「相撲」 に関する検索結果

ホッケー O'Canada事件

子供の頃に遊んだ環境と言うのは、その人の将来を通じて大きな影響を与える事がある。 三つ子の魂百までも、ではないが、子供の頃に社交的だった子は大人になっても人の輪に入るのが得意だったり、スポーツ好きだった子は生涯を通じて運動への順応が高い面が多いのであろう。 正にその人が過ごした子供時代というのはその人のその後の人生を形成する側面があり、どういう子供時代を過ごしたかを理解するのは、相手の事を良く知る方
BN Murakami
4

最近の「グダグダ真夜中日記」をまとめてみる

【何かといえば新参ファンを「にわか」呼ばわりする方への提言】 「苦しい時代から支えてきた昔からのファンを大事にしろ」という発言は、結局のところ俺を、私を大事にしろって言っているように読めちゃうんですよねぇ… ベイスターズファンを40年近くやってますけど、そんな奢りは持ったことないかなぁ…自分が勝手に好きになっただけなので。 むしろ新しいファンが増えてくれる方が嬉しいですよ。マナー云々はまた別の話。古
山口 寛之
33

【合格体験記】学年最下位から全国模試で1位になって京都大学に合格した話

「ほら、あれが京都大学だよ。頭のいいお兄ちゃんたちがいっぱいいるんだよ。」 父は僕にそう言って、京都大学を指さしました。 指の先には、「○○を許すな!」「××反対!」「△△を弾劾せよ!!」と書かれた真っ赤な看板がいくつもいくつもありました。 「京都大学には左翼で過激な人もいっぱいいるんだよ。」 当時、まだ小学6年生だった僕には「弾劾」も「左翼」も「過激」も、意味が分かりませんでした。 (なんか、こわ
篠原 好
514

【4話/真っ向勝負】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

無意識・無計画・安定志向 日を改めて、佐藤さんと会うことになった。今の佐藤さんからは到底想像もつかない「無意識・無計画・安定志向」だった、当時の過去を掘り起こすためだった。 私の知る佐藤さんの行動には、とにかく論理が必ず内在する。今回の取材場所も、居酒屋の個室だったが、やはりビールを注文した。実は必ずビールを注文するのも、好き嫌いを超えた理由がある。 「アメリカの留学時代、何も主張できなくて。英語も
西嶋 タクロウ
4

けい子がたどった道3

<中学校時代> 中学1年のクラス編成って、小学校6年の担任が編成してた。うちの学年は全9クラス。40人近い生徒を9クラスに分けるから1クラス4人くらい?どんな思いで編成したのか知らないけど、なんでこいつと?って感じだったと思う。 1年4組> 真面目なクラスだったな。何せ先生が厳しかったから。埼玉の学校なのに群馬から来ていた。。。まあ埼玉に近い群馬だったからね。教科担当は体育。超細い体に長いワンレンの
溝渕 じゅりあ
6

けい子がたどった道3

<中学校時代> 中学1年のクラス編成って、小学校6年の担任が編成してた。うちの学年は全9クラス。40人近い生徒を9クラスに分けるから1クラス4人くらい?どんな思いで編成したのか知らないけど、なんでこいつと?って感じだったと思う。 1年4組> 真面目なクラスだったな。何せ先生が厳しかったから。埼玉の学校なのに群馬から来ていた。。。まあ埼玉に近い群馬だったからね。教科担当は体育。超細い体に長いワンレンの
溝渕 じゅりあ
4

蓮の葉

蓮の葉 それは小学校であった。3年の時に「日光」から引っ越した僕は「宇都宮」のいじめに遭うとは思って無かった。「猿」とあだ名が付いてまさかいじめなんてと思っていたら 「猿!お前ザクレロのプラモデル持っていないか?」聞かれた僕はとっさに 「持っているよ」と嘘をついてしまった。 「じゃあ持って来いよ!持ってこなかったらぶっとばす!」 ブルブル震えていた僕。 ザクレロのプラモデルは後期に出た物で、誰も持っ
ギザギザ 仮面
3

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(17)

涙が止まらない。日本に帰らなきゃ。 「私、なんでこうなってしまったのかわからない」 泣きじゃくるケイシーの隣で煙をふかしながら、アラウィは静かに言いました。 「・・君は、悪くない。でもね、今の君にとって一番いいのは、自分の国に帰るべきなんだと思う」 ダウンタウンの一角、ビルの三階にある薄暗いプレイステーションカフェの中では大きな液晶画面にかじりつきながらサッカーゲームを必死にしている友達の叫び声が聞
Cathy Kei
7

不惑を越えてなぜか相撲に魅せられた【其の三】

一昔前、相撲が空前のブームになったとも言えるのが若乃花・貴乃花の台頭による「若貴フィーバー」。今となってはフィーバーという言葉自体死語に近いものとなってしまいましたが。 それまで相撲のすの字も興味がなかった老若男女が二人の土俵に注目した時代です。父親は元大関貴ノ花、伯父は元横綱の初代若乃花。 歌舞伎の世界ではありませんが、いわゆる相撲一家という環境下で育った二人。当時のテレビ局は二人が幼い頃の映像な
山口 寛之
66

どん底の貧乏でも、勉強したい.....

