STORYS.JP

Goto Seiji

Goto Seijiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Goto Seijiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

宇野 成人
147
4

中型2輪免許を取った2日後に、何故か鈴鹿サーキットを走らされチビリそうになった話

車好き、バイク好きなら、誰でも一度は憧れるサーキット。 一度でも走ったことがある人なら、 初めて走った時の、アドレナリンが体内で噴出する音が聞こえる興奮と、 辺り一面から湧き出る、オイルとタイヤの焼ける芳しい匂いは、 一生忘れることはないでしょう。 信号も、対向車も、ノロノロ前を走る車も、 何も邪魔が入らない、誰にも邪魔されない、 日常を凌駕するスピードで走る者だけが許される、漆黒のアスファルト。
Fujiwara Ai
9665
33

まだ一回も婦人科検診を受けたことがない20代女性がいたら是非読んで欲しい、卵巣手術した時のお話。

だってこわいもん。 2012年3月末、当時25歳の私は初めて産婦人科へ検診に行きました。 周りの友人が急に子宮頸がんとか言いだして、検診行った?とか聞かれて 答えがノーだと凄い勢いで受けなさいよと言われていた、 のに なかなか行けずにいました。みんなも怖いよね? 正直未知の世界が怖かったし 病院好きじゃないし(好きな人いないか) 私はきっと大丈夫だろうと自負していました。 そんな私が行こうと奮起し
大貫 恵
101221
13

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

こんにちは、おおぬきです。前編を読んでいただいたみなさん、ありがとうございます。そしてここからは、なにも言わなくなった旦那と過ごす、私と家族の最後の3日間です。いま思い出しても涙が出てくるけど、頑張って書くので、最後までおつきあいよろしくお願いします。 旦那を一般病棟(個室)へ移してもらったのが、2月14日のお昼過ぎ。人工呼吸器を装着し、太ももの付け根から血圧を維持する薬を入れるためにカテーテルを挿
大貫 恵
124671
16

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

暗い話ですいません。 最初に謝っておきます。 暗い話です。嫌な話です。 ですが死は誰にでも訪れ、それはどのタイミングでやってくるのかわかりません。 これは私の主人が脳出血を発症し、急逝した時の「私の行動と心情をまとめた話」です。 命に関わる病気をいきなり発症する確率は誰にでもあると思います。 もし身近な人にそれが起こったとき…この話が少しでも役に立てば…。 まずは、私の旦那がなぜ死ぬことになったのか

書きかけのストーリー

Goto Seijiさんの書きかけのストーリーはありません

Goto Seijiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|