STORYS.JP

熊谷 聖

Facebook始めてみてよくわからないけどよろしく!

ストーリーをリクエストする

熊谷 聖の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

松本 真奈美
18

世界一周した私が思う、迷った時の決断方法とは

みなさんこんにちは! 世界中に友達を作ることが世界平和の第一歩だと考え世界一周をしたMONAです。 今回は迷った時の決断方法は? というテーマで書かせていただきます! 私は世界一周中、アフリカ大陸には、モロッコ(乗り換えだけ)エジプト、エチオピア、ケニア、タンザニア、ザンジバル島に行きました。 ただ、私当初アフリカには、全く行く気がありませんでした。女で一人でアフリカなんて危険でいっぱいそうだし
田岡 卓
486
8

ただのバイトリーダー、色々あってバイリンガルになる。

 母の自殺により、大好きな母に何もしてあげられなかった自分への嫌悪・後悔を経験し、少しでも多くの人がこれを読んで後悔のない幸せな人生を歩んでほしいと思います。  また、カナダ留学生活の終わり、そして今年に迫る就活を前に、自分自身の過去を振り返るとともに、田岡卓の全てを語った 「自分履歴書」 として赤裸々に綴っていきたいと思います。 <ストーリーについて>  ・なにもやりたいことがなかった自分が、母
Takai Rei
595
18

母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑭ エピローグ 完結編

エピローグ・4(2003年9月12日~20日) とても大切なこと 家を引き払う日、それまで沢山の物や家具があったのがうそのように部屋はがらんとしてた。 とてもシンプルで広かった。 もうここに戻ることはないのかと思いながら、家に対して 「今までお世話になりました。ありがとうございました」 って気持ちになった。 深々とお辞儀をして、玄関から出た。 本当に俺も母もずいぶん世話になった。 本当に今までありが
西條 智之
349

GPA2.3の地方出身大学生を、外資系投資銀行内定まで支えたメール

3年前に出会った地方出身の大学生への就活支援で、Facebookで交わした3200通のメッセージの記録です。 3年前、皇居勤労奉仕のボランティアで、私はU君と出会いました。友人が彼を誘って、ボランティアに参加していました。私は、久しぶりに大学生と出会ったのです。 「近頃の大学生は、勉強しているんだろうなあ・・・」 ふたりとも、難関国立大学の法学部の2年生でした。一浪の末、目指していた東大を諦め、志望
笠井 レオ
3283
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
山口 夏未
179
1

女子大生が世界一周を仕事にする話「【ラオス】ここで、働かせてください!」

 ラオスという国のことは、東南アジアを放浪してみようかな、と地図を広げて初めて名前を知った程度でした。たまたま、ベトナムを北上してタイヘ行こうとした私が通るべき道にその国はあっただけでした。東南アジアの中でも特に貧しい国であるはずのラオスには、どうやら私たち平成生まれが知らない 「たいせつなこと」 がたくさん転がっているようです。今の日本が失ってしまった何かが、ラオスにはまだ残っているような気がしま
Masato Miki
260
6

首長族の村に泊まり、タイの山奥で一緒に農作業をした話

  俺が望んでいたのはこれだったのか? 子どものころ、テレビの番組で、首長族のことを見たことがあります。 「ふわぁ、この世の中には、こんな不思議な人たちがいるんだ」 と感動したものの、まさか自分がいつの日かそこに行けるなんて、夢にも思っていませんでした。 ところが、東南アジア旅行の計画をたてていた時、首長族の村には比較的簡単に行けるということをガイドブックで知りました。 あこがれだった首長族の村に手
武田 龍馬
2561
28

東大生がネトゲで出会った女性と結婚し、「生きる理由」を教わって人生が変わった話

こんにちは! ノマドWEBディレクターの武田といいます。 ロンドン生まれ、ニューヨーク育ち、筑駒(筑波大学附属駒場高校)を卒業、一浪するも東京大学に入学、と社会的に見たら順風満帆に見えますが、 自分のやりたいこと・人生を見失い、ネトゲ(ネットゲーム)にどっぷりハマっていた時期があります。 そのころ、ネトゲのギルドで一緒に幹部をしていた「Yさん」という方にお世話になり、 「生きる理由」とは何か、と言う
長野 亘孝
758
2

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑥

学校を卒業すると働き始めます。多くの場合は 冒険①はこちらから いつも読んでくださってありがとうございます。 今回は就活の視点で卒業の先まで綴っていきたいと思います。 卒業しても、僕仕事ありません。 仮にあなたが自社の人材採用する立場にあるとイメージしてください。 あなたはイベントを通じて、数多くの学生に自社を知ってもらい、多くのエントリーシートを眺め、面接で質問します。そして、人柄や能力などを探り
大貫 恵
11359
133

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。

書きかけのストーリー

熊谷 聖さんの書きかけのストーリーはありません

熊谷 聖さんにもっと聞きたい話リクエストする

|