STORYS.JP

池内 詩織

心理や精神や潜在意識や脳や世界や宇宙や音楽(ライブ)やオシャレや執事や猫やアニメが大好きです。

ストーリーをリクエストする

池内 詩織の人生のストーリー

オーディションで弾き語りを披露したが、落選した17の夏に決意したこと

ギターを始める、ちょっと前の話 高校2年の夏、退学届けを出した。 だが、それは1行でまとめられるほど簡単な話ではないのだ。 同じく高校を中退した母にとっては、それは過酷な選択だったらしく、 私が学校へ行きたくないと言っても、簡単にはいかなかった。 口下手な私は行動でしか意志を表現できなくて、 「高校へはもう行かない」ということを示すため、家出を繰り返した。 そもそも、なぜ高校をやめようと思ったのか?

その決意が思ったよりラジオに取り上げられ、困惑

YUI LOCKS!からの逆電 まず始めに、YUI LOCKS!というコーナーから電話がきた。 そこでは、歌手の”YUI”がつとめるSCHOOL OF LOCK!内のコーナーなのだ。 ストリートをするにあたって、色々なアドバイスをいただいた。 天神のどこでやったらいいのか 必要なもの 心構え そして、私の決意も話した。 「いつかオリジナルができるまでは、YUIさんの曲でストリートします。」 ありがと

ギター1本でストリートライブを始めた、18の冬

2008年02月03日20時 ブログで知り合ったイラストレーターさんに、名刺を作ってもらい ブログで知り合った大学受験生が福岡へ試験受けにくるということで この日にストリートライブを始めました。 ほぼ勢いです。 そうでないと、私は動かないんだと思います。 ストリートします。と宣言したものの、精神的には不可能だと思いました。 実際、不可能だと思います。 でも、宣言したことで、私の未来は変わったんだと。

その1年後、逃げるように東京へ行ったが…

東京 たまたま、ブログで知り合った友人(女性)が、東京で一人暮らしを始めるので、一緒に住まないか、という話はしてました。12月くらいです。 でもそのときはまだ、環境は悪化してなかったので、まだ先の話だろうと思ってました。 2、3月に、家を見に行ったりして、4月くらいには住み始めました。 その友人は、夢も職の経験や免許も持っており、確実に夢への1歩を歩んでいました。 私はというと、なんの宛てもなく、簡

誰にも言えない秘密の仕事を始めた19の秋

風俗という仕事 私は、それから毎月の家賃が払えなくなり、途方に暮れていました。 精神的に逃避癖があるのか、私は友人(元カレ)の家によく行ってました。 仕事もせず、ただ友人と遊ぶ日々。 不安をかきけすように、色々な夢を語り合いました。 それでもやっぱり、家賃からは逃れられず、払ってほしいと連絡がありました。 それから東京へ戻り、私は偶然ネットで目にしたのが、この仕事でした。 詳しく説明すると、制服の

自分が場面緘黙症だと分かったのは20

インターネット 私は、それからなんとなく、インターネットを見ていました。 友人が自分は精神病かもしれない、と言っていたので、それがなんなのか、探っていました。 そしたら、そこで見つけたのが「場面緘黙症」というものです。 私はこれを見て、私の症状と全く同じだったので、友人に報告すると、そうだ、これだよ正に、といった反応が返ってきたので、確信しました。 しかし、病院で診察しても、重度の社会不安障害と言わ

もう1度、やるしかなかった21の春

震災のとき、ちょうど面接の準備をしていました。 3月11日のお昼過ぎ、私は準備をしていました。 やはり、家賃も払えず、毎日を暮らすのに罪悪感が半端なかったからです。 正直、待ち合わせの時間に起きてしまい、メールで、これから準備します、すみません!と送って準備をしていた最中… すごく激しい揺れがあり、モノが倒れないように押さえていました。 そして時間がなかったので急いで準備しているとTVからすごい映像

自分がどこかへ消えていると気付いた、22の秋

彼氏にただ合わせるだけの日々 休みは週に1、2日で、結構ハードそうでした。 居酒屋なので、夕方出て、朝方返ってくる周期です。 私は相変わらず全く働いていなかったので、稼ぎは彼のみでした。 そのため、彼の言うことは絶対だし、きつく言われると断れずにいました。 やりたかったことも、止められ、仕事は強制しませんが、家にいる時は大人しく、という鉄則でした。 だって、実際私は全然稼いでないし、偉いのは彼の方で

今までの自分は間違っていたと気付いた、23の春

今までずっと正しいと思っていた。 今まで、私はずっと、自分が我慢すれば、みんな幸せになれる、と信じていた。 私さえなにもしなければ、私さえいなければ、きっとみんな幸せなんだろうな。 でも、あるとき知ったのです。 私がいないと、世界が成り立たない場所もある。 私が幸せにならないと、幸せが成立しない人がいる。 言葉では表現しずらいのですが、すべてこの世にあるものは必要だから存在しているのです。 喜怒哀楽

読んでよかったストーリー

書きかけのストーリー

池内 詩織さんの書きかけのストーリーはありません

池内 詩織さんにもっと聞きたい話リクエストする

|