「旅行」 に関する検索結果

最愛のビッチな妻が死んだ 第3章

日常01 「編集者としてアドバイスするなら、あげはさんの過去を調べて書いたほうがより面白くなると思いますよ」 「僕もわかってはいますが、……まだ無理ですね」 「キタハラさんは傷つくかもしれませんが、あげはさんの過去をする知人などを取材すれば、もっと深い原稿になると思います」  この原稿を見せた友人の編集者にアドバイスを受けた。  的を射た意見だし、僕が出会う前のあげはについて知っている人に情報を得る
Kitahara Kyousuke
3

最愛のビッチな妻が死んだ 序章

2月14日、バレンタインデー。世界中が愛に溢れたこの日、僕は自殺願望と絶望に包まれた。 ずっと信じていなかった「運命」や「永遠」という言葉を信じてさせてくれた最愛の妻・あげはが先立ったのである。 まだ32歳の若さであった。 彼女は双極性障害を持っており、そのせいで「30歳まで死ぬと思っていた」とよく言っていた。また周りからも「生き急いでいる」「死に急いでる」と評されていた。 自宅で行った葬儀で、参列
Kitahara Kyousuke
11

口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑱壊滅編

時は少し戻るが、N美と付き合いだした12月、 Bに不穏な空気が流れだしていた。 その頃には、Rさんはとっくに飛んでいた。 Jさんはもう大学が来年で卒業という事で店を辞めて、 Mさんも単位がやばいといった理由で、Bを辞めた。 店に残っていたのは、 K野専務、R華社長、Nさん、Aさん、S君、KJさん、私の後に入ったホストが一人、新人が一人、私、他数名といった10人程度になっていた N「やってられねぇよな
健二 井出
6

社会的価値のない、僕が幸せな理由

毎日不安・・・ 僕は毎日を過ごす中で、 不安と戦い、不安を消し去ろう・・・ と、ずっとずっと戦ってきた。 でも、消しても消しても、 自分の捉え方を変えても 考え方を変えても、 それでも不安は出てき続けた。 何でだろう。 僕は一生不安と一緒に過ごすのか・・・? これはそんな不安のドツボにハマった僕が 不安が消えた時に気づいた 普遍的な原理原則のお話です。 =================== ノート
橘 敬太
5

ドブネズミが90日で社長になった物語【第7章】

赤く鳴り響く電話。 2016 4.16 深夜1時26分 多くの人が深い眠りにつく中、震度7の地震が熊本を襲った。 縦にも横にも建物が揺れ、人々は逃げ場を失った。 魔法をかけられたかのように食器が飛び、冷蔵庫は生きているかのように暴れ出した。 揺れはまるで人々の逃げ道を塞ぐかのように物をなぎ倒していった。 どこにいても聞こえるのは建物の軋む音といつまでも鳴り止まないスマホの地震警報。 そして、怯える人
黒田 拓也
6

21歳で起業した元社畜のドブネズミ【序章】

僕はドブネズミのような人間だった。 僕はドブネズミのような人間だった。 世間一般の常識も知らなければ学歴も特技もない。 奴隷のように働かされ、自分を出せば否定され、夢を語ればバカにされた。 他人の言うことを全て従う機械のように生き、 人間ではなく、ドブ川のような社会の底辺を這いつくばって生きる人間だった。 そんな僕も、今では一つの会社の社長となってしまった。 そして誰よりも自由な生活を手に入れた。
黒田 拓也
8

僕は社会人に出て無能だと気づいた

僕は社会人に出て無能だと気づいた 1991年、僕は生まれた。 いわゆるゆとりと言われる世代だ。 しかし、家庭はゆとりにあふれたものではなかった。 機能不全家族 今思えばこれだったのだろうと考えられる。 親が毎日喧嘩ばかりしているため小学生時代は外に 遊びに行き、家にあまり寄り付かなかった。 中学生になり、あまり外に出る機会が少なくなると 僕は親の顔色を窺うようになっていた。 兄がおり、そのことで母親
もとき ごう
4

俺のしくじり恋愛 エピソード6

バンちゃんのしくじり恋愛実話⑥ 社会人になってからは、就職氷河期という時代だった為、旅行の専門学校に通って、国内旅行の主任者資格(国内旅行の代理店をもてる添乗員の国家資格)を取得し、旅行会社に就職しようと思い、何社も回ったが入社する事は出来なかった。 今思えば、ここで就職していたら、今の自分はいなかったかと思うのどが。。 社会人は、フリーターとして、様々なバイトをやっていた。そこで出会う女性との恋愛
坂東 洋彰
1

俺のしくじり恋愛 エピソード5

バンちゃんのしくじり恋愛実話⑤ 専門学生時代と学校よりもどちらかというと、バイト先の仲間はイベンド事の方が楽しかった記憶があります。 そのバイト先で知り合った年上の女性に対して、 気が合いすぎて楽しい時間でした! どうも会社勤めや一般の日常を送っている人とは、馬が合わないようです。 この女性も、女優を目指していて舞台などをやっており、空いた時間はバイトをしていました。 前回で登場した女性も結果キャバ
坂東 洋彰
2

内定が決まったんだ!

