STORYS.JP

Otani Shiori

Hi♪

I thought how I want to touch with a variety of values for facebook.

I working to High school teacher(commercial high school).
My hobby is reading Books, Cooking, Driving, Harb, Chorus and playing the Violin.

Thank you very much.


こんにちは♪
facebookでは様々な価値観の方と触れ合ってみたいなぁと思い、はじめてみました。
お仕事は高校の先生(商業)やっています。
趣味は読書、料理、ドライブ、ハーブ、合唱、たまにバイオリン等です。
よろしくお願いします。

ストーリーをリクエストする

Otani Shioriの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大西 明美
2014
1

バリバリ働いて結婚する女と結婚しない女のちがい

年齢に関わらず、年収500万円以上で正社員の女性を私の結婚相談所では「バリキャリ」と定義している。「バリキャリ」も短縮形で、本当はバリバリ働くキャリアウーマンという意味である。 バリキャリ女性が入会するとき、私が思うというか、おそらくどこの結婚相談所でも思うことが3つある。  一つは「男だったらよかったのに」ということ。今の世の中、年収500万円もあれば、文句をいう女性はほとんどいない。  女性は頭
Yamaguchi Taka
202
5

心をなくさないために生きていくために一歩外を見る余裕を持つ

STORYS.JPとの出会いは突然に  私と「STORYS.JP」を結びつけたのは一冊の本である。宝槻 泰伸さんの「強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話(徳間書店)」のおわりにを見てここを訪れた。大学時代でもほとんど本を読まなかった自分が、ここ1年1週間に2~3冊ペースで本を読んでいる。 本との出会いは、将来への考え方を変えてくれることが多い。 どんな人間か? 私自身
Okamoto Satoru
694
7

大切な人を大切にする唯一の法則

自分を愛することができない人に、人を愛することなんてできない。
 自分を大切にできない人に、人を大切にすることなんてできない。 
 何もできない自分を、それでも愛そうと誓ったあの日から、全てが変わった。 
 これは僕が大学四年間をかけて、 自分の「在り方」で生きることの意味 を確信したお話です。
 
 嘘の自分 
 大学1年。
 
 高校での留学経験から、英語が得意で入った大学。
 でも、周りは自分
Nose Hiroyo
1395
36

忘れられない授業の話(1)

概要 小4の時に起こった授業の一場面の話です。 自分が正しいと思ったとき、その自信を保つことの難しさと、重要さ、そして「正しい」事以外に人間はどんなものに動かされるのかという事に気付かされた印象的な場面でした。 小4、国語の授業、定年間近の先生。 忘れもしないその授業は国語の授業でした。 担任の先生は定年間近の女性の先生。 (実際には年齢不詳で、そんなお年とは誰も想像していなかったのですが。) 説明

書きかけのストーリー

Otani Shioriさんの書きかけのストーリーはありません

Otani Shioriさんにもっと聞きたい話リクエストする

|