「遊び」 に関する検索結果

パニック障害の音楽家/Part-2:小学生の頃(最初の不安症状?)

☆喘息の発作・母親のパニック発作(らしきもの): 今の子供は自意識がはっきりしていそうなので、幼稚園と小学校というのの違いを把握していそうな気がしますが、私の場合、思い出してみるといつの間にか小学生になっていたような感じがします。 ただ小学校に上がるにあたって、ちょっとしたトピックスがありました。それは雑誌のモデルになった事でした。本は「主婦の友」で、同社に知り合いがいた関係での出演となったようです
安西 史孝
3

パニック障害の音楽家/Part-1:生まれてから〜幼稚園の頃

私が生まれたのは1958年(昭和33年)11月16日。東京タワーが完成した年でもあり、ちょうど戦後、日本の復興が成果を見せ始めた頃だったようです。父親は横浜、母親は芦屋生れで私は生まれも育ちも横浜です。 私の住んでいた東横線の駅周辺には池があって桜の木が繁っており「桃源郷のような場所」と古い文書には記載され、多くの文化人が住みついたとのことです。昔は東京に住んでいる人の避暑地として利用されていたそ
安西 史孝
3

最愛のビッチな妻が死んだ 第9章

交際13日目 3月2日 朝11時ごろ、僕はあげはといってきますのキスをしてウチを出た。 「いってらーー」 「いってきます」 「頑張れ社会人。新婚ごっこを楽しんでいるよ」 「いつも、ありがと」 「好きだよ」 何万回伝えても伝え切れない。 「わー。これからも宜しくお願い致します」 「末長く幸せにし合いましょう」 「はーい」 「あげと一緒なら、どんな状態でも幸せよ」 「あげもよ」 「もちろん、より快適な生
Kitahara Kyousuke
6

最愛のビッチな妻が死んだ 第6章

交際7日目 2月24日 朝11時ごろ、目覚めとともにあげはにLINEを入れる。 「おはよ」 「おはよ。あー、怠い」「よし、今日は酒を抜こう」 外はあいにくの曇り空だったが、僕の顔は晴れやかだった。 「あげも一念発起して帰ろう。帰って綺麗な服に着替えて好きな人に逢いに行く」 「待ってる」 あげはは家で一緒に住んでいるニャンコたちの心配をしていた。元来「犬派」だった僕も今後、1日会えないだけでも充電が切
Kitahara Kyousuke
17

鬱で歩行すら困難だった失業者が「進撃の巨人」に感化され1人起業した話

こんにちは! 天空を目指し突き抜けるかのようにそびえ立つ巨大な大阪名物 「あべのハルカス」 が見える場所に住んでいる SYU1 といいます。 現在私は時間や場所にとらわれずパソコン一台で自由に稼ぎ大好きな音楽を趣味でやりながら ノマドロッカー というスタイルで生活しているのですが、 今日は私がそんな生活に至ったきっかけを映画風にまとめながらお伝えしていきたいと思います。 これは会社勤めをしていたごく
Syu 修
4

ぼくが起業した本当の理由

小さい頃からのイイ子ちゃん症候群 ぼくは今でも、 人にいい顔をしてしまう悪い癖があります。 初対面の人に対して 自分がそれは違うんじゃないか と思ったとしても 場の空気を読んで「YESマン」になるってこと。 今思うと、この究極的に 人の目を気にしすぎる性格が 起業という選択の道へと 進むきっかけになったのかもしれません。 成績がよくないのにリーダーへの道を歩むことに 小学4年生になると、 児童会への
佐藤 勝一
25

社会的価値のない、僕が幸せな理由

毎日不安・・・ 僕は毎日を過ごす中で、 不安と戦い、不安を消し去ろう・・・ と、ずっとずっと戦ってきた。 でも、消しても消しても、 自分の捉え方を変えても 考え方を変えても、 それでも不安は出てき続けた。 何でだろう。 僕は一生不安と一緒に過ごすのか・・・? これはそんな不安のドツボにハマった僕が 不安が消えた時に気づいた 普遍的な原理原則のお話です。 =================== ノート
橘 敬太
6

ドブネズミが90日で社長になった物語【第1章】

”常識”から逃げ続けた人生。 序章は→ こちら 子供の頃から優秀とは言えない子供だった。 小さい頃から怒られるまで遊んで、怒られても勉強はしない。 ただ押し付けられる勉強が大っ嫌いだった。 「勉強しなきゃ将来がやばい」そう自覚したのが中学校3年生の時。 気が付くには遅すぎた。 ほとんどの生徒が必死に勉強する中、何も考えずに遊んでいた。 そのせいか周りから浮いていて、しょっちゅう白い目で見られた。 一
黒田 拓也
13

今はどこで何をしているかわからないK君のこと

K君は僕のいっこ上の幼馴染で、小学校の頃は近くの神社とかで時々一緒に遊びました。 K君はいがぐり頭で目がくりくりしていて「ひょうきん者」でおもしろいにーちゃんでした。ケイドロ遊びをしていて、小さい子を追いかける時なんかは、わざとおどけてゆっくり走ったりするようなやさしい子でした。 そんなK君の消息を訪ねる連絡が地元からありました。もうずいぶん前から誰からも連絡が取れない状況のようで、今年行われる小学
Matsui Takahiro
1

