「働くこと」 に関する検索結果

僕はラスベガスで統合失調症になった

「ふぁっきゅうううううううう!!!」 ラスベガスのホテルの一室で中指を立てながら僕はその言葉を叫び続けた。 あれから10年の月日が流れても僕はそのことを忘れることが出来ない。 小さい頃から、自分は貧しいなんて思ったこともなかったし友達も普通にそれなりにいた。 4人姉弟の4番目。姉3人の男1人の末っ子として生まれ、言わずもがな甘やかされて育ってきた。両親や祖父母からすると待望の男の子誕生で、5月にはた
Tetsu Toshi
4

障害者支援の会社で「利用者として働いていた」時の話

就労継続支援A型とはご存知でしょうか? 多分知らない方のほうが多いかと思います。 「障害者にその都道府県の最低賃金を保障して、障害者も仕事ができる」 というなんと親切な会社なのだろう。 と思うでしょう。 最近だと私の住むところの近くだけではなく、全国的に就労継続支援A型の会社が増えています。 実を言えば、私は現在、3つ目の就労継続支援A型の事業所で働いているところです。 というか、二十歳で専門学校を
宮城 ハナ
7

ドブネズミが90日で社長になった物語【第7章】

赤く鳴り響く電話。 2016 4.16 深夜1時26分 多くの人が深い眠りにつく中、震度7の地震が熊本を襲った。 縦にも横にも建物が揺れ、人々は逃げ場を失った。 魔法をかけられたかのように食器が飛び、冷蔵庫は生きているかのように暴れ出した。 揺れはまるで人々の逃げ道を塞ぐかのように物をなぎ倒していった。 どこにいても聞こえるのは建物の軋む音といつまでも鳴り止まないスマホの地震警報。 そして、怯える人
黒田 拓也
6

ドブネズミが90日で社長になった物語【第1章】

”常識”から逃げ続けた人生。 序章は→ こちら 子供の頃から優秀とは言えない子供だった。 小さい頃から怒られるまで遊んで、怒られても勉強はしない。 ただ押し付けられる勉強が大っ嫌いだった。 「勉強しなきゃ将来がやばい」そう自覚したのが中学校3年生の時。 気が付くには遅すぎた。 ほとんどの生徒が必死に勉強する中、何も考えずに遊んでいた。 そのせいか周りから浮いていて、しょっちゅう白い目で見られた。 一
黒田 拓也
13

非正規で働くことを辞めようと思う

こんにちは、初めまして。 今日は、「非正規で働くことを辞めようと思ったきっかけ」をちょこっと。 太郎 別に聞きたくない・・・ まぁ、まぁ、そう言わずに・・! 少々おつきあいくださいませ。  大学時代に教員を目指し、その道まっしぐらで走り続けた4年間。 私にとっての大学時代は、「自由だ~~~~!!」という感じではなく、 学費を稼ぐために働き、飲み会は絶対に避ける。 とにかく返さなくて良い奨学金を獲得す
Akamine Miyuki
5

40才からの成り上がり

社会に出てからのこの約20年、一体ボクは何をしてきたのだろう? 「誰かを幸せに出来たか? 」 「誰かの役に立つことが出来たか?」 「自分がこの世に生まれてきた証をなにかひとつでも残せたか?」 平成25年7月10日、ボクの親父は睡眠薬を飲み川に飛び込んで自殺した 63才で、自分の人生を終わらせる決断をしたのだった 死ぬ前に、母親の携帯に電話があったそうだが、母親は冗談だと思い、取り合おうとはしなかった
佐藤 龍星
29

DVから逃げてシングルマザーでホームレスになったけど、3年後には〇〇を勉強して人生を大逆転させた話。

この体験を書いた理由 私は、2人の子供がいる、シングルマザーです。 3年前の今日はホームレス状態でした。 今はとても幸せですが、過去の話は思い出すのも辛いです。 しかし、私の体験してきたことを公開することで、誰かの励みや、何かに踏み出す勇気になるかもしれないと思って、書いてみることにしました。 辛かった元旦那からのDV なぜ、そうなってしまったのかというと、元旦那のDVから逃げたからです。 親や身内
花城 ひなの
210

街のダニからグローバルエリートへ ~グレて高校中退。警察官から「街のダニ」と罵られたチンピラがオックスフォード大学院に入るまで~

高校中退、日雇い派遣、路上スカウト、キャバクラの黒服、ホスト等を経て荒れた生活を送るも、一念発起し、渡米。 アメリカ西海岸の名門カリフォルニア大学を卒業し、グローバルコンサルティングファームで経営コンサルタントとして働き、Times世界大学ランキング1位のイギリスの名門オックスフォード大学の経営大学院でMBA(経営管理学修士)課程に入学。 人生の中で様々な「知」に触れ、成長していく軌跡。 私の人生の
竹田 譲
94

