「時間」 に関する検索結果

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

現在 (2017年) インドネシアから来ました。25歳です。 私は子供の頃から、日本のことずっと憧れて、 「いつか絶対に日本で働く!」という夢がありました。 今は東京で働いてて、文化の違いとか辛いことがあっても、毎日笑顔で頑張っています。 高校時代。 元々性格明るくて、いつもポジティブな考え方持ってる子でしたが、 高校生になった時、全てが変わりました。 高校生の私は、デブだったし、いじめられっ子でし
ジェシカ メイリナ
2

現状を打破したい、ワンランク上を目指したいヒトが頭に入れておくべきこと。

目次 ・「恒常性」とは ・カラダにおける恒常性について ・メンタルにおける恒常性について ・ヒトが成長するには ・ワンランク上に行くには「筋トレ」 「恒常性」とは 今日は現状打破、ワンランク上にいくヒントについてお話したい。 「もっと良い人生を送りたい、もっと人間力を高めたい」、そんなヒトのヒントになれば嬉しい。 「ヒトは死に向かって生きている」 なんだか、大げさで逆説的な表現であるが間違いない事実
岡崎 秀哉
2

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(2)

中国人について知る プロジェクトがうまくいかないのは、中国や中国人についてよく分かっていないからだ、と思いついた私。 ただ、中国人についてもっと知りたい、と思っても、一体どうすればいいのかよく分かりません。とりあえず考えた方法は、 (1)本を読む (2)よく知っている人に話を聞く (3)プロジェクトチームやクライエントを個人的に知る ということでした。 まず、英語や日本語で書かれた中国人や中国ビジネ
D Yuri
9

たそがれ

たそがれが綺麗だった。 私は夕方を少し過ぎた公園のベンチで寝転び、一日にそう長くもなく、やがてやってくる夜への橋渡しの刹那の時間の儚さを感じていた。 死ぬ。 たぶんもうすぐ、私の身体は呼吸をしなくなるだろう。 首が変な形に折れ曲がっているのが、自分でもわかる。身体の重要な器官のどこかが壊れたに違いない。 こんなことなら、達也のやつともう少しデートしとくんだった。 私は、ついさっきまでSNSでやり取り
小金井 正美
2

夫にちゃんと伝えられればいいなと思うこと

幸せです感謝 2017年6月、私は仕事を辞めて求職中。育児休業以来の専業主婦に甘んじておる。 今日はモヤがかかった梅雨時の晴。 子どもは学校、仕事が休みの夫は家でゴロゴロしながらネット、眠くなったら眠ると好きにしている。夫は寡黙までは行かないが言葉数少ない人だ。 天気予報では明日から曇りと雨が数日続くと聞いて私は朝から洗濯機を3度回して干した。 天気の日に掃除と洗濯をして干すのは一番好きな家事。やわ
堺 良枝
10

「その夢には、はかり知れない価値がある。」

「こっちへおいでよ!」  そんな時、あるダンスイベントに誘われた。スクールの先生が「この人のダンスは見ておいた方がいいよ。」と誘ってくれた。  退職は2ヶ月後に迫っていた。自分が大きな節目にいることは感じていたけど、具体的にはなにをするか、全く決まっていなかった。次が決まる前に辞めるのが私のパターンになっていた。イベント当日も不安なまま会場へ向かった。  会場に入り、しばらく立ち見をしていたが、同じ
Haneda Kiko
4

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

こんにちは、探究学舎代表の宝槻泰伸です。 突然ですが、子ども(小学校1年〜6年)に「元素の世界(化学)」を面白おかしく教えるとしたら、あなたはどんな授業をしますか?? このコラムは、「人類の叡智と自然の神秘」をいかにして伝えるか、「驚きと感動」をいかにして感じてもらうか、「熱狂と興奮の渦」にいかにして巻き込むか、というミッションに燃える、とある塾長の実録奮闘記(悪戦苦闘記)である。 ※なおこのコラム
寳槻 泰伸
65

僕は赤ちゃん恐怖症だ・・

赤ちゃんが嫌いという人生 これは僕が今実際に経験していることであり、嘘、偽りの無い事実です。これは僕の最近の悩みです。 悩みと言っても、そこまで大きい悩みではないです。 てか、あまり気にしていないので、悩みではないですが、 おそらく嫌悪感も抱く人もいると思いますが、 気にせず書きます。 昔から気付いていたことですが、僕は赤ちゃんが嫌いです。 子供嫌いと言うよりは、赤ちゃん恐怖症、 ペドフォビアという
渡辺 正実
7

アルコール依存になりかけの話

私はアルコール依存予備軍だ。大学時代には大学四年の最後の一年間で4回ほどアルコールの過剰摂取で救急搬送された事がある。吐いて潰れた時の事も含めれば、何回になるかはわからない。 社会人になった今でも、時折タガが外れるまで飲もうとする。休日の真昼間から1人酒することもある。そのことについて周りから非難される事もしばしばある。それでも止められない。止めなきゃなぁと思う事もある。それでも止められない。 お酒
涼子 鈴木
2

「その夢には、はかり知れない価値がある。」

ここはもう、私のいる場所ではない。    それから、レッスンに出ては、その日出来なかったことをひとつひとつ自分の感覚の中にしっくりくるまで落とし込んでいく、地道な日々を送っていた。また、仕事ではいくつかの会社を転々とした。尖った性格は少しずつ丸くなり、会社の中で交わされる、なんの興味も湧かない話にもなんとか上辺だけは合わせられるようになっていた。話を合わせないといじめられ、仲間はずれにされてきた過去
Haneda Kiko
3

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る