やっとの事で内定が決まりました! でも、海外旅行とか就職先への引越し費用とかの積立ぜんぶ消えたし、グッドエンディングかと言えばなんとも言えないんだけど(笑) ブラック研究室の方は中間発表に向けて最近拍車がかかってきまして、明らかにほかの研究室と温度差があるんよね。。。 ポツっと「もう働きたい。。。」って同じ研究室の人に言うと、「俺もだわ」って返ってきたから、同じ気持ちの人がいてくれてホッとしてる。
マダ 男
4

【ナシ婚でも80万円!】顔合わせ~新生活を始めるまでの結婚費用について

私たちは、ナシ婚です。結婚式も指輪もナシです。 でも、結婚するまでに約80万円かかりました。 そのなかで、とことん安くするために節約したところがいくつかあるので、 結婚費用を抑えたいと考えている方へ、少しでも参考になればと思い、書くことにしました。 1、予算 vs 実際にかかった費用 二人とも一人暮らしの会社員で、結婚に伴い、新居(夫の社宅)へ引越しました。 実家については、双方とも遠方で、妻の実家
辻 涼子
5

「金が無い」コンビニでパンを万引きしかけるまで飢えた話

「金が無い」  大学生に共通する口癖である。だが蓋を開けてみれば、旅行に行けない、服が買えない、飲み会に行けないといったような、大学生活を驕奢に過ごすための資金が足らないという、非常に贅沢な悩みであるケースが多い。大学生活の延長を生きる私は、未だに「金が無い」とこぼしながらも、コンビニでお茶を買える余裕がある生活を送っている。しかし、大学2年生のあの頃は、本当に「金が無い」状況であった。ここにおける
えぬ さん
3

口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑦ 悲しきヒモ編

人生初の指名。自分史に残る快挙だった。 街でパレードをとりおこないたい気持ちだったが・・・ そんなに甘くなかった。 5万程度売り上げを上げたところで、30%バックが貰えたとしても1万5千円。 そこから地獄の税金+地獄の旅行積立金が入れば給料どころかマイナスである。 人生初の快挙に酔いしれる事もできなかった。 そんな状態では指名をとったとはいえ一瞬・・・ 所詮、自己満足であった。 その週の定休日に私は
健二 井出
8

口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑤ 崖っぷち編

Sさんがいなくなってから数日後、ついにフル出勤で迎えた給料日がやってきた。 営業終了後にみんなが集まり売上の発表を行い、その後に給料を渡すという流れであった。   ホストの給料日というとナンバー1から発表されそれから順に2、3という風なのを想像されると思う。 大筋はBも一緒だったのだが、何か空気が違っていた。   なんというか・・・みんながあきらめ顔なのだ。 モチベーションが低いというのか・・・。
健二 井出
10

15年間諦めきれずそれでもカナダに来た理由

私はアラサーでセブ留学を終え、今カナダでワーキングホリデーをしています。 中学生のころから留学をしたいとずっと思っていましたが、 なかなか何もできずこれまで留学経験はありません。 そんな私がやっと一歩踏み出せた話です。 “人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。  すなわち、みずから動きたくなる気持を起こさせること… これが、秘訣だ。” ーーーーーーーーーーーーーーーーー 1.異文化への興味(
Araki Ami
8

海外おひとりさま駐在食べ物記 その2

前回はアメリカのシアトルに7ヶ月駐在した際の話であったが、今度は十数年経て経済が急速に成長していたアジアの都市国家シンガポール。 シンガポールと言えば元々マレーシアとマレー連合を築いていたのだが国のあり方を巡ってマレー系の人々が追い出されて半島の先の小島に中国系の人達が築いた国。 故リー・カンユー大統領の元で経済中心の政治が進められ商業、工業そして金融を中心として発展して来た国。 それまでにも出張で
Tachibana Toshiyuki
3

初めての海外旅行15

 1日目は、プカルパから船で8時間移動、イナワーヤへ。移動の船で出会った家族は、お母さんの娘が名古屋に、兄弟が日本に居るらしく、3番目の女の子は、日本に、日本人に興味津々。折り紙を使ってコミュニケーション。子連れの他の家族もオリガミに興味津々。鶴を折って、渡しました。 イナワーヤから、パタシャナーヤへ船を乗り換え1時間移動。パタシャナーヤから、アゥーの村まで30分徒歩にて移動。長靴必須。日本野鳥の会
井手 悠
5

愛情のない家庭で育った私が見た世界

                                    家庭ーそれは社会学的に見ると「人間関係の基礎の基礎」である 愛情ーそれは誰かを思いやる気持ちや、愛おしいと思う気持ちである 私は世間的に見たら高学歴、高収入の両親のもとに生まれた。そんな家庭に生まれた私に例外なく人々は言う、「環境に恵まれていて羨ましい」と。 しかし我が家にはあるものが欠けていた。それが「愛情」だった。 私は生ま
今週の 輝けないワセジョ
30

ホリエモンのメルマガにも載った、僕の海外旅行記②

前回、『ホリエモンのメルマガにも載った僕の海外旅行記①』をお届けさせていただきまして、 今回、その2つ目。 (一つ目はこれでした) http://storys.jp/story/28164 皆様の海外旅行情報のお役に立てたら嬉しいですが、僕はカジノプロとして世界放浪した挙句、世界中のカジノを出入り禁止となってしまいました~。 そこにつきましては、また別の記事でお伝えできたら嬉しいです~。 (以下、乗
Koga Masato
6

ホリエモンのメルマガにも載った、僕の海外旅行記①

ホリエモンのメルマガには海外旅行記というコーナーがあり、2週にわたって私の記事が掲載されたことがあるので、それをご紹介します!(^^)! 当時私は、事情があり、家族を捨て、単身海外にカジノプロとして渡航している時期でありました。 僕の記事が皆様の旅行情報の参考にでもなっていただけたら嬉しいです。 (以下、僕と編集の方とのやり取りの最終) ===============================
Koga Masato
5

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る