野望

 平成29年7月13日(木)  私はいくつかの野望を持っている。  根本的な野望はお金持ちになるということである。  しかし、私はお金を得ることだけを目的にしているわけではない。   実際のところ私は、体をスピーディーに動かす仕事に体が向いていないのである。  その原因というのは、簡単にいうと老化現象によるものであり薬や摂取する食品などで歳々されるわけではないのである。  初めにMRIを見たのは、神
Endo Osamu
3

25歳。無資格整備士になる。

こんにちわ。 社会人3年目が終わりになる頃、 整備士になりたいと思い、他業界の営業職から転職したお話を綴っていきたいと思います。 僕は、この整備士になるにあたって、 3月末に営業職を辞め、 某有名ディーラーで働くことができ、 4月頭より働いております。 入社するにあたって、 1.資格なし 2.整備経験(バイトとかでも)なし。 3.2と同じですが業界未経験 です。 社会人になって、整備学校に通ってない
山本 孝
4

19歳で初めての就職先が海外だった?!しかもそこは日本人が全くいなかった秘境の地だった話

なぜ私が19歳で海外に就職しようと思ったのか? まずはそこからお伝えしましょう^ ^ 私は16歳の時、高校の交換留学制度を使ってタイに1年間留学しました。 その経験が、タイが大好きになるきっかけになったんです! 1年の留学が終わっても、私のタイ語はまだまだ日常会話程度。 もっともっと上達させたいなと思いつつ、英語が全く話せなかった私は、高校卒業後、英語の専門学校へ進学する。 1年間の専門学校だったた
ライフ&ビジネスコンサルティング せりーな
12

10代でうつ病になって悪い人に騙された話(7)

地元で再出発。 夏、地元での生活が始まった。 通信制高校の勉強はレポートを提出し、年1回のスクーリングに行けばいいので、そのままレポートでの勉強は続けていた。 でも、学校に通わないレポートの勉強だけでは孤独感は一層強くなるので、アルバイトを始めてみた。 最初に就いたアルバイトはコンビニ。家から少し距離があったが、自転車で通って働いていた。 店長はセカセカしたおじさん。16歳の頼りのない私を雇ってくれ
aki Karata
6

元不登校生の生い立ち⑥

よくある不登校生の話です。アルバイト編〜現在 西でその会社を辞めてから、前の販売の会社に戻った。先輩と仲が良かった自分は、連絡をしてまたその会社で働けることになった。 ただ、やっぱりそこは、良くも悪くも、時給も安く、生ぬるい環境には変わりなかった。時給も以前居た時よりも、情勢が変わったのか、跳ね上がったが、神奈川に移り住んで、家賃は安くなったものの、以前と変わらない、お金に厳しい生活をしていた。 東
よせ みて
4

12話 裏側

もうバッグ届いているかな? 現地ツアーを終えて、簡単な買い物をしてホテルに戻って部屋に入った。 ・・・ バッグない。 はぁ~・・・・ 明後日帰るのにまいったな~ 明後日の朝帰るから明後日の昼にバッグが届いても仕方がない。 連絡するかな~ 空港でもらった書類を広げて読んでみる。 アイスランドに着いたときは書類を見ることさえ嫌だったし、英語を読もうなんて気力はなかった。 今、書類を見てみると・・・サンジ
三条 翔也
11

商社マンだった僕が、アドラー心理学に基づいたコーチングを始めたわけ

  「・・・・・・・・」       沈黙、   重い空気、   少し効きすぎているエアコンの風、         「・・・・・・・・」       ポツ、ポツ、と車の屋根をたたく雨音、   軽く握ったこぶしに、じんわり感じる汗、   顔を上げられず、何となく落とした視線の先にみえる車のダッシュボード、       「コンコン」、     「コンコン」、   再び、助手席にいる僕の横から、窓をノック
梶 博之
28

毒親両親に育成された私の本当の志命 2

証券会社での日々は朝から多忙だった。 毎朝7時前には出勤し、男性上司の湯飲みを全部覚え、急須に茶葉を入れ お好みのお茶の濃さや適温調整等を意識し、上司から小言文句の出ない完璧なお茶を淹れる ことからスタートした。 私は上司の奥さんなのかと思ってしまうような、嗜好を完璧に把握する必要性があった。 経済情報新聞記事に目を通し、必須記事をコピー、手作業で切り貼りして、朝礼朝会用の コンパクトな情報共有紙を
山中 貴代
5

実話!魔法のランプが3つの願いを叶えてくれたすごい話。

4歳のわたし おかあさん、どうやったらディズニーのお姉さんになれるの? おばあちゃんにもらったビデオにあったでしょ?ジーニーにお願いすれば3つ願いを叶えてくれるよ。 ディズニー好きな母親の影響と おばあちゃんからクリスマスに届くディズニー映画のビデオのおかげで すっかりディズニーに夢中(洗脳)だったわたし。 4歳で東京から福岡に引っ越して小学校に入学して絶望したこと。 それは、 田舎すぎて片道1時間
池松 佳菜絵
50

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る