STORYS.JP

Suzuki Shintaro

Suzuki Shintaroの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Suzuki Shintaroの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

平松 育子
296
10

偏差値30台から、4年浪人して獣医学科に入学した話 最終回 まとめと覚えるこつ

覚えるこつ 必ず覚えたものは忘れます。これは必然の法則です。忘れるから繰り返すのです。 エビングハウスの忘却曲線です。これは全員に当てはまります。特別な人はこの世にはいなくて大なり小なりこの曲線に従って何かを覚えます。忘れるから繰り返すのです。 物覚えが悪いのは頭が悪いからではなく、繰り返さないからです。 何回も繰り返さないことは、脳が不必要なことと認識して寝ている間に抹消してしまいます。何回も繰り
溝部 拓郎
1870
42

ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話

爆速で成長していた、ベンチャー企業ピクシブ 面接の時の話はこちら=> ピクシブに入るときの話 そんな訳で、ピクシブでアルバイトとして働くこととなった私は、初出勤の日を迎えた。 (↑ピクシブのユニークなオフィス) ほぼ何も分からず始まった開発 プログラミングスキルはほぼ無く、やることも決まっていなかった私は、早速開発の統括をしていたCTOの青木さんからの指示を仰いだ。 私 青木さん、何をすれば良いです
Chang Daniel
331
16

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話(起業編)

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it_15.html (これは 台湾編 の続きです) 「日本社会大学社会科」というトリックによって、学歴重視の台湾就職市場でもサバイバル出来た僕は、順調にしょっちゅう出張が出来る仕事についた。日本市場の開拓という職務だったため、出張先は日本のみだったが、それでも良かった。何
Saito Hirono
466
5

8年前、「会社名もやることも決まってませんがインターン募集」に応募したら、その会社が上場した話vol.1

上場までの物語を世に出すこと、それが私の夢でした ブログやSNS、当時はmixiが一般層への認知が広がり出し始めていた2005年の秋頃、東京のビットバレーの片隅に拠点を構えたとあるITベンチャーが産声を上げた。「個性が輝く!」を合言葉に、着々と個性派揃いで憎めない人たちが集まり始めた。そのチームは、創業から8年強の月日を経て、紆余曲折ありながらも日本のソーシャルメディアマーケティングを担う会社へと

書きかけのストーリー

Suzuki Shintaroさんの書きかけのストーリーはありません

Suzuki Shintaroさんにもっと聞きたい話リクエストする

|