「ギャル」 に関する検索結果

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第35話

忍び寄る影 《これまでのあらすじ》初めて読む方へ あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店のナンバーワンを目指していた。ところが恋心を抱いていた佐々木が突然店を辞め、店を取り仕切る立場の玲子に裏切られていたことを知った桃子は、玲子をいつか見返すことを誓う。そして、ついにナンバーワンの座を手にした桃子はオーナーの川崎に取り入り、玲子をパテオから
Yoshida Maiko
28

クラスの平和を守っていた話

最初に断っておきますが、良い話ではないです。告白です。 クラスの平和の話の前にまず、学生時代のわたしの立場の話をさせてください。 学校のクラスには、役割というものが存在します。 ウェイ系、運動部系、オタク系、真面目系、いじる側、いじられる側、その他諸々。 わたしは、いわゆるバランスを取る役でした。わかりやすく、以下ではバランサーと言わせてください(笑) 気弱で、中身がなく、人の顔色ばかりを窺い、それ
篠田 結衣子
4

[男版ビリギャル]の様なストーリー。高校入学後すぐに10日間の停学処分をくらった男が、成績の評定平均を0,2上げて推薦で大学に現役合格し、4年後首席で大学を卒業した話

 男版ビリギャルの様な私のストーリーをお話します。 あれは15歳の頃です。 推薦で入学した高校に通ってはいましたが、今までとは異なる環境に慣れず悩んでいた時の話。 私はとある事がきっかけで10日間の停学処分(自宅謹慎処分)をくらいました。 原因は友達との悪ふざけです。 今思い返せばとても恥ずかしいことなのですが、同じクラスの生徒にマヨネーズをかけ、 それが学校内で大問題になったのです。 10日間の停
山科 勇樹
2

眩暈

 1番線のホームから私が見たのは、空を横切るまぶしい飛び魚だった。人々はオナニーに夢中で誰一人として気づいていない。それはまるで、世界の終わりみたいだった。
 抱き締められてからキスをした後、浴槽の中に溶け込んだピンクのアレを確認して彼を風呂場に招いた。「ビール飲んだんですから、あまり長居しないでくださいね。」私が言うと、「母親みたいなこと言うな。」と軽く下を向いて笑った。彼はいつも下を向いて笑う。
Wataame Neko
4

ループする毒母①

こどもが産まれる前から思ってたこと、父母さんにされたことは絶対にするまいと思ってた。 小さい頃にされたことしっかり身体に染み込んでいた。幼少期が私の毒親の原点である。 [家族構成] 祖父、祖母、父、母、私、妹、時々おば 【幼少時】 私の記憶は3歳から始まる。 幼稚園に行きたくなくて、近所の友達で一緒に入園する時に、写真を撮る際に私がごねたため、「〜ちゃんはあんなにちゃんとしてるのに、あんたはなんでき
よしの ちかこ
3

最近よくあるヤンキーがなぜか勉強する話

ー小学校生活ー  月日は過去に遡り、小学校生活の出来事。 保育園の頃から仲の良かった、 私の家の真裏に家がある友人 小学校を入学してから仲良くなった、 私の家の真横に家がある友人と毎日のように遊んでました。 とても仲が良かっただけあって、数え切れないほどの喧嘩もしました。 ※ここでの喧嘩は殴ったり蹴ったりという喧嘩ではなくて、ある一人をターゲットにしていじめるようなものだと思ってください。 とても些
Tomoya Nagareo
24

aaa by Sakura Teruko

このストーリーを聞きたい人
詳しく聞きたい!

「受験学」

「受験学」  「教育学部」では、教育のあらゆる側面を研究する。研究論文はたくさんあるし、大学には助手、准教授、教授もいる。学会もある。制度が整備されている。  ところが、大学を卒業して受験指導の業界ーつまり、予備校や塾ーで勤務し始めて気がついた。 「まったく制度が整備されていない」  受験に関してすぐれた本だと思ったのは、和田秀樹さんの「新・受験技法」くらい。それでも、著者は「灘高」から「理Ⅲ」とい
キョウダイ セブン
5

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第30話

《これまでのあらすじ》初めて読む方へ あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな矢先、恋心を抱きつつあった店のチーフマネージャー佐々木が店を辞めショックを受けパテオを辞める決心をする桃子だったが、佐々木からの店を取り仕切る玲子に裏切られていたことを聞いた桃子は、玲子をいつか見返すことを誓い再びナンバーワンの座
Yoshida Maiko
80

