STORYS.JP

内藤 正風

いけばなの流派「光風流」の家元です。
「いけばな」って聞くと、難しい・・・とか、厳しい・・・とかって連想される方も有りますが、お花を生けるって実はとっても自由で楽しいものなのです。
もっともっと、皆さんに気軽にお花を楽しんで頂きたいと思っています。

ストーリーをリクエストする

内藤 正風の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

青峰 隆
1496
2

青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(行動から見えた光道)

8月末大富豪に出会い行動する大切さを学んだ事で 行動に移そうとし始めました。 → 前回の話 夏が終わり涼しくなり始めた9月。 青い財布に変えてから1ヶ月経った位の話。 「行動する事が大切」 と思っても、行動しなかった人が行動するには 心理的なハードルがある。 失敗恐怖症だった僕はなおさらだ。 でも、 「変わる為に行動しなくてはいけない」 ので、一つの作戦を立てた。 それは 人と行動するという約束をす
平城 寿
531
27

@SOHO創業者が語る、『順風満帆の人生を送っていると思われている私が、実は結構”失敗”と”挫折”を経験してきた話』

私の人生は、実は苦難の連続でした。 こんにちは、私は『@SOHO』という、 ビジネスマッチングサイトを創業し、運営してきました。 一応、このジャンルのWebサイトとしては日本国内No.1の会員数となっています。 私はこれまで『華々しい経歴を歩んできた』 と思われることが多かったのですが、 実はそれは誤解で、 私も様々な失敗と挫折を経験しながら、 今に至っています。 最近では起業を目指す方にアドバイス
平城 寿
465
14

就職嫌いのITエンジニアが、2度目の独立で成功できた理由とは?

今回は、私が2度目の独立で一定の成功を収めることができた理由について書いています。独立を迷っている方に読んで頂きたいですね。 それでは、スタートです! ーーーーーーーーーーーーーー 私は今までに2度、独立している。 一度目は23歳の時。 二度目は29歳の時。 一度目の独立においては、さほど大きな成功は得られなかったが、 二度目の独立においては、自分で予想もしていなかったほど、 爆発的な成功を得ること
平城 寿
391
15

貧乏時代

大人になっていくにつれて、 実は自分の家が『貧乏』であったことを徐々に感じるようになった。 私は宮崎県の生まれだったが、一応一戸建ての持ち家に住んでおり、 クラスの中にはいわゆる『公団住宅』に住んでいる人もいたため、 さすがに医者の家庭とまでは行かなくても、クラスの平均以上の家庭だと思っていた。 しかし、よくよく分析してみると、 ・色鉛筆は手で握れなくなるまで使っている ・靴下に穴が空いたら、糸で縫
青峰 隆
575
30

20年の月日を経て明かされた出生の秘密。他界した母親が僕に望んだこと。

僕は生みの母親の顔の記憶は無い。どんな人なのかも知らなかった。 ただ、ずっと疑問に思っていた。 なぜ、僕が生まれて来てすぐに亡くなったのか。 僕はなぜ生まれてきたのか。 「♪♪♪〜♪♪♪♪〜」 ジョージ・ウィンストンのLonging / Loveが鳴り響く。 父親が弾くピアノはいつもこの曲だ。 30年経った今も曲目は変わらないから 僕が生まれる前からずっと弾いているに違いない。 だからこの曲を聞くと

書きかけのストーリー

内藤 正風さんの書きかけのストーリーはありません

内藤 正風さんにもっと聞きたい話リクエストする

|