっかけ 私(妻)の祖母が亡くなり、私の母から、祖母の家の土地は借りているから、家を
辻 涼子
2

何も考えていない両親が、老後破産まっしぐらだと分かった話

介護破産や老後貧乏といった特集を見ると、前もって家族間でよく話し合いましょう、といった解決方法が書いてあります。 ただ、実際に、家族会議で親の老後のことを聞いたらこうなった、というのはなかなか見かけないので、お盆に帰省したときの(夫の両親との)家族会議の一部始終を書いてみようと思います。 1、家族会議をしようと思ったきっかけ 私(妻)の祖母が亡くなり、私の母から、祖母の家の土地は借りているから、家を
辻 涼子
7

スポーツ界を、大好きなチアリーディングによって盛り上げることで、世界の平和に貢献がしたい!

こんにちは!ワールドピースチアリーダーの松本真奈美(MONA)です✨ さて! 私は世界中に友達を作ることが世界平和の第一歩だと思い、世界一周をしてきましたが、その時、必ず出会う人出会う人に聞いたことがあります。 「この地球から、戦争ってなくなると思いますか」 この回答に女性の方はほぼ100パーセント 「なくなると思うし、無くなって欲しいわ」 と回答されました。 しかし、男性からの答えは、ほぼほぼ 「
松本 真奈美
18

40才からの成り上がり 第2話

「上京」 19才になった僕は故郷を捨て、彼女を連れて、横浜の地下鉄弘明寺駅のホームに降り立った 滴り落ちる汗を拭いながら、僕らはこれから始まる新生活を想像していた 給料がよくて住み込みで働けるところ 求人雑誌を買ってきては、仕事の内容もろくに見ないで、片っ端から電話をかけて履歴書を送った 仲間とつるんで悪さばかりしていた僕は、なんとなく時間ばかりが過ぎて、このまま小さくまとまってしまうことが怖くて、
佐藤 龍星
29

理想の仕事も、理想の結婚も、「コレ」を本気で考えたら見つけられたという話。

ご挨拶 初めまして、川口美樹と申します。本題に入る前に、簡単に自己紹介をさせてもらった方が、この後の話がわかりやすいと思いますので、ちょっとだけ経歴をお伝えしますね。 僕は24歳まで芸能界で俳優を志して活動していました。もともと高校までバリバリの進学校にいたのですが、何を思ったのか日本大学の芸術学部に入学し、そのまま芸能界に入りました。 ただ芸能界の独特な文化に馴染むことができず、様々な経緯を経て独
Kawaguchi Yoshiki
40

俺のしくじり恋愛 ファイナルエピソード

バンちゃんのしくじり恋愛実話 ファイナル ここに来るまでのプロセスで、ここに書き切れてない話はまだありますが、それはまたの機会として、 いよいよ、恋愛が上手くいかなかった最後のストーリーをご紹介します。 この恋愛を機に新たなる覚醒が起こるキッカケとなったラブストーリーです。 もちろん、この後も体験した恋愛エピソードは、まだまだ無数にありますので、ここでのファイナルエピソードは一つの区切りと捉えて下さ
坂東 洋彰
4

俺のしくじり恋愛 エピソード10

バンちゃんのしくじり恋愛実話⑩ ある時、ふとした出会いがありました。 どうやって出会ったか?はちょっと忘れてしまったのですが、何らかのキッカケがあったのだと思います。 彼女は、OLで背が低く、黒髮コンサバ系の綺麗目な雰囲気でした。基本コンサバ系は好きなので、雰囲気はドンピシャしでた。 日々メールで何通もやり取りしたり、時折電話で話したりで、凄くいい雰囲気でした。 デートも3回して、手も繋ぎ、今までの
坂東 洋彰
2

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る