STORYS.JP

新城 健一

タイムキラーなサービスの構築ではなく、子供たちがワクワクした未来を考えられるような世界にするためのサービスを作りたい。

食、健康、知育、地域活性など、拡張する自己投資市場における魅力的なユーザー体験の構築をお手伝いします。

X2Cサービスプロデューサーとして、「今、存在していない、明日のライフスタイルを描くこと」を通じて、サービスを構築するお手伝いをします。

「X2C」の「X」は未知数として、代替可能を意味します。「B2C」「C2C」「B2B2C」「O2C(Organization2C)」など。「C」は、もちろんConsumer。「X」の規模や案件の大小に関わらず、最適なチームを編成し、サービス構築をプロデュースします。

ストーリーをリクエストする