「ありがとう」 に関する検索結果

7年頑張ったけど駄目でした。もう30歳を越えましたが、0から出直します。第1話【絶望】

近所の花屋に、でかい犬がいた。 毛色は黒と白と茶色のトライカラーで、賢そうな表情をしていた。 後から調べると、「バーニーズマウンテンドッグ」という犬種だったようだ。 僕が通りがかった時、突然そのバーニーズが近付いてきた。 「アリス、あかん」 花屋の主人がバーニーズを静止しようと声をかけたが、アリスはトコトコと僕の前まで歩いて来て、僕の膝のあたりのにおいをクンクンと嗅いだ。嗅ぎ終わると、僕の顔を見上げ
tanabe takuya
10

 文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

児童虐待当事者の一人として感じ考えたこと まず「愛を乞うひと」は作家下田治美さんの小説で1998年に映画化された作品だ。当時は見たいと思わなかったので小説も映画も見ていない。事前に多少ネットで内容をリサーチしたが、今回のテレビドラマしか知らないことをご了承頂きたい。 簡単なあらすじは、幼少期から凄惨な虐待を実の母親から繰り返し受けていた女性が、自分の過去と対峙し過去の自分自身と母親像を受け入れる話だ
小川 詩織
11

アナザーカップオブコーヒー、、、バリスタの恋

「ご搭乗のご案内です。ノースウエスト航空138便デトロイト行きにご搭乗のお客様は、J搭乗口までお越しください」 これから体験するであろうことに胸を踊らしている僕をなだめてくれているような、女性の声。 しかし、それは、まだ日本を出たことのない僕には、はじめて聞く無骨な機械的なものにも似ており、すこしばかり、不安にも苛まれた。 1999年、大学3年生の冬、僕はギターを一本持って単身New Yorkへ旅立
山下 輝久
9

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(15)

就職試験 ホテルエルサイードは三ツ星ホテルで、ル・メリディエンから徒歩二十分ほど離れた場所にありました。 BENIHANAが休みの水曜日。夏の暑い日差しの下、ケイシーは黒いストールを頭に被りながらイスラームの女性のような恰好で歩き出します。 ヨルダンの首都アンマンは乾燥した砂漠の気候さながらの強い日差しに包まれていました。 エルサイードの正面玄関は、メリディエンに比べると大分小さくて日本のビジネスホ
Cathy Kei
3

試食はつらいよ

この前、博多座にお芝居を観にいったんです。歌舞伎。劇場に入って、開演までにはまだ時間があったので、中を探検してたんですよ。博多座って広いじゃないですか、それにいっぱい食べ物屋さんやグッズ屋さんがあって観てて飽きないんですよね。グッズはまぁ、あまり観ないんですよ私。だってグッズって、食べれないじゃないですか?だから食べ物屋さんにふらふらと行っちゃうんですよ実際問題。 それでそこの、博多座の売り場にある
石橋 半零
4

布団虫の反省&妄想

布団虫さんいらっしゃい 昨日から微熱が出てて、しんどいと言って布団に横たわってます_(:3 」∠)_ 微熱出てません… ただ家族に甘えてお布団で二度寝したかったんです_(┐「ε:)_ チビちゃんがいるのに家族に任せての、腐れ母でございます。 ただしお布団が気持ちいいのはお昼過ぎまで、お昼過ぎたら足汗かいて来ちゃったりお布団がグチャとなって来ちゃったり、寝すぎて体が痛くなって来ちゃったりであまりいいも
よしの ちかこ
5

ほんとうのこと~入院顛末記~(7)

元妻のゴスペルコンサートの後 この年日本は何や人員整理をしていた おいらは口を減らすんやったら 生活の中から不要なものの口を 減らしていけばいいねんと思った おいらはその日から口を減らすといいながら 家の中にある不用品の口を減らし始めた 不用品の口減らしはそれだけあふれたものを 整理することにあり その産業が比較的不用なのかとか考えていた 昼夜を関係なく整理が始まり まるでとりつかれたように行われた
坂 光男
3