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第25話

壊れた想い 《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ 普通の大学生だった桃子は、あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている。野心に目覚めた桃子は少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな中、ある晩の出来事はきっかけで桃子は大嫌いだったはずのチーフマネージャーのー佐々木への想いをハッキリと自覚するのだった。そして佐々木も桃子に特別な想いを抱いているようにも思えたが、そんな
Yoshida Maiko
111

「受験勉強」の意味

「受験勉強」の意味     私は、塾講師だから塾生の方と保護者の方に自分の学力を示す義務がある。授業という商品は、見せて評価してもらいにくい。だから、講師の学歴や、指導した生徒の方の合格高校や合格大学を示すのは講師の義務だ。  それで、名古屋大学を卒業して、アメリカに渡り、英検1級や通訳ガイドの国家試験に合格した。指導した塾生が、京大医学部、阪大医学部、名大医学部などに合格したと公表してある。  す
キョウダイ セブン
7

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第22話

愛と恐れ 《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ 普通の大学生だった桃子は、あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている。野心に目覚めた桃子は少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな最中、大学のゼミ担当の教師から脅迫まがいのことをされ、ついには襲われかける桃子。それを店のボーイを取り仕切るチーフマネージャーの佐々木によって助けられる。その夜を境に粗野で皮肉屋な男だと思
Yoshida Maiko
162

HAYATONY物語9

何とか高校3年生になり就職するか進学するかとみんなが考える時期が来た。 父は宝石デザイン関係の東京のヒコミズノ宝石専門学校や山梨の甲府に宝飾の専門学校の資料を取り寄せ家業を継いでもらいたかったみたいだ。 カツオ船の船乗りだった父はその後、独学で学び船の機関士の免許を取得し神戸の港内で船のエンジンの整備士として働いていた。 そこにスエズ運河(エジプト)への転勤辞令が出たが母子家庭で育った父は田舎で暮ら
田野上 勇人
5

世界47カ国女子バックパッカーができるまで(10)

時には現状を受け入れることも必要だ 私は心斎橋の地下鉄を息をきらしながら走っていた。 ハア、ハア、ハア・・・ ひょんなことから行ったバイトの面接。仕事の中身がどんなかも知らずに、自分の無知さに驚いたある秋の日。 待合室にいた、髪の毛濡らして肩を震わせる普通の少女。そして、普通と思えないような状況を何かネジを緩ませてしまったように語るギャルたち、白い合皮のソファ、部屋中に染み付いた消毒液のような香り、
Cathy Kei
20

世界47カ国女子バックパッカーができるまで(9)

場違い 小男に連れられて、白いトヨタのバンに乗った私は雑居ビルから数分の路地が目立つ地区に移動した。 小男は目的地に到着するまで、誰かとPHSで話しをしながら片手で運転していた。『ええ、だからあ、そういう面倒くさいのはやっといてよ~』 後部座席に乗っていた私はぼそぼそと聞こえてくるその口調に、私は初めて一抹の不安を抱いた。彼の見た目はウォッシュグレイのジーンズに白いTシャツという風情だったが、その口
Cathy Kei
20

先生、あんたなんかに何が分かる?(5)

第四章 「優秀な生徒に、パワーを分けてもらう」   もう10年以上経ったから書いても人物が特定できないだろう。長く受験指導をしていると忘れられない生徒がいるものだ。A子ちゃんも、その一人だ。  私の塾に来てくれたのは彼女が小学6年生の時のことだった。最初に面接した時に、一目見て 「この子は賢い子だ」  と分かった。学力を確認しようとプリントを渡したら、いつまで経っても提出しようとしない。完全に仕上げ
キョウダイ セブン
4

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第2話

思えば  あの日が全ての始まりだった。 平和で穏やかで  少しだけ退屈な日々を重ねている こういうのを幸せっていうんだろうか そもそも幸せって何を基準に言うんだろ そういえば   あの頃だって あった 過酷な運命を呪うばかりだったというのに ほんのひと時だけ…… 身体中で幸せをかみしめてたっけ 私の昔話に少しだけ付き合って頂きたい。 あの日が私の運命を大きく変えるとは 知る由もなかった。 当時 大学
Yoshida Maiko
681

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る