STORYS.JP

酒井 真吾

人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

酒井 真吾の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

進撃 の外人
524
5

壊れたゲーム機 X リサイクル = 年商3億円の事業ができた話

○いきなり質問! 再来月に引っ越しのため、部屋の掃除しているあなた!  こんなボロボロで仕えないゲーム機を発見した場合、どうしますか? A. ゴミとして捨てます。 B. どっかに売ります。 C.私はゲーム機に興味なし!こんな汚いものを触れません! . . . . . . . . <Aを選んだあなた> それはちょっともったいない事をしたかもしれません。 千円札をトレイに流された事と同じです。 <Bを選
寺澤 浩一
911
3

パズドラで急成長するガンホーの孫泰蔵会長が、東大受験に2回失敗した時に、兄・孫正義ソフトバンク会長から教わったこと。

だいぶ昔の話になりますが、1990年代終わり頃の数年間、僕はある大手証券会社のベンチャー企業支援事業のお手伝いをしていたことがあります。具体的には、全国の中堅・中小企業の経営者や起業家向けに月刊情報誌を編集・制作する仕事でした。その中で、当時注目され始めていたベンチャー起業家に毎月1人ずつお会いし、インタビュー記事を書いていました。 ガンホーの孫泰蔵会長(当時はインディゴ代表取締役)にお会いしたのも
寺澤 浩一
204

17年前に語られていた楽天の成長プランと競争戦略。三木谷会長インタビュー。(その2)

楽天・三木谷会長のインタビュー記事、 その1 に続いて2回目をご紹介します。 2 回目のインタビューは、 1 回目から 7 ヵ月後の 1998 年 3 月に行われました。その間、「楽天市場」の出店者数は急速に増えていきました。当時は「インターネットで買い物するわけがないよ」という否定的な見解を語る人も多かったのですが、その間隙をついて事業を順調に伸ばしていったのです。   しかし三木谷さんは、まった
寺澤 浩一
946
5

17年前にタイムトリップ。社員7名だった楽天の三木谷会長は当時、何を語っていたのか。(その1)

1990年代終わり頃に書いたベンチャー経営者へのインタビュー記事、 ガンホーの孫泰蔵会長 に続いて、もうお一人ご紹介します。楽天の三木谷会長です。 三木谷会長へのインタビューは、1997年7月と1998年3月の2回にわたって行われました。今から17〜18年前のことです。三木谷さんが楽天の前身である(株)エム・ディー・エムを設立したのが1997年2月ですから、その数ヵ月後のことになります。当時の社員は
荒木 賢二郎
3093
19

10万円払って、堀江貴文さんとお寿司を食べるTERIYAKIイベントに参加した話

グルメアプリTERIYAKI主催イベントの話になります  iPhoneアプリ   Androidアプリ みなさんは堀江貴文さんをご存知でしょうか? 以前はホリエモンと呼ばれ、ITバブルの寵児としてヒルズ族の象徴だったあの堀江貴文さんのことです。近鉄バッファーローズ買収提案からのプロ野球参入争い(結局楽天が参入)、広島6区での衆議院議員選挙出馬、ニッポン放送株買い集めからのフジテレビとの提携。 …から
Kuribara Kao
407
11

許すことをやめて認めることを頑張ることにした

 私はかなり小さい頃から両親が好きじゃない・・・というか憎んでいる部分が心の中にある。   これを言うと大概は「生んでもらって育ててもらったのに恩知らず」とか「もっとひどい親だっているじゃない」と言われることは重々承知している。  でも心の中を覗くと憎しみと怒りと悲しみがある。殴られたこと、蹴られたこと、暴言・・・ 自分の心の根幹を揺るがすほどのことがたくさんあった。トラウマも沢山できた。 同時に「

書きかけのストーリー

酒井 真吾さんの書きかけのストーリーはありません

酒井 真吾さんにもっと聞きたい話リクエストする

|