STORYS.JP

笹原 慎介

笹原 慎介の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

笹原 慎介の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

こにし じゅんや
368

大学を辞め毎月300時間パチンコ屋に入り浸っていた男のサクセスストーリー?

三上 優貴
416
9

大切な人を失った女の10年+αの話

今から十数年前。 3年と少し付き合ってる彼が隣にいる。 『彼』がそばにいること。 それはすでに当たり前になっていて、その当たり前がどんなに幸せかまだ若かったわたしにはわからなかった。 失うことなんて考えもしなかったし、この日常がずっと続くものだと思ってた。 お互い久しぶりの休日で、彼が趣味としているサーフィンをするために海へ向かってる途中。 移動が嫌いなわたしは機嫌が悪い。 わたし 『もっと近い海で
岩元 貴史
25

最強の鬼嫁の話〜実践編〜

需要があるかは別として。 俺が鬼嫁と知り合い子供が生まれるまでを書いた前回。 この時はまだ幸せな家庭の雰囲気に満ち溢れていたのだが… 鬼も 「能ある鬼は爪隠す」 らしいので 今回は実際にくらった鬼嫁からの仕打ちを書いていこうと思う。 1.レッドブル地獄 鬼嫁とレッドブルの出会いは育児の疲れからであった。 当時日本で発売されて間もないレッドブル。新しい物好き、特に若者のアンテナに引っかかりそうなアイテ
taro kotori
1217
46

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

前回のお話では、私の生い立ちについて簡単に触れました。 その後、両親だけでなく、私の人生も上手くいかなくなっていました。 大学進学のために、家を出たものの、3年のときに、中退してしまいました。 外側の言い訳は、 「父親がリストラされたから家計の負担を減らすため。あと、このまま大学に残っても別に得るものもないだろうし。」 というような、かっこつけた理由を付けていました。 しかし、ホントのところの中退の
taro kotori
6339
16

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」前編

私 【追記】 このストーリーは、私の良い部分だけではなく、ダメダメな過去についても触れています。 なので、ダメダメ人間が嫌いだという人は、不愉快な思いをしてしまうかもしれませんので、読まない方が良いかもしれません。 (このストーリーを公開後、私のダメダメな過去について「お前はダメだ」というコメントを頂いたことがあり、もう過ぎてしまった過去をどうすることもできず、かと言って、ストーリーに嘘を書くわけに
円山 嚆矢
1023
12

【リメーク紙書籍化決定】『早稲田出ててもバカはバカ』試し読み(商品無料サンプル)

2014年8月に投稿し反響を頂きました拙著が2015年4月に電子書籍されamazon(kindle)のノンフィクション部門で2位を獲得することができました。 お陰様でその後複数の出版社からオファーを頂きこの度、2015年9月30日に「ぴあ」さんより紙書籍として出版する運びとなりました。 電子書籍の内容は大幅に書き直したリメーク版となります。 少しでも多くの方に読んで頂きたく、こちらにサンプルをUPさ
Su Net
49

Snet 悪徳競馬予想会社体験談 月20万の情報の真実

この体験談は真実です。 ※今回の体験談の予想会社は現在は存在しません。 社会人1年目、仕事内容も覚えてきて時間と気持ちに余裕が出てきた頃。 通勤で利用していた電車で一冊の本を拾った。※週刊誌(大衆誌) 通勤時間は約1時間。 拾った週刊誌は隅から隅まで読めてしまう程の時間がある。 そこでとあるページが目に留まった。 今改めて読めば、ページの下に小さく「PR」と書いてあることに気付いただろう。 しかし社
大和 マリア
785

初めてのSEXが義理の祖父で幼少から性的虐待を受けるも大好きだった祖父。しかし祖父が死んでも尚私を苦しめた話。

家族旅行で家族皆で泊まったホテルで義理の祖父と初体験をする。 私が小学4年生の頃、祖父が家族旅行を計画した。 義理の祖父・義理の祖母・父・母・姉・妹 楽しい旅行を夢に見たが、この旅行が地獄の旅行になった。 大部屋の一部屋で眠っていると、 隣を陣取った祖父がこっそりと私を起こす。 『まりあ・・寂しかったろ』 そして、まだ幼児体型の私の体中をなぞる様に触り 祖父のいち物を触らせるのである。 いつもの事だ
い のりこ
447
6

うつ病と戦いながら仕事と看病を続けていた忘れたくても忘れられないあの日のこと

       それは桜の蕾がほころびはじめた三月、転勤の辞令がおりた時のことだった。 私を心配してくれている人達からのメールが届いた。 「異動先にB子さんいるよ。私が知っているだけでも、彼女と働いてうつ病で休職した人が一人、退職した人が一人いるから、気をつけて。何かあったらすぐ連絡してきてね。」 またA子さんについては、一緒に働いたことがある人の体験談を集めて、匿名にして転送してきてくれる人まであら
嶋津 桂子
598
12

新品のスポンジが泥水を吸ったらしい。―純粋だった少女が恋愛と酒とセックスで変わっていくお話3―

前回の続き。 婚約破棄を四回経験したときのはなし (の一回目)。 ******* 「ひとりでバーに来る女は狙い目」という都市伝説は、おそらく本当である。 バーはもちろん、お酒を飲む場所であるが、実は酒以外に、もうひとり主役がいる。「バーテンダー」だ。 居酒屋のような機械的な接客ではなく、プロのバーテンダーの、「その客」に合った臨機応変な対応……つまり、「気遣い」や「心遣い」のある接客は、商品と言って

書きかけのストーリー

笹原 慎介さんの書きかけのストーリーはありません

笹原 慎介さんにもっと聞きたい話リクエストする

|