STORYS.JP

熊坂 翔吾

2011年3月11日の東日本大震災から現在に至るまでの自分の経路を書いています。詳細や写真なども徐々に付け加えます。地元福島に戻り、田舎暮らしをしたいと考えております。

ストーリーをリクエストする

熊坂 翔吾の人生のストーリー

3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その1

2011年3月11日午後2時46分!! その日その時僕は福島県郡山市にある桑野の幸楽苑を出たばかりだった。 この世の終わりともいえるべき地震が2011年3月11日午後2時46分に 起こった。当時僕は21歳になったばかりであった。 近くのゲオから我先にとおびただしい数の人が出てきた。 僕の近くにいた自転車に乗っていた女子中学生らしき2人組が携帯を取り出し 家族だか知人だか分からないが安否をとっていた。

放射能から逃げるため福島の実家を出てから東京に行くまでの過程。

3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その2

滞在先は東京都中央区にある住庄ほてるというところだった。 そこに僕は 2011年6月1日から10月下旬くらい まで滞在させてもらった。 一時期住んでいた部屋は 村上春樹のダンス・ダンス・ダンス という小説に出てくる いるかホテル のような内装だった。 そのホテル?(というか旅館)には都心のど真ん中にありながら非常に立派な 大浴場がついていた。 こちらである。 2011年6月中旬くらいに福島第一原発で

東京から北海道、沖縄、福岡を経由して再度また東京のアパートを借りたまでの話。

3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その3

近くのコンビニ。 そのアパートは東京都荒川区西尾久8丁目にある築40年のアパート。 一見外見はともかく、内装はとてもきれいだった。 一応風呂付で2DKの部屋だった。 お風呂は水しか出ず、追い炊きをしてお風呂に入った。 シャワーは使えない。 夏場はゴキブリが結構出る。 1年に4-5匹くらい 出るのでそいつらと格闘しながら日々過ごしていた。 住んでいたアパートの近くに荒川遊園がありさらに北に進むと河川敷

東京の荒川区から千葉の流山に引っ越した時までの経緯。

3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その4

2013年3月、23歳の頃から千葉県流山市南流山に住んだ。 南流山駅から徒歩5分と好立地で7階のマンションかつエレベーター付きのマンションだ。 僕の部屋は703号室。隣の部屋は病院の待合室専用になっている。 出来るだけ引っ越し費用を抑えるため、手荷物を増やし段ボールだけ ファミリーマートの箱boonを使って送った。 ベットは三万円くらいのものを購入。 マンションから見た景色。 南流山駅から徒歩5分の

千葉の流山から現在に至るまでの経緯。

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関することを書いておく。

2011年3月11日の東日本大震災から現在に至るまで北海道から福岡、沖縄まで回ったし、海外なども上海、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ニューヨーク、テキサス州のダラスを旅した。 使った航空会社はANA、スカイマーク、タイ航空、エアアジア、マレーシア航空、ジェットスター、JAL、アメリカン航空だ。 予約も含めるとユナイテッド航空とscootも含む。 奈良公園。 こちらは同じく奈良の東大寺であ

今後の生活に関すること。

2011年の東日本大震災被災者が生まれ育った粗悪な家庭環境。

僕は2011年の東日本大震災で被災した。同年3月17日に実家を出て以来、当時住んでいた福島の実家は売られ、今現在別の人が住んでいる。 福島県郡山市亀田2-20-21 やはり福島の実家は残すべきだった。 あれがあればairbnbなどで民泊をすることも出来たし、野菜を作ったりして自給自足をすることだって出来た。 地元の工場やディスカウントストアなどでアルバイトをしながらのんびり暮らすことだった。 教育費

僕が生まれ育った家庭環境について読むことが出来ます。

読んでよかったストーリー

熊坂 翔吾
6

2011年の東日本大震災被災者が生まれ育った粗悪な家庭環境。

僕は2011年の東日本大震災で被災した。同年3月17日に実家を出て以来、当時住んでいた福島の実家は売られ、今現在別の人が住んでいる。 福島県郡山市亀田2-20-21 やはり福島の実家は残すべきだった。 あれがあればairbnbなどで民泊をすることも出来たし、野菜を作ったりして自給自足をすることだって出来た。 地元の工場やディスカウントストアなどでアルバイトをしながらのんびり暮らすことだった。 教育費
熊坂 翔吾
17
1

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関することを書いておく。

2011年3月11日の東日本大震災から現在に至るまで北海道から福岡、沖縄まで回ったし、海外なども上海、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ニューヨーク、テキサス州のダラスを旅した。 使った航空会社はANA、スカイマーク、タイ航空、エアアジア、マレーシア航空、ジェットスター、JAL、アメリカン航空だ。 予約も含めるとユナイテッド航空とscootも含む。 奈良公園。 こちらは同じく奈良の東大寺であ
熊坂 翔吾
23

3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その4

2013年3月、23歳の頃から千葉県流山市南流山に住んだ。 南流山駅から徒歩5分と好立地で7階のマンションかつエレベーター付きのマンションだ。 僕の部屋は703号室。隣の部屋は病院の待合室専用になっている。 出来るだけ引っ越し費用を抑えるため、手荷物を増やし段ボールだけ ファミリーマートの箱boonを使って送った。 ベットは三万円くらいのものを購入。 マンションから見た景色。 南流山駅から徒歩5分の
熊坂 翔吾
23

3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その3

近くのコンビニ。 そのアパートは東京都荒川区西尾久8丁目にある築40年のアパート。 一見外見はともかく、内装はとてもきれいだった。 一応風呂付で2DKの部屋だった。 お風呂は水しか出ず、追い炊きをしてお風呂に入った。 シャワーは使えない。 夏場はゴキブリが結構出る。 1年に4-5匹くらい 出るのでそいつらと格闘しながら日々過ごしていた。 住んでいたアパートの近くに荒川遊園がありさらに北に進むと河川敷
熊坂 翔吾
43
1

3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その1

2011年3月11日午後2時46分!! その日その時僕は福島県郡山市にある桑野の幸楽苑を出たばかりだった。 この世の終わりともいえるべき地震が2011年3月11日午後2時46分に 起こった。当時僕は21歳になったばかりであった。 近くのゲオから我先にとおびただしい数の人が出てきた。 僕の近くにいた自転車に乗っていた女子中学生らしき2人組が携帯を取り出し 家族だか知人だか分からないが安否をとっていた。
熊坂 翔吾
29

3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その2

滞在先は東京都中央区にある住庄ほてるというところだった。 そこに僕は 2011年6月1日から10月下旬くらい まで滞在させてもらった。 一時期住んでいた部屋は 村上春樹のダンス・ダンス・ダンス という小説に出てくる いるかホテル のような内装だった。 そのホテル?(というか旅館)には都心のど真ん中にありながら非常に立派な 大浴場がついていた。 こちらである。 2011年6月中旬くらいに福島第一原発で

書きかけのストーリー

熊坂 翔吾さんにもっと聞きたい話リクエストする

|