プライスレス

ボクは夜勤明けにいつも、自宅近所にあるスーパーで買い物をしてから帰る。 店の入り口前には、いつもボックスティッシュやトイレットペーパーが山積みに置いてあるんだけども、今日は何故か棚の上に全く商品がなかった。 ん?商品の補充し忘れか? そんなことを思いながら入り口のドアの前に立った。 ドアが開き、積み重ねられた買い物カゴを手に取ろうとした瞬間、ボクは驚きのあまり一瞬だけ静止してしまった。 レジの前には
三好 健太郎
3

「俺は神だ」と本気で語る人が父親だったけど 母親の甚大な愛に生かされてきた話。

「俺は神だ!」これが、父の、口癖でした。 みなさん、神様ってどんな人だと思いますか? 宗教観念が無い日本でも、なんとなくイメージつきますよね。なんかスゴくて神聖で、抗えなくて最強で。 自分はそんな史上最強の存在だと当然に言い張る人間が、我が家にはいたんです。 そう、紛れも無い、わたしの「父」です。 ギャグじゃないんですよ、本気で言ってるんです。アイアムゴッド!ガチなんです。 父は、とーーんでもない男
高橋 陽和
20

ぼくがぼくであることの土台

 ぼくは現在、私立小学校で働いている。大学を卒業してすぐに働き出し、もう35年になる。 子どもたちとともに過ごす日常的な時間。  子どもたちと喜びや驚き、楽しさを共有する出来事。  僕にはまねのできない、子どもの感性との邂逅(かいこう)。  この三つがあるから、小学校で働くのは楽しい。  その中の二番目、出来事を題材にして書こうとしている。  出来事には、二つの種類がある。ひとつは、こちらが何らかの
高橋 豊
6

2年9組の君たちへ

3月1日。私が勤める高校で卒業式が行われました。 2年前。教育困難校の2年生の副担任、また古典の担当として彼らと出会いました。授業中は私語が飛び交い、質問をしても、「彼女いんの?」「高校時代の彼女の名前は?」と全く関係のない質問で返される。「静かなだな」と思う日は半分が睡眠中。最悪の一年目でした。 そのクラスで授業がある日は憂鬱で、転職を考えたこともありました。 そんな彼らと向き合うなかで少しずつ変
水本 光樹
4

未来の扉の暗証番号

神様は1年365日、何千何万人もの願い事を聴いている。 それを聴くだけでも忙しいのだろう。 だから時には願い事を聴き間違える事だってある。 例えば居酒屋で注文したものと違う料理が出てくるように。 精神障碍者デビュー 8年前、僕は精神障碍者として華々しくデビューした。 もちろん、神様にお願いしてそうなった訳じゃない。 まったくの想定外だった。 病名は適応障害(後になって双極性障碍に病名を変更) 会社で
中山 隆彦
4

おすすめしたい長野の観光地

明けましておめでとうございます。新年を明けてから等々力好泰は今年の初詣は家族皆で善光寺へ行き家内安全を願い。氷上のワカサギ釣りをしながら子供達と一緒に過ごしていました。暮らし、生活をしている長野を満喫しています。何故飽きないのかと言われると上手くは言えませんが一つとして同じ場所でも四季によって、細かく言うと時期によって全く違う風景や遊び方、過ごし方が変わってくるからでしょうか? 都心に比べて賑やかで
等々力 好泰
4

フランス人に教えてもらった、人生を豊かにする超本質的な2つの習慣(その1)

こころ Bonjour à tous! 最近、忘れていませんか? こんにちは 福元こころです。 今日は、私がフランス留学で、フランス人達の 素 の生活から教わった、 人生を豊かにする超本質的な習慣 をご紹介します。 どんな時も、必ずこれから始まる・・・ 以前、はてなぶろぐにも書きましたが、私が考える 『フランスにおいて、もっとも重要な習慣』 それは・・・ "Bonjour!" こころ Bonjour
福元 こころ
8

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る