STORYS.JP

児玉 征子

只今…人生更新する為にお勉強中です。

ストーリーをリクエストする

児玉 征子の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kurosawa Yuko
624
16

お寺で育った幼少期、異国での日々、3.11での被災、ライターで食いつないだ東京でのじり貧生活...こわがりだった私の半生の中で、唯一ゆずれなかったもの

黒澤優子。 子供のころの夢は、作家になること。 それは、自分のイメージとして、ずっとあったこと。 だけど、どうやって作品を書いていいのか、 どうやって作家になったらいいのか、 まるでわからなかった。 ◇ 見ためもふつう、勉強もふつう、運動もふつう、 平凡を絵に描いたような子供だった私の、 唯一の特徴といえば“こわがり”だということだった。 そんな私が生まれそだった場所はお寺。 母の実家もお寺で、寺
タナカ ミノル
661
2

1億円持ってるレベル99のニート(トレードと愛人と◯◯のコツは、みな同じでした。)【前編1】

ニートは社会に何も価値を生んでいないのか? (※注:筆者は27歳まで高卒ニート) とくに飛び抜けた容姿があるわけでもない どこにでもいるような ある女性が、 15歳の時に、ボーイフレンドから ジュース代の100円を出してもらいました。 「おごってやるよ(えっへん)」 「ありがとう(ハート)」 相手の気を引くために、おごってやる。 相手に気に入ってもらって、おごってもらう。 誰にでも思い当たるような経
Masato Miki
243
6

首長族の村に泊まり、タイの山奥で一緒に農作業をした話

  俺が望んでいたのはこれだったのか? 子どものころ、テレビの番組で、首長族のことを見たことがあります。 「ふわぁ、この世の中には、こんな不思議な人たちがいるんだ」 と感動したものの、まさか自分がいつの日かそこに行けるなんて、夢にも思っていませんでした。 ところが、東南アジア旅行の計画をたてていた時、首長族の村には比較的簡単に行けるということをガイドブックで知りました。 あこがれだった首長族の村に手
室田 泰文
592
10

『0点なんて最高じゃん!』何でも遊びにすることで、高3の半年で偏差値が31から75まで上がってしまった話 ~顔が輝かないようでは実力は発揮できないよ~

「勉強する暇はありません」 高校時代、自分はバドミントン部に所属していた。丁度数年後にオリンピックの正式種目にもなるという噂もあり、自分はそれに出るぞ!とトレーニングをしていた。 自分は 熱中するとそればかりやる傾向があり、授業中も筋トレをしていたりと朝から晩までトレーニングばかり 、、、 そんな自分は当然、成績はよろしくなかった。 心配してくれた担任の先生は個人面談を開いてくれた。 先生 「このま
徳田 優華
94

時給1,000円の内職を創った女性社会起業家の話を聞いて刺激を受けた話

沖縄に社会起業家が居たなんて!!! まず、沖縄県には「社会起業家」という生き物が存在しないと思っていました。 そんな失礼な事をぼやーっと考え、つまらない日々を送っていたのですが。。。 なんと!!! ひょんな事から出会ってしまったのです。 ある調査のインタビューを受ける事になった僕。 内心は「また研究者かぁ。。。」くらいに思っていました。 (あ、以前は快くインタビュー受けてましたが最近は疲れているだけ
Kuribara Kao
245
8

成功とお金は同義語ではない ~ 千円の価値は心の中に ~

   小さい頃、バブル時代を体験した。  それは日本中が狂瀾した時代だったと思う。  私はその頃はまだ小学生だったがはっきりと 「金持ちは貧乏人より偉い」 という感覚を持っていた。  なぜならば(私の住んでいた地域だけかもしれないが) イジメでまず先導を取るのは必ず「裕福な家の子」であった からだ。彼らの親御さんはいわゆる「株」でもうけた人たちだった。話によると給料より株の配当の方が高かったからみん
古新 舜
99
2

(まとめ)いじめとひきこもりから映画監督に

18歳までは人生はつまらない、苦しい物だと思っていた自分にとって、 インターネットの世界は生きるって楽しいと思わせてくれる世界でした。 その世界で感じたことを3つに分けて お話してみたいと思います。 その1:話を聴いてくれる仲間ができた 自分は小さい頃から特徴的な視点で物事を見ていたため、 学校ではいつもいじめられっ子 でした。 幼稚園の頃からテレビが大好きで、その反面、木や海をただ眺めるのも大好き
Kuribara Kao
641
20

若年性脳梗塞になってみた  その8(終) ~ 小さくなったって末広がれば大きな幸せ ~

 一晩たってみると親に言われた言葉を真に受けた自分が恥ずかしくなってきました(笑)  第一今の自分の家族は誰でもない、夫です。両親や姉は夫の次の人。  そんな人の言葉に惑わされ、自分が生きる価値があるかどうかなんて考えるなんて恥ずかしいたりゃありゃしない!(笑)  第一それを決めるのは自分自身なのにね。  まあそれが血族ゆえの想いというか呪いというか・・・難しい心であることに違いはありませんでしょう
寳槻 泰伸
3223
107

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
Kuribara Kao
2648

若年性脳梗塞になってみた その7 ~ 病院愛憎劇場終幕 大事なことは検査でもわからないけど側にある ~

 前回の両親からの言葉がショックで、しばらくはこのことは夫にも話せませんでした。  なんで話せなかったのでしょうかね?やはり『いくらなんでも信じてもらえないかもしれない』という気持ちと『あれは夢だったのだ』という親に対しての最後の信頼があったからかもしれません。  そもそも 彼らはあの言葉には悪意は全くない のです。もし、私が死んだり、何もできなくなった場合の話でむしろそれが 善意の気持ち だったの

書きかけのストーリー

児玉 征子さんの書きかけのストーリーはありません

児玉 征子さんにもっと聞きたい話リクエストする

|