「父」 に関する検索結果

「東京のお父さん」って、何だろう?

東京のお父さんは、地方出身の大学生に、親がわりになって悩みを聞いて解決し、世のため人のために尽くす人材として世に送り出すことを使命とする、私のライフワークです。 U君と出会ってから、4年半が経ちました。私の生き様、U君の活躍をSTORYSの読者にシャアしたことで、共感して頂く機会が増えました。 「俺は早稲田、お前は獨協」そこから始まるNYの投資銀行マンへの道 「GAP2.3の地方出身大学生を、外資系
西條 智之
4

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校時代は、自分が特別な人間だと思っていた。でも今は、もっと謙虚に人の話を聞いていれば、人生変わっていたのかもと思う。 今考えれば、高校時代に見ていた夢は、とても幼稚だったと思う。 当時は大まじめだった。 夢の内容はこんな感じ。 外国に住みたい 知識を、特に専門的な知識を身につけたい 人のためになるような、責任とやりがいのある仕事をしたい 庭付き一戸建てに住みたい ジョニー・デップみたいな男前と恋愛
D Yuri
6

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(1)

(幸いにして肺がんを早期発見をすることができた僕は、右肺上葉部の摘出手術をし、今は毎月定期健診を受けています。術後一年半、今のところ転移所見はなく、闘病体験としてはささやかなものです。それでも自分にとってはいろいろと考えることもありましたので、伝えられることもあるのではないかと思い、「父さんにもしものことがあったら読んでほしい手紙」の続編として書きました。)              *      
松本 晃一
6

1.「心と声」のつながりを知ったあの日(1)

音楽が好きで歌うことが何よりも好きだった私は、憧れの音楽業界でAVEXに入社し、管理職として多忙な仕事を続けるうちに摂食障害となり、その後遺症から「歌唱時発声困難症」となり声を失いかけました。   もとの声を取り戻そうと、何人ものボイストレーナーを訪ね歩きました。 しかし、指導されることを素直に懸命に試すのですが、どうしても声が裏返ってしまうのです。 何人ものトレーナーに「力まないで」と言われました
神剣 美歌
13

感謝しても、しつくせない人たち

7回目の、京都大学受験     みなさんは、いつごろ勉強を捨てました?中学生の頃ですか?それとも、高校生のころ?二次方程式くらいまでは何とかなっても、高校の微積分あたりで挫折する子が多いよね。 私も、四日市高校のころ挫折感を味わいました。でも、だからといって人生を捨てるわけにはいかないよね。生きていかないといけないもん。でも、私は、何をしていいのか分からいまま大学を卒業してしまった。 「教育学部」を
キョウダイ セブン
4

アルコール依存になりかけの話

私はアルコール依存予備軍だ。大学時代には大学四年の最後の一年間で4回ほどアルコールの過剰摂取で救急搬送された事がある。吐いて潰れた時の事も含めれば、何回になるかはわからない。 社会人になった今でも、時折タガが外れるまで飲もうとする。休日の真昼間から1人酒することもある。そのことについて周りから非難される事もしばしばある。それでも止められない。止めなきゃなぁと思う事もある。それでも止められない。 お酒
涼子 鈴木
2

お金のことを何も知らないバカな美容師が独立するまで

『全ては安易な気持ちからのスタートだった』 2012年12月 「僕、7月に中目黒で独立することにしました!」 当時、僕はフリーランス美容師として、 原宿のヘアサロンを間借りして活動していた。 友達の経営している ヘアメイク事務所にも所属していたから 合わせればそれなりの収入もあった。 さらに時間はさかのぼる。 2010年12月1 日 「今日からお世話になる星川です!」 僕はこの日から原宿の ヘアサロ
星川 佳輝
9

俳優の父が亡くなり起きた事 by 林 征生

このストーリーを聞きたい人
詳しく聞きたい!

何度堕ちても再生してきた ドラマのようなジェットコースター珍生

波瀾万丈だ とよく揶揄されるわたしの珍生 それを面白がってくれる人が少なからずいて わたしは落ちぶれずに済んでいる 北海道の右側に在する 湿原が有名な地にわたしは誕生した 当時 父は祖父の代から経営していた清掃会社を継いで社長として忙しく動き回っていた かと思ったら趣味の社交ダンスにも没頭していた 数年後には自ら社交ダンス教室を造ってしまったのである!! 現在、60歳を過ぎてもなお ロータリークラブ
知花 薫
40

32歳で「ものかき」として生きていくと決めた。会社を辞め、東京を離れ、33歳になった僕は今、こんな風に生きています。

ごあいさつ  どうもはじめまして、ものかきの狭井悠(Sai Haruka)です。  以前、STORYS.JPで村田悠(Murata Haruka)という名前でエッセイを書かせていただきました。  母の再婚した義理の父が事故死した当時のことをつづったエッセイ 《突然の望まない「さよなら」から、あなたを守ることができるように。》 が多くのアクセスをいただき、とても勇気付けられました。  こちらのエッセイ
狭井 悠(村田悠)
16

初めての海外旅行13

2017/5/17 移動と、ワクワク、ドキドキで疲れがピーク。昨晩はグッスリ寝ました。朝6時の船に乗るので、早起き。朝食は、昨日のうちに買いましたー。果物。アボカド、、切るものが無い。のでフロントへ。ありゃ、フロントのお姉さんソファーで睡眠中。ブエノスディアスと、声をかけると、眠そうな顔でフロントへ。携帯の翻訳機能を使い、果物を切りたいからナイフをかして、と伝えると、歯の錆びたカッターナイフが。無い
井手 悠
5

《5話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

思い返してみたら、母と最後に2人並んで歩いたのは無菌室病棟で「少しでも運動しなくちゃね。」と点滴を引っ張りながら2人並んで洗濯機まで往復したそれだった。 転倒して少しでも打撲などすれば、内出血がひどくなり命も危ないことが分かるからしっかり母を支えて。 それを悲しい時間と捉えることもできるけど、 本当に楽しくて温かくて幸せな時間だった。 動けなくなってからは食べ物もずっとろくに食べられないまま、 最後
やすだ ゆき
4

私が今死んでない理由

虐待、施設育ち、家出、援交、風俗、身元不明者、借金 私の生きてきた足跡はぐちゃぐちゃだ。 私は両親から手を離され施設で育ち、途中から親の元へ帰るも高校を中退し家出をした。 そんな私が出会った人はもう二度と会えない、私のあしながおじさん。 十五歳で家を飛び出した私は友人から教えてもらい、身体を使ってお金を稼ぐ方法を知った。 後先の事は考えてなかった、ただなんとなく何もかもが嫌で。 オジサン 腹、減って
私と ○○○
51

元不登校生の生い立ち①

よくある不登校生の話です。小学生〜中学生編 良くも悪くも自分の両親が喧嘩が絶えず、いつも今日は喧嘩をする日だろうか、と怯え、ほぼ毎日隣から聞こえてくる両親のセックスを不快に耳にする日々を過ごしながら、無虚な子供時代だった。 取り立てて虐待と言ったことは無いものの、共働きで忙しい両親は自分と妹にかまう余裕もなかった。唯一、一緒に住んでいた祖父母が遊び相手だった。 両親自身も、私が聞いた限りでは、中学校
よせ みて
9

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る