「商社」 に関する検索結果

LNGで走る船が増えていく

トヨタが複数の船会社に液化天然ガス(LNG)を燃料にする自動車運搬船の建造を打診している。この背景にあるのが国際的な排気規制の船舶への適用。 このルールを決めたのは国際海事機関(IMO)。 海洋における安全確保や汚染防止などの国際的なルールを条約として発している。 この条約は加盟国において批准、国内法で具体的な取扱い、罰則が決まられることになる。 今回、規制が強化されたのは船舶の排気に含まれる硫黄酸
Tachibana Toshiyuki
3

第2話 初出社

2008年3月1日 スティーブジョブズが遠くアメリカの地で再発明した新しくスマートな電話は、まだ日本では発売されておらず、二つ折りの携帯電話が相も変わらずパカパカと街の雑音を彩っていた。 東京都内では、1か月前の大雪が嘘のように晴れ渡り、気温はすでに20℃を突破し、季節外れの陽気に公園の陽だまりには、朝から猫の親子が昼寝をし、その鼻先を身軽な雀がピョンピョンと飛び跳ねて行く。 そんな穏やかな雰囲気と
田中 修治
100

街のダニからグローバルエリートへ ~グレて高校中退。警察官から「街のダニ」と罵られたチンピラがオックスフォード大学院に入るまで~

高校中退、日雇い派遣、路上スカウト、キャバクラの黒服、ホスト等を経て荒れた生活を送るも、一念発起し、渡米。 アメリカ西海岸の名門カリフォルニア大学を卒業し、グローバルコンサルティングファームで経営コンサルタントとして働き、Times世界大学ランキング1位のイギリスの名門オックスフォード大学の経営大学院でMBA(経営管理学修士)課程に入学。 人生の中で様々な「知」に触れ、成長していく軌跡。 私の人生の
竹田 譲
94

海外おひとりさま駐在食べ物記 その1

60年近い人生の中で2回ほど海外に駐在したことがある。1回目は未だ新卒で入社した会社で5年過ぎた頃。もう一回は、もう40歳に手が届こうと言う時。どちらにも共通すること、それは"単身赴任"。 新卒で入った会社は海運会社。 日本には殆ど資源が無いので外国から輸入してくる必要がある。 そして国内で製造した製品を海外で売りさばいて、輸入する原料の代金や国内で暮らす人々の生活費を得ている。 入社した船会社は主
Tachibana Toshiyuki
4

商社マンだった僕が、アドラー心理学に基づいたコーチングを始めたわけ

  「・・・・・・・・」       沈黙、   重い空気、   少し効きすぎているエアコンの風、         「・・・・・・・・」       ポツ、ポツ、と車の屋根をたたく雨音、   軽く握ったこぶしに、じんわり感じる汗、   顔を上げられず、何となく落とした視線の先にみえる車のダッシュボード、       「コンコン」、     「コンコン」、   再び、助手席にいる僕の横から、窓をノック
梶 博之
28

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

僕の職場は「戦場」でした。 毎日毎日、朝から晩まで、社内は燃えたぎっていた。 その熱は元々一人の事業家の「情熱」から始まったものですが、現場としてはそんなに美しいものではなく、「混乱」「焦燥」「窮地」から滲み出る「人熱の集合」みたいなものでした。 現場は常にギリギリの戦いを強いられ、疲労困憊し、 「おい、この件、どうなってる?担当の●●どこいった?」 「さすがに倒れてしまって病院いってるみたいです。
須田 仁之
1666

「人生の1ページ」

私は今年で61歳になります。年齢を重ねると色々な経験をしています。さてどの経験から話せば良いのか悩みます。愉快な経験、悲しい経験、苦しい経験、経験に無い経験、辛い経験様々です。それでは「強く生きて行こう。」と自分に言い聞かせた辛い辛い経験の話をさせて頂きます。私は人並みに大学を卒業して大手航空会社に就職しました。その当時は、公務員、商社、銀行、証券などが人気で、航空の人気はありませんでしたが、航空関
加治屋 健
5

「おもて」と「うら」、夢追い人の夢追い人生

 私はいつも夢だけを追いかけて生きて来た。「今はまだ人生を語らず」という歌があったが、人生の節目を迎えるにあたって、次へ歩みだすためにも自分の人生を振り返ってみようと思う。 今でも貧困は問題化しているが、私は市民税均等割以下で、当時は全員接種だった予防接種が無料になるような家庭で生まれ育った。当時は「砂の器」のような世界がまだ普通にあるような世界だった。父親は身体障がい者で職人だった。私の起きる前の
和田 隆夫
2

めんへらおとこ その5

大学卒業後、ちょっとした事件が起きる。 就職内定した大手住宅メーカーの研修期間中にまた逃げ出してしまった。社会人生活のスタートを切る大切な一歩をそんな形で無にしてしまった。ここまでくると、単に根性がないとか辛抱が足りないといった精神論では片付けられなくなってくる。だって私を除く大部分の人は研修を続けているのだから。ここに至っても私は現実を直視することはなかった。現実とはうつ病のことである。なぜ自分と
Tadao Kawashima
3

3年前“This am a Me” と真顔で言っていた私が現在、ニューヨークのウォールストリーで働くまで。

           プロローグ 決して良くも悪くもない普通の4年生大学を卒業し、就職氷河期と言われていた中、運もあってか、決して良くも悪くもないいわば普通の総合商社へ新卒採用として入社した。 当時の私はとりあえずお金が稼げて、社会保険に加入できご飯を食べれて生活できればそれで満足という考えしか持っていなかった。私生活の方では、幸運にも当時私には約7年ほど付き合っていた彼女がいた。しかし当時会社が出
S Aki
8