僕は社会人に出て無能だと気づいた

僕は社会人に出て無能だと気づいた 1991年、僕は生まれた。 いわゆるゆとりと言われる世代だ。 しかし、家庭はゆとりにあふれたものではなかった。 機能不全家族 今思えばこれだったのだろうと考えられる。 親が毎日喧嘩ばかりしているため小学生時代は外に 遊びに行き、家にあまり寄り付かなかった。 中学生になり、あまり外に出る機会が少なくなると 僕は親の顔色を窺うようになっていた。 兄がおり、そのことで母親
もとき ごう
4

第2話 初出社

2008年3月1日 スティーブジョブズが遠くアメリカの地で再発明した新しくスマートな電話は、まだ日本では発売されておらず、二つ折りの携帯電話が相も変わらずパカパカと街の雑音を彩っていた。 東京都内では、1か月前の大雪が嘘のように晴れ渡り、気温はすでに20℃を突破し、季節外れの陽気に公園の陽だまりには、朝から猫の親子が昼寝をし、その鼻先を身軽な雀がピョンピョンと飛び跳ねて行く。 そんな穏やかな雰囲気と
田中 修治
100

40才からの成り上がり 第2話

「上京」 19才になった僕は故郷を捨て、彼女を連れて、横浜の地下鉄弘明寺駅のホームに降り立った 滴り落ちる汗を拭いながら、僕らはこれから始まる新生活を想像していた 給料がよくて住み込みで働けるところ 求人雑誌を買ってきては、仕事の内容もろくに見ないで、片っ端から電話をかけて履歴書を送った 仲間とつるんで悪さばかりしていた僕は、なんとなく時間ばかりが過ぎて、このまま小さくまとまってしまうことが怖くて、
佐藤 龍星
29

俺のしくじり恋愛 エピソード6

バンちゃんのしくじり恋愛実話⑥ 社会人になってからは、就職氷河期という時代だった為、旅行の専門学校に通って、国内旅行の主任者資格(国内旅行の代理店をもてる添乗員の国家資格)を取得し、旅行会社に就職しようと思い、何社も回ったが入社する事は出来なかった。 今思えば、ここで就職していたら、今の自分はいなかったかと思うのどが。。 社会人は、フリーターとして、様々なバイトをやっていた。そこで出会う女性との恋愛
坂東 洋彰
1

街のダニからグローバルエリートへ ~グレて高校中退。警察官から「街のダニ」と罵られたチンピラがオックスフォード大学院に入るまで~

高校中退、日雇い派遣、路上スカウト、キャバクラの黒服、ホスト等を経て荒れた生活を送るも、一念発起し、渡米。 アメリカ西海岸の名門カリフォルニア大学を卒業し、グローバルコンサルティングファームで経営コンサルタントとして働き、Times世界大学ランキング1位のイギリスの名門オックスフォード大学の経営大学院でMBA(経営管理学修士)課程に入学。 人生の中で様々な「知」に触れ、成長していく軌跡。 私の人生の
竹田 譲
94

「普通」の定義がわからない

平成生まれの20代の女性です。 昔から可愛いと言ってくれる人はいました。 何度も「僕全くもてないんですよね」という人や実際周囲から馬鹿にされている人には 必ずといっていい程告白されてきました。 ただこちらから好きになった人は必ず言うのです。 「もう関わり合わないで下さい。さようなら」と。 私は母親にとにかく「他人を騙すな」と言われて育ちました。 整形や染髪やカラコンをすると勘当すると言われています。
Aoto Mayu
5

好きな事に気付く為に、無駄にした10年と1,000万円

これを読んでいるあなたは、 どんな人でしょうか? 20代でしょうか? 30代でしょうか? 既に結婚はされていますか?
 好きな事を仕事にしていますか? 好きな事に気付く為に、 無駄にした10年と1,000万円。
 
私は、20歳の頃に 起業に憧れた時から約10年間、 ずっと自分の好きな事を 探してきました。 
 その間で約1,000万は 使ったと思います。 
 自己啓発セミナー、情報商材、 MLM、
橘 敬太
11

口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑩ 無茶な約束編

季節もいつしか冬を迎え、 新しい年を迎えた。 さりげなく成人式も終わった。 成人式は、Yが自分の為に買ったと言っていたが、 ほとんど私に 「付けてていいよ」 と言ってくれていた、ロレックスのデイトジャストのボーイズサイズを付けて出席した。 フェイスサイズが小さくて女性っぽいのと、 シルバーとゴールドのコンビで少しおっさん臭かったのが恥ずかしかったのを覚えている・・・。 それからも、 色々なお客さんと
健二 井出
8

河川事故が増えている要因の一つは国の河川政策の失敗

今年も夏休み期間に河川事故で亡くなったとのニュースが相次いでいる。昔も河川事故で亡くなる人はいたが、これほど頻繁ではなかった様に思う。 事故が増えた理由の一つは日本の河川がそこへ人々が遊びに来ることを前提とせずに整備されていることがある。 子供の頃の河川も大雨が降れば堤防を越えて水が氾濫して田畑や道が浸水すると言うことが起きていた。 この頃は未だ多くの堤防は土のままで河川の周りには広い河原が広がって
Tachibana Toshiyuki
4

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る