「偏差値」 に関する検索結果

バチェラーを見て。

Amazonプライム限定ムービー「バチェラー」にハマる男の感想。 「バチェラー・ジャパン」 海外では多くの国で放送され、人気を博しているリアル恋愛ドラマだ。 この度、日本でも公開されるとの事で広告もされ話題になっている。かくいう僕は無関心だったのだが、SNSに女性が投稿しているのを数回見て、思わず見てしまった、というわけである。 ※Amazonプライムから引用 ご存知ない方に簡単に解説しておこう。
岡崎 秀哉
2

【中学生その4】認めてもらえない悔しさ

中学二年生の後半になると周りは受験ムード一色でした。   私はというと学校では自分の視線の恐怖からあまり授業に参加できずにいました。 かといって自宅で勉強するわけでもなく、両親と兄達が寝静まった後に声優のラジオを聴きながら漫画を描くという生活を送っていました。   正直勉強は大嫌いでした。中学一年生の最初の頃不登校気味だったということもあり、数学の基礎がわからなかったため特に数学が嫌いでした。  
茶花 つばき
3

キミは「レオナルドダヴィンチ」ではない!

キミは「レオナルド・ダヴィンチ」ではない!   何かを得るためには、 何かを捨てなければいけないことがあります。 これから手にいれようとするものが 自分にとって価値があるものなら、 失うものへの名残惜しさも小さいはず。              (スティーブ・ジョブズ)            私がここで何かを書いても、ほとんどの人は 「けっ!田舎の塾講師ごときが何をほざく」  という反応をする。だか
キョウダイ セブン
5

けい子がたどった道3

<中学校時代> 中学1年のクラス編成って、小学校6年の担任が編成してた。うちの学年は全9クラス。40人近い生徒を9クラスに分けるから1クラス4人くらい?どんな思いで編成したのか知らないけど、なんでこいつと?って感じだったと思う。 1年4組> 真面目なクラスだったな。何せ先生が厳しかったから。埼玉の学校なのに群馬から来ていた。。。まあ埼玉に近い群馬だったからね。教科担当は体育。超細い体に長いワンレンの
溝渕 じゅりあ
4

落ちこぼれからの就活逆転術(一か八かで取った戦略はまちがっていなかった) ~面接編2~

面接は"説得"の場。 一般的に面接は面接官からの質問に答える形式です。強み、過去の成功体験、短所、志望動機などいろいろな質問に答えていきます。ここで注意が必要なのは、面接を単なる応答ではなく、自分の価値を相手に納得させるプロセスと捉えるべきだということです。前の記事に書いた、過去の自分のイケてないストーリー、というのは、逆に捉えると、ほとんどのエリート達が経験できなかった貴重な経験です。ですので、こ
Ash Zuck
6

けい子がたどった道3

<中学校時代> 中学1年のクラス編成って、小学校6年の担任が編成してた。うちの学年は全9クラス。40人近い生徒を9クラスに分けるから1クラス4人くらい?どんな思いで編成したのか知らないけど、なんでこいつと?って感じだったと思う。 1年4組> 真面目なクラスだったな。何せ先生が厳しかったから。埼玉の学校なのに群馬から来ていた。。。まあ埼玉に近い群馬だったからね。教科担当は体育。超細い体に長いワンレンの
溝渕 じゅりあ
3

偏差値30の私が一年間で明治大学を特待生で合格した話【後編】

しゃっす!どうもまくろ( @makuroblog )です! ついに 後編 です。 ありがたいことに数人から続編を読みたいと言われ、涙が出そうです。 書きます。私ができることはそれだけです・ 前編をまだ読んでいない方はこちらから→ 偏差値30の私が一年間で明治大学を特待生で合格した話【前編】 前編では大学受験を決意するまでの経緯を書きました! 今回はいよいよ受験勉強スタート→合格発表です。 偏差値30
平田 眞光呂
9

偏差値30の私が一年間で明治大学を特待生で合格した話【後編】

しゃっす!どうもまくろ( @makuroblog )です! ついに 後編 です。 ありがたいことに数人から続編を読みたいと言われ、涙が出そうです。 書きます。私ができることはそれだけです・ 前編をまだ読んでいない方はこちらから→ 偏差値30の私が一年間で明治大学を特待生で合格した話【前編】 前編では大学受験を決意するまでの経緯を書きました! 今回はいよいよ受験勉強スタート→合格発表です。 偏差値30
平田 眞光呂
11

世間知らずな僕が、ヒッピーに情景を抱いて海外で暮らす内に、冷却され、日本に帰るまでの話。

世間知らずで打たれ弱い僕が、ヒッピーに情景を抱いて海外で260日を過ごす内に、冷却され、日本に帰るまでの話です。閉塞感を感じて勢いよく日本を飛び出してみたけれど、どこに行っても息苦しさは解消されない。探し続けても、底無しの自由なんてものはない。代わりに発見したのは、自分を大きく見せようとする虚栄心へのシラケと、安定を求める揺るぎようの無い人間の自分でした。 一、 田舎の小学校からそのまま地元の公立中
えぬ さん
83