今日から俺は

おれの名前はケイタロウ。下北沢で暮らす、30歳の会社員だ。 シモキタっていえば、劇場やライブハウスが立ち並ぶ、やたらアーティスト志向の強い若者たちが集まる街だ。 そんな街にいるサラリーマンなんて、どこかおかしな奴だろう、って思うよな。 これでも、丸の内の商社に勤める、いわゆるエリート。立派なもんだ。 地元から同学年で大学まで進んだのは、二十四人中、おれともう一人だけ。 卒業してすぐに今の会社へ入って
中澤 慶太郎
3

フィリピンで警察に捕まって帰れなくなった日本人の話パートⅣ

「さてと・・・警察に行こうか?」 真正面の席についた部長は詐欺師達に威圧するような低い声で声をかけました。 「どっちが悪者かしっかり警察に行って調べてもらおう。」 それが部長の決まり手でした。 部長は国内にある小さな製作会社の2代目、食品加工に使うバキュームの機械や自動でラップやパッケージをする機械の製作を主としており、小さいとはいえ、海外とも取引をしていたそうです。 アメリカに留学経験のある語学力
渡辺 忍
205

高卒(多浪)の父が某四大商社に入れた訳 第1話

高校生活  父は大阪の高校に通っていました。 その高校は現在で偏差値が40前後なのですが、今は子供も減り学生の質も下がっているので、昔なら偏差値45前後になるでしょう。所謂、中堅高校です。 ですが、あの時代(40年前)はほとんどの男子生徒がワックスと櫛を持ち歩き、「男の髪型はリーゼントだろ!常識だぜ!」のような感じだったので、中堅高校の学生は、ほぼみんながみんなよくも悪くもヤンキーでした。 そんな時
Andy Mike
7

高卒(多浪)の父が某四大商社に入れた訳

これは私の父の物語である。 私の父は大学受験に失敗し、多浪した末に結局大学には就職せずにメーカーに就職し、死に物狂いで働いて、その頑張りと結果から某四大商社にヘッドハンティング(面接なし。ヘッドハンティングした人の顔パスで入社)されて、数年間営業した後に、とある事件がきっかけで退社して、1級建築士の資格を取得し、建築事務所を立ち上げて社長になった私の父親のサクセスストーリーです。 改めて文字にしたら
Andy Mike
17

HAYATO NY物語14

父親から勘当され実家の跡取りの話もなくなった。 さあこれからどうやって人生を歩むべきか考えていた。 彼女に相談したらこんなことを言われた。 「別にあなたが有名なシンガーソングライターにならなくてもいい。ただまじめに仕事をしてくれればそれでいい」と彼女からの言葉に僕もこのままフリーターを続ける事は止め就職しようと決意するのであった。 就職雑誌を購入し高卒でも働ける会社を探してみた。 音楽以外で生きて行
田野上 勇人
7

世界でたった一人の人間に会って人生720度変わった話!!

〜買うならヴィトンにしろ!!億万長者ビールおじさんと私〜 本気 で今の 自分の人生を、より良く変えたいと思う あなたにだけ贈る物語です。 ここまでたどり着いたあなたの行動力本当に素晴らしいです。 それでは私とメンター『億万長者ビールおじさん』との出会うまでの楽しい物語の始まりです。 では一緒に覗いてみましょうw つまらないと思う人生からの脱出までの始まりです!!! ああぁ〜だり〜な・・・・ まだ寝み
白戸 佑一
50

自己破産で蒸発したパパと12年ぶりに再会

おはよう 昨日電話なんやった? 兄 親父が会いに来てん。笑 え!!?笑 2016年6月4日 僕はいつも深夜0時頃に就寝するけどあの日の僕は夜の9時頃には就寝 なぜかこんな大事な時に携帯の電池切れしていて、ぐっすり寝ていました。 次の朝、兄から電話が5件ぐらい来ていて、 なんだこれは? 何かトラブル? そして、謎のラインのグループが作られていました。 兄、僕、藤井さん 藤井?? 誰それ?笑 とりあえず
森 倫徳
18

就活をして、感情に素直になることの大切さを知った話

このストーリーは、大学生活3年間やりたいことがわからなかった大学生が、就活中に様々なヒントを得ていくうちに、やりたいことと出会うという「Connecting the Dots!!」な物語である(^o^) 就活と学生生活 私は同志社大学 経済学部の4回生。 同志社に入った理由は、第一志望の大学に落ちたからで、経済学部を選んだのは、栄養学系に行きたいと思っていたけどおじさんに就職限られるよっていうアドバ
矢澤 優
99

バナナが食卓から姿を消す?

近頃、いつも行くスーパーの青果売場にあるバナナの売場で台湾バナナが姿を見かけない。あるのはフィリピン産かエクアドル産。小ぶりだが値段高めで「もちっと」した食感の台湾バナナはどこへ行ったのだろう。 よく言われる様に我々が子供だった半世紀前はバナナは高価な果物で風邪でも引かないと中々食べられなかった。 その頃出回っていたのは大抵この台湾バナナ。 日本に初めて輸入されたのも台湾からで、1903年に大阪商船
Tachibana Toshiyuki
7

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る