「父」 に関する検索結果

ミスター・マニアックの英語放浪紀

 名古屋大学の学生だったころ、授業を面白くするための方法論を解説しているT教授の授業があまりにつまらなくて、教室内は寝ている生徒が続出でした。おかしくないですか? 「経営学の教授が本当に経営したら、会社がつぶれる」  というのが、本当に思えました。 「学歴などで人を判断するのは、間違っとる」  と言っていたM教授が、コンパで酒がまわると 「オレは東大卒だぞぉ!」  と、叫んでましたね。  でも、決定
キョウダイ セブン
4

普通の私の出産話し

日常にドラマ 妊娠、出産は日常でも本人には一生に何度あるか、もしかしたら出来ない体験。 人間は妊娠確率も他の動物に比べて極めて低く、医療が未発達な時代は出産で母子共に命を落とす危険に晒され、産まれて来た子どもは未熟な状態。 それでも命は紡がれて来た。 だから、産まれる子供ひとり、ひとりにそれぞれの物語。 ママさん達と出産の時の話になると、皆さんハッキリと覚えていて、それは楽しそうに、武勇伝の様にお話
堺 良枝
6

欧米人とつきあうためのキリスト教の基礎知識(16)

欧米人とつきあうためのキリスト教の基礎知識(16)   少し前にチェーン・メールで知った話を引用させてもらいます。 この話はベトナムで戦って、やっと帰ってきた一人の兵士についての物語です。  彼はサンフランシスコから両親に電話した。 「母さん、父さん、帰ってきたよ。でも頼みたいことがあるんだ。連れてきたい友達がいるんだ。」 「勿論よ。」彼らは答えた。「私たちもその人に会いたいわ。」 「先に、知ってお
キョウダイ セブン
5

口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ③ スタートライン編

私は非常に疲れていたせいか、起きた時はすでに21時前だった。風呂に入って髪をセットしてまたカバンを持って・・・ そうなのだ、私は親に内緒でホストを始めていた!   私の父親はとても昔気質な人間で、高校生の頃にピアスを開けようとした時もロケットパンチが飛んでくるような父親だった。 その理由は、   「男が耳に飾り物などつけるな!アフリカ人じゃあるまいし。みっともない!」   とピアス一つでアフリカの方
健二 井出
4

お世話になっている方に〇〇と言われたことに対する考察。やっぱり私の考えが辿り着く先には〇〇に対する〇〇がある

宗教観念のない私が繰り広げる独断と偏見の世界 先月下旬のことだった。いつもお世話になっている大好きな方から心の内を打ち明けられた。 尊敬する方 「まるでゴルゴタの丘に向かうイエス・キリストみたい。早くあなたから重い十字架や楔を外してあげたい。」 自分 「ゴルゴタの丘?イエス・キリスト?…って神様だよね?…神様みたい?…私が???」 イエス・キリストについて無知過ぎてどう受け止めて良いのか分からなかっ
小川 詩織
10

欧米人とつきあうためのキリスト教の基礎知識(6)

欧米人とつきあうためのキリスト教の基礎知識(6) 「イスラム教の人は、ブタ肉を食べないからトンカツはダメだぞ」  このくらいのことは、皆さんも気をつけますよね。では、クリスチャン相手の時はどうですか?    何も気にしたいんじゃないかな。クリスチャンは、穏やかで問題が起こらない。そんな認識でいませんか?  それは、大きな間違いですよ。日本に一番影響を与えているアメリカを知らないのは、危険です。現在、
キョウダイ セブン
4

あの川の曲がりの向こう側

子供の頃、夏休みになると父方の田舎である新潟の三条に滞在していた。普段は滅多に会うことのない従兄弟が来ていて毎日朝から暗くなるまで真っ黒になって遊んだ。 家の前には用水路から水を引いた大きな池が横たわっていて大きな鯉が沢山泳いでいた。 炊事場から流された米粒などを鯉が食べて水を濾過していた。 その池の上には桃の木があり夏場には大きな実をたわわに実のらせていた。 何かの拍子にその桃が池にポチャンと落ち
Tachibana Toshiyuki
4

口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ① 決意編

この話をするにあたって、私がどれほどの平凡でダサい人間かを知って頂くために18歳の頃から物語を進めようと思います。   私はどこにでもいる普通の少年だった。 高校在学中にチャンスなく童貞、彼女なし、お金なし、車なし。 父は工業用薬品製造会社のサラリーマン、母は食品加工会社のパート、兄は空港の機内食製造会社のサラリーマン、雑種の犬、アメリカンショートヘアーだと騙されて譲り受けたトラ柄の猫。 四人家族と
健二 井出
6

15年間諦めきれずそれでもカナダに来た理由

私はアラサーでセブ留学を終え、今カナダでワーキングホリデーをしている。 中学生のころから留学をしたいとずっと思っていたが、 なかなか何もできずこれまで留学経験はなかった。 そんな私がやっと一歩踏み出せた話。 “人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。  すなわち、みずから動きたくなる気持を起こさせること… これが、秘訣だ。” ーーーーーーーーーーーーーーーーー 1.異文化への興味(小学生時代)
Araki Ami
5

欧米人とつきあうためのキリスト教の基礎知識(4)