どん底からの大学受験 https://www.youtube.com/watch?v=iu9875E9m-Y   動画版はこちら ■さえない小中学時代 「中国地方って中国の領土ですよね?」  これは中学生のとき社会の先生に質問したことだ。先生は答えた。 「そんなわけあるか!ふざけんな」  こっちは本気で質問しているのにもかかわらず、なぜ怒られたのかわからなかった。  生まれつきぜんそくを患い、小学生
佐藤 圭
192

僕の実家

僕こと村上豊彦の実家は所沢にあります。正直退屈な場所で早く出て行きたいと思っていました。街も電車も人も当時は地元で見る物が全部中途半端に感じていました。中学の時に地元の友人と「都内に早く出て行きたい!こんな中途半端な街から出て行きたい」とよく話していました。勿論僕もそう思っていました。「都内は華やかで、面白くて、毎日が楽しい、街を歩けば芸能人に出会い、住む場所はキレイなマンションにお洒落な家具」と自
村上 豊彦
8

勇者(ヒーロー)にあこがれて 第1章 第1節

 たたかいってなに? たたかうことは乱暴なことだと思っていた。 幼稚園に通っていた、小さいころからだ。 でも乱暴だとか思う一方で、「たたかうこと」「たたかうもの」へのあこがれの思いはひそかに自分の中で芽生えてきていたようにも思う。 子どもの頃にあこがれたものといえば、やっぱりウルトラマンとかゴジラ。いわゆる怪獣もの。 ソフトビニールの人形もカゴいっぱいに持っていたし、本とか図鑑みたいなものもいっぱい
須見 太祐
6

不惑を越えてなぜか相撲に魅せられた【其のニ】

「柔能く剛を制す」という古代中国の兵法書に記された言葉。 しかしその言葉には続きがあり「剛能く柔を断つ」と合わせて一つの格言になるとかならないとか。 ただ、相撲の世界では前者の言葉がよく用いられますね。 元々身体が人並み以上に大きな力士達。その大きな力士の中でも小兵と呼ばれる者が、格段に大きな力士を負かす瞬間というのはやはり相撲の醍醐味の一つなのでしょう。 個人的な想いですが「小能く大を制す」と表現
山口 寛之
74

不惑を越えてなぜか相撲に魅せられた【其の一】

歌舞伎、茶道、俳句、盆栽etc 若い頃からこういった伝統的な、あるいは古典的な日本の文化・芸能に魅せられる者も数少なくはないのでしょうが、自身の感覚の中ではどれもピンと来ないものでした。 妻ともよく話をしていたものです。 「年配の方が嗜んでいるものって、我々がその年になった時に果たしてハマるものなのだろうか?」と。 若い世代がそういった文化に対していつまでも関心を示すことがなければ、やがては衰退して
山口 寛之
86

アルコール依存症の母が死をもって私に気づかせてくれたこととは。

母 せめて私が生きてる間に気づいて欲しかったわ。 母が死んだ。 アルコール依存症だった。 アルコール依存症とわかってから 15年間母は酒を飲み続けた 。 アルコール依存症の人が選択できる道は二つ。 酒を断つか、死ぬまで飲み続けるか、だ。 母は死ぬまで飲み続ける生き方を選んだ。 それゆえに私は15年間、悩み、苦しみ続けた。 母は独りで暮らす部屋で脳出血で倒れそのまま息を引き取った。 発見された時の状況
森田 望美
330

北欧料理を食べた感想 (エストニアどうでしょう⑰ )

外国に来たら誰しも気になるのは、その土地の食べ物である。 ここエストニアにも、エストニア人がはるばる来た外国人観光客にオススメする名物料理がある。 その筆頭が ブラッド・ソーセージ(血のソーセージ) だ。 今回はエストニアの料理を食べた 正直な感想 を書いていきたい。 ちなみに僕は日本に居た時は好き嫌いは殆どしない方だったので、「平均的な日本人の味覚」を持っていると思っている。好き嫌いに関係なく、公
加藤 伸弥
95

僕が出会ったITリテラシーが高いエストニア国民/子供から大人までITを使いこなすサイバー国家

人口130万人の小国エストニアは世界でも類を見ないIT立国として近年世界的に有名になってきている。元大相撲でエストニア出身の 把瑠都関の趣味の欄に「コンピューター」と書いてあるほどのIT好きな国 エストニア ここではITの専門家では無い僕が、エストニア滞在中に、IT立国としてのエストニアについて感じたことを書いていきたい。 言わずと知れたSkype発祥の地。 まず世界的に有名なのがSkypeだ。今や
加藤 伸弥
22

【第24話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

大震災が起きてからというもの、ほとんど寝ていない。子供たちを守れるのは自分ひとりだというプレッシャーと責任感、ひっきりなしに続く余震、そして、ここまで来たらどんな困難も乗り越えてやるという意地だけが、僕を突き動かしていた。 こんなところで死んでたまるか、もう少しだ、もう少しの辛抱だと、何度も何度も自分に言い聞かせていた。 子供たちの成長して立派になった姿を、生きてこの目で見るまでは、死ねるはずがない
明日の タケシ
362

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る