19歳の時にラリって自室から飛び降りた話

19歳の1月、私は自室(2階)の窓から飛び降りた。 某精神安定Aをワンシート、某精神安定剤Bをワンシート。ドンキで買った上下ドピンクのスウェット姿。死にたかったわけではない。たかが2階で死ねると考えたわけでもない。ただ「消えたかった」のだ。ラリった私は地面に落ちないと思っていた。地面に着く寸前にどこか異次元のワープホールに吸い込まれて消えることが出来ると思っていた。 どうしてこんなことをやらかしたの
遊佐 とうま
4

自分が『自分』でいられるのは、、、~愛あればこそ~ vol.3 「説明すればわかってもらえる」

自分は自分! 自分をまるごと受け止めてくれるという安心感は、自分の気持ちを大切にすることを可能にしてくれました。 周りにどう思われるかを気にするあまりに、自分の気持ちを押し殺す、、、なんてことをしなくて済んだのです。 大学入試の受験勉強をしていた際、自分は周りの人たちとまるで違う勉強法をとっていましたが、これを可能にしてくれたのも「自分をまるごと受け止めてくれる存在があるという安心感」でした。 高
室田 泰文
4

ブラック会社の最近経営責任者になった。 48回目

簡単な決算書の読み方を解説してみる。私自身は別に銀行員でも税理士でも投資家でもなんでもないので、専門的な知識を有している人には「当たり前のこと」であるだろう。ただ、この程度の「当たり前のこと」を結構知らない人が多いのも事実である。 自分の勤めている会社がどのような決算をしているかですら、知らない人は沢山いるのである。会計が理解できずして経営は成り立たない。 多くの人が「良い大学」「良い会社」を選びた
堀口 悠冴
23

「おもて」と「うら」、夢追い人の夢追い人生

 私はいつも夢だけを追いかけて生きて来た。「今はまだ人生を語らず」という歌があったが、人生の節目を迎えるにあたって、次へ歩みだすためにも自分の人生を振り返ってみようと思う。 今でも貧困は問題化しているが、私は市民税均等割以下で、当時は全員接種だった予防接種が無料になるような家庭で生まれ育った。当時は「砂の器」のような世界がまだ普通にあるような世界だった。父親は身体障がい者で職人だった。私の起きる前の
和田 隆夫
1

渡り鳥 ―50年前の文通に始まる2人の心の旅のstory―

 こうして仕事の合間に職場の窓から明るく青く澄み渡った冬空を黙って見上げていると、高い空の上を北から南に向かって真っすぐに飛んでいく渡り鳥の姿が見える気がする。    あれはもう 50 年前、私が信州の田舎の高校に通い始めた 1 年生の6月頃だった。当時、「高一コース」という高校生向きの月刊学習雑誌があり毎月買って読んでいたが、その中に「文通コーナー」というようなものがあった。高校は共学だったが女子
泉 遼
22

『あなたの夢はなんですか』 『私の夢は希望になることです』

私が就職活動をしている時、よく『夢はなんですか』という質問をされ、私はこう答えていました。今、こうして字で見てみても、恥ずかしいことを言ってるなという印象です(笑)もしかしたら、読んでるみなさんも『こいつ痛いな』と思われてるかもしれません(笑)いや、思っているでしょう(笑)少し痛いかもしれませんが、温かい目で読んでくれると幸いです。 私は来年就職を控えた、大学4年生です。この私の23年間この夢にどう
乾 健
1

『あなたの夢はなんですか』 『私の夢は希望になることです』

『あなたの夢はなんですか』 『私の夢は希望になることです』 私が就職活動をしている時、よく『夢はなんですか』という質問をされ、私はこう答えていました。今、こうして字で見てみても、恥ずかしいことを言ってるなという印象です(笑)もしかしたら、読んでるみなさんも『こいつ痛いな』と思われてるかもしれません(笑)いや、思っているでしょう(笑)少し痛いかもしれませんが、温かい目で読んでくれると幸いです。 私は来
乾 健
1

めんへらおとこ その4

入学式には、同じ高校のクラスメートと学生服に角帽を被って出かけた。   そのクラスメートは中学時代はサッカー部、高校時代は山岳部に所属しており、文字通り文武両道の男だったが、私は見栄を張って中学時代、サッカーをやっていたとその友達に嘘をついてしまった。その友達が、山のサークルに入ると言うので、またしても主体性のない私は、その友達の入るサークルに入部してしまったのである。   一方、語学のクラスでは、
Tadao Kawashima
2

偏差値50代から東大現役合格「恋愛のパワー」で不可能を可能にした話

安心できる場所と愛情の交流に飢えていた子供時代 私は医療法人を営む両親の長女として生まれ、高校生まで福岡で育ちました。 子供への愛情はとても深い両親でしたが、経営のストレスや共働きの忙しさからか、 小学生時代は夫婦喧嘩が絶えない家庭でした。 そんな環境だったからか、 「生きる喜び」だとか「本当の幸せ」について、日々考えるような幼少期を過ごしました。 初恋で幸福感、生きる喜びを知った青春時代 哲学的思
狩野 理沙
17

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る