欧米人とつきあうためのキリスト教の基礎知識(4)   このモルモン書は、ジョセフ・スミスという人によって書かれたと紹介されることが多い。でも、それは正確ではないんです。ジョセフ・スミスは神様の言葉を多くの人に伝えただけ。 「やっぱり、頭がおかしいんだ!」  と思いませんでした?私も最初に聞いた時、同じように思いました。 「バカバカしい。どうやって、神様に会うんだ?」  でも、 「天才物理学者のアイン
キョウダイ セブン
5

親子3人精神障害者

まずは誰が何の病気かを紹介したい。私は「統合失調性感情障害」。母と一番下の妹が「統合失調症」。妹は二人いるのだが、もう一人の妹や、ご親戚、私の親戚は(父方も含め)皆、健常者だ。 それぞれ病気になった時期はバラバラだ。一番重く分かりやすかったのは、母だ。私や妹は病気なのはわからなかった。母よりは重くないので、気付くのが遅かった。一番遅かったのは私だ。前兆や原因不明の体調崩しはあったが、誰でも抱えている
丸子 美代
3

欧米人とつきあうためののキリスト教の基礎知識(3)

欧米人とつきあうためのキリスト教の基礎知識(3)    私の通っていた四日市の教会は、四日市駅の近くにある立派な建物だった。教会に集うメンバーは貧乏そうだったから、とても土地を買ったり建物を買ったりする経済力はなかったはずだよ。  つまり、私がお世話になったプロボのバンフリートさんとか、ローガンのブレアーさんたちの献金からお金が出ているはず。  よく日本の人たちは 「宗教なんて、怪しい教祖の集金マシ
キョウダイ セブン
5

1960年代の船橋

夏真っ盛りのこの季節になると船橋海浜公園が潮干狩りに多くの親子連れで賑わうというニュースを耳にする。私が世田谷からこの町に引越しをして来たのは1967年。社会科の教科書によれば池田首相が「もはや戦後ではない」と国民所得倍増計画を打ち出したのが1960年。第一回東京オリンピックが開催されたのが1964年。我が国は高度成長期へのスタートを切っていた。 その頃は世田谷と言えど未だ田園風景が広がり、春には田
Tachibana Toshiyuki
3

~ずっと自分が嫌いだった。いつも生きにくくて苦しかった~ 【それでも。。。そんな私でも、私らしく、自分に優しく生きれるようになったよ】4

読んでくれてありがとう ~つづき~です 初めて行った心の専門病院 1時間以上のカウンセリングの後 意外な事を私は言われました。 「お母様のカウンセリングが必要ですね。 お母様の治療をしましょう」 「。。。???」 実は私の母は 毎晩お風呂でビールを3㍑飲むのが日課でした。 それを知らされているのは私だけでした。 誰にも言ってはいけないと強く口止めされている、母と私の秘密。 ビールを買いに行くのは私の
moon happy
4

~ずっと自分が嫌いだった。いつも生きにくくて苦しかった~ 【それでも。。。そんな私でも、私らしく、自分に優しく生きれるようになったよ】2

つづきです 親にも言わずそっと家を出た私 当然の如く【捜索願】が数日後には出されました!。 「友人の所を頼っては迷惑が掛かる」 そう思った私は、前もって調べておいた住み込みのバイトを少し離れた場所で始めました。 とはいえ、未成年者の捜索願が出されている立場。 当然そんな生活が長く続くはずもなく。 数週間後にはバイト先から離れ 半浮浪者的な生活を送り、 15歳のなんの知識も疑いも知らない私は 複数の異
moon happy
3

2011年の東日本大震災被災者が生まれ育った粗悪な家庭環境。

僕は2011年の東日本大震災で被災した。同年3月17日に実家を出て以来、当時住んでいた福島の実家は売られ、今現在別の人が住んでいる。 福島県郡山市亀田2-20-21 やはり福島の実家は残すべきだった。 あれがあればairbnbなどで民泊をすることも出来たし、野菜を作ったりして自給自足をすることだって出来た。 地元の工場やディスカウントストアなどでアルバイトをしながらのんびり暮らすことだった。 教育費
熊坂 翔吾
6

ごめんな、親父 ありがとう

 少し唐突な始まり方ですが、読んでもらえたら嬉しいです。 私の親父は、52歳で亡くなりました。アルコール依存症で、ろくでもない親父でした。 しかし、親父がこうなったのは、ある理由がありました。  私は、5人兄弟の末っ子で、いつも親父の背中を追いかけるばかりいたガキでした。 幼いころから、私の兄は、児童養護施設に入っていました。5人中4人が施設に入っており、 私だけが、家にいるという状況でした。  私
松並 大樹
2

ごめんな、親父 ありがとう

 少し唐突な始まり方ですが、読んでもらえたら嬉しいです。 私の親父は、52歳で亡くなりました。アルコール依存症で、ろくでもない親父でした。 しかし、親父がこうなったのは、ある理由がありました。  私は、5人兄弟の末っ子で、いつも親父の背中を追いかけるばかりいたガキでした。 幼いころから、私の兄は、児童養護施設に入っていました。5人中4人が施設に入っており、 私だけが、家にいるという状況でした。  私
松並 大樹